かには種類によって値段がどれ位違う!?美味しい食べ方もチェック!

かに,種類,値段,美味しい食べ方 鍋のシーズンになると、
スーパーなどでもよく見かけるようになるのが、
冬の味覚である「かに」。

でも、お値段もそれなりにするかにですから、
普段からよく食べるなんてことは、
一般庶民の食卓事情ではありえません。

それでも食べたいのが、冬のかに。

ここぞという冬の贅沢を、思いっきり楽しむためには、
「かにの値段」の適正価格や、美味しい食べ方を
しっかり知っておくべき!

そう!
今回のテーマは、ズバリ「かに」です!



スポンサーリンク

かにの種類を知っておこう

美味しいかにを食べるには、まずは、かにの種類を知っておきましょう。

●タラバガニ タラバガニは、北海道以北日本海およびオホーツク海などでよく水揚げされるかにです。

このタラバガニの名前の由来は、タラバガニが良くとれる地域と深く関係しています。

タラバガニが良くとれる場所というのは、日本海、オホーツク海、
ベーリング海などを含む北太平洋および、北極海のアラスカ沿岸、
さらには、ガラパゴス諸島、チリ、アルゼンチン付近といわれています。

実はこうした地域は、「鱈」が良くとれる地域でもあります。

そのため、「鱈がいる場所=タラ場」から、この地域でとれるかにのことを
「タラバガニ」というようになったといわれています。


●ズワイガニ ズワイガニは、漢字で書くと「楚蟹」となります。

この「楚」は、一般的には「いばら」と読むのですが、
その昔は、「すわえ」とも呼んでいました。

もともと蟹は鮮度が落ちるのが早く、一般的には酢で和えて食べていました。

この「酢和え」が、「ずあえ→ずわい」というように訛ったのが、
楚蟹の由来という説もあります。


●毛ガニ 水深30~200mの海底の泥などに紛れ込むようにして生息している毛ガニは、
周りの風景に紛れ込むようにするために、殻の表面に毛を付けるように
なったといわれています。

ちなみに、毛蟹は、エビ目カニ下目クリガニ科に分類されている蟹で、
別名は「大栗蟹」とも言います。

かに,種類,値段,美味しい食べ方
●花咲ガニ 花咲ガニは、北海道東南部に位置する根室半島近海で多くとれるかにです。

かつて根室半島は、「花咲半島」とも呼ばれており、そのことから、
「花咲ガニ」と呼ばれるようになったといわれています。

また、花咲ガニといえば、茹でて食べるのが美味しい蟹です。

大きな鍋に入れると、体中が真っ赤に色づき、まるで花が咲いたように見えることからも
「花咲ガニ」と呼ばれるようになったとも言われています。


●アブラガニ タラバガニと間違われることも多いアブラガニ。
それもそのはずで、アブラガニは、十脚目タラバガニ科の蟹なのです。

アブラガニが良くとれる北海道網走では、「アオガニ」とも呼ばれているアブラガニは、
体全体が青みを帯びているのも特徴です。

アブラガニという名前の由来は、「体の表面が油を塗ったような光沢があるから」とか、
美味とされる蟹味噌が「脂っこい」という理由があるといわれています。


スポンサーリンク


かにの値段は種類によって違う

蟹の値段は、種類によっても異なります。

●タラバガニの値段の相場 タラバガニの場合の値段の相場は、次のようになっています。(1㎏当たりの相場価格)

★スーパーで購入する場合 5,000~8,000円

★通販で購入する場合 3,000~6,000円


●ズワイガニの値段の相場 ズワイガニの場合の値段の相場は、次のようになっています。(1㎏当たりの相場価格)

★スーパーで購入する場合 4,000~7,000円

★通販で購入する場合 3,000~5,000円


●毛ガニの値段の相場 毛ガニの場合の値段の相場は、次のようになっています。(1㎏当たりの相場価格)

★スーパーで購入する場合 6,000~8,000円

★通販で購入する場合 4,000~7,000円


●花咲ガニの値段の相場 花咲ガニは、一般的に手に入るものではないため、
値段はズワイガニやタラバガニなどと比べると少し高めです。


●アブラガニの値段の相場 アブラガニは、タラバガニとよく似ているのですが、脚の数が2本少なかったり、
味が若干タラバガニと比べて劣るなどがあります。

そのこともあって、店頭販売価格はタラバガニと比べるとかなり安いのが特徴です。

一般的には、卸値で判断すると、タラバガニの3分の2前後といわれています。


かにの美味しい食べ方

蟹が手に入ったなら、美味しい食べ方でいただいてしまいましょう♪

かに,種類,値段,美味しい食べ方
●茹でガニ ボイルした商品を再加熱する方法もありますが、
最もおいしい茹でガニを食べるなら、活ガニを自宅で茹でて食べるのが一番!

茹でたてであれば、ほくほくとした食感が楽しめますし、
最もうま味成分を楽しみたいのなら、茹でた後、
半日時間を空けてから食べるのがおすすめです。


●焼きガニ 茹でガニとはまた違う味わいが楽しめるのが、焼きガニです。
焼きガニを美味しく食べるポイントは、「半生程度で焼く」ということ!

こうすることによって、焼き過ぎを防ぎ、蟹の風味そのものを
楽しむことが出来るようになります。


●蒸しガニ 蟹は、蒸すことによって蟹の旨味をそのまま封印し、
凝縮した蟹そのものの味を楽しむことが出来ます。

自宅に蒸し器やせいろがあるのであれば、ぜひとも試してみたい食べ方です。


●他にも様々なレシピが楽しめる蟹 蟹は、「茹でる・焼く・蒸す」以外にも、様々な食べ方があります。

かつては酢の物として食べるのが一般的でしたし、
いくらと一緒に海鮮丼、贅沢に蟹クリームコロッケにしたリ、
カニの甲羅グラタンにするのもおすすめです。


まとめ

蟹は、種類や調理法によっても楽しみ方が違います。

蟹のシーズンになると、手ごろな値段で
スーパーや通販で手に入るようになりますから、
ぜひお値段をチェックしながら、冬の味覚を楽しんでみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す

*