五月雨式の意味って?ビジネスシーンやメールでの使い方は!?

五月雨式,五月雨式 意味,五月雨式 ビジネス,五月雨式 メール,五月雨式 使い方,五月雨式 ビジネス メール,五月雨式 メール 意味,五月雨式 メール 使い方 ビジネスシーンなどで目にする「五月雨式ですみません」という表現。

なんとなく使ってしまっているかもしれませんが、この文章で使われている「五月雨式」の意味をきちんと知っていないと、余計な誤解を受ける原因となってしまうかもしれません。

五月雨式の正しい意味を理解して、ビジネスシーンやメールなどでスマートな使い方ができるよう解説していきます。




スポンサーリンク

五月雨式の意味は?

五月雨式は、「さみだれしき」といいます。

「五月雨式」は途中、幾度か中断をはさみながら、ダラダラと長引いて続くことを表す言葉として使われています。

五月雨式の「五月雨」は、どのような意味を持って使われるようになったのでしょうか?

なぜ五月雨が用いられるようになったかと言うと、五月雨は旧暦の五月頃にダラダラと降ったりやんだりする雨、今で言う「梅雨」を表現する言葉として用いられていたようです。

このダラダラと降ったりやんだりする雨「五月雨」「式」を付けると、「人が行う行動」と言う意味になります。

ですから、「五月雨式」は、中断をはさみながらダラダラと長引いて続く事を、丁寧な表現としてビジネスシーンで使われるようになりました。

例えば、納品であれば一度にすべて納品できず、数回にわけて納品するような場合、「五月雨式ですみません」というように使います。

メールであれば、状況の変化に応じて数通にわたりメールでやり取りした時などは、最後のメールで「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめくくるように使います。

会議などでは、意見や提案がうまくまとまらず平行線になってしまい、長引くことってありますよね。

そのような時に「会議が五月雨式になってしまった」と言うような使い方をします。

関連記事 ・五月雨の意味や語源って!?五月雨ですみませんってどう言う事!?

五月雨式をビジネスシーンで使う場合は?

五月雨式の意味が分かったところで、今度は、ビジネスシーンで好感度をアップさせるための使い方を見ていきましょう。

●効果的に使える代表的な場面 自分が作成した書類のミスが原因で次から次へと問題が起き、その都度上司に報告しなければならなくなってしまった時などに使います。

●予想される上司の反応 上司からは「いっぺんにまとめて報告しろ」と言われるはずです。

●いざ、「五月雨式」を使ってみる 上司の前に立ち、報告をする前に、「五月雨式に報告してすみません」と言ってみましょう。

実は、こういったシーンで「五月雨式」を使うと、単に「申し訳ございません」と言うよりも、より丁寧で上品な印象を相手に与えることが出来るのです。

「何度もお手間をとらせて申し訳ございません」と意味ですので、女性の場合は、あえて「五月雨式」を使うと堅苦しい印象となってしまうかもしれませんね。

五月雨式は、「断続的に続く状態」を表す言葉でもあります。

ですから、こんなシーンでも使うことが出来ます。

●効果的に使える代表的な場面 一括で大量に注文を受けたものの、品薄状態が続いていて、小分けでないと納品することが出来ない時などにおすすめです。

●予想される相手の反応 お客様としては、一括で納品してもらった方が手間もかからず、効率的ですですよね。

ですから、一括で納品できないと伝えたとしても、「あれだけ大量に注文したんだから、一括で納品してよ」と強く要求される可能性があります。

●いざ、「五月雨式」を使ってみる 一括で納品できないことをストレートに伝えても、お客様の怒りのレベルは上がるだけです。

ですから、ここで「五月雨式の納品ですみません」といってみましょう。

この表現は、言葉としては短いですが、意味としては「一度にまとめて納品できず(お手間をかけさせてしまって)申し訳ありません」となります。

ですから、相手の怒りを少しでも押さえつつ、どういった納品方法になるのかということも端的に伝えることが出来るのです。

スポンサーリンク

五月雨式をメールで使う場合は!?

五月雨式の使い方や意味に関しては、おおむね理解して頂けましたでしょうか?

上記でも、メールでの五月雨式の使い方を少しご紹介しましたが、ここでもう少し詳しく解説したいと思います。

例としては、自分だけの判断で処理することが出来ないような場合、上司や会社の判断をあおがないといけない時ってありますよね。

そのような場合、えてして何度も連絡を取らなければならなくなりませんか?

このような場合でも、最後の連絡に「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめれば、「何度もお手間を取らせてしまい申し訳ありません」と言うよりスマートですよね。

取引先への納品が一度にできないような場合でも、「完成したものから五月雨式にはなってしまいますが納品させて頂きます」と連絡をしておけば、相手方にも誠意が伝わるメールになりますよね。

まとめ

五月雨式は、基本的に謝罪をする時に使われる言葉ですが、ビジネスシーンでは謝罪の仕方もビジネスマンとしての評価を受ける対象となりますよね。

ちょっとした気遣いではありますが、より丁寧で上品な日本語の表現を使える事で、相手の印象も大きく変わってきます。

知っていて損のない表現の一つですから、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

*