保育園育ちの子供と幼稚園育ちの子供ってどんな違いがあるの!?

保育園,幼稚園,保育園育ち,幼稚園育ち,保育園育ち 幼稚園育ち,保育園育ち 幼稚園育ち 違い あなたの子どもは幼稚園育ちですか?

保育園育ちですか?

幼稚園も保育園も、どちらも子どもの集団生活を学べる場ですよね。

しかし、幼稚園は実は教育機関。

小学校などと同じ文部科学省が管轄しています。

一方保育園は養育をする施設。

厚生労働省が管轄しています。

この2つの似てはいるけど全く違う施設。

卒園していった子どもたちにはどのような違いが出るのでしょうか?

保育園育ち、幼稚園育ちの特徴を踏まえてお話しいたします!


スポンサーリンク

保育園育ちの子供の特徴は!?

ではまず、保育園育ちの子どもの特徴を見ていきましょう。

保育園では子どもの生活基盤を保障します。

お勉強よりも重要視しているのは
・愛着関係
・体力づくり
・人間関係
・生活習慣

などです。

家で普通に行われるようなことを補っていくのが保育です。

保育園では自己肯定感(自分は愛されている。自分はこのままでいいと思うこと)を育てることを大きなテーマにし、子どもの育ちや成長したいと思う意欲を援助します。

保育園の基本方針となっている保育所保育指針によく出てくる言葉として「生きる力」というものがあります。

保育園で身に着けるのは
・自分のことは自分で行う
・困っている人がいたら助け合う

等、生きるため生活するために大事な力を身に着けるのが最終目的です。

幼稚園育ちの子供の特徴は!?

では幼稚園育ちの特徴はどのような感じなのでしょうか?

そもそも幼稚園は学びの場です。

保育園が生活の場なのに対して幼稚園は学びの場です。

なので授業があるというイメージでとらえてください。

お友達と周囲の人の中で自己認識を学び社会性を身に着けたり、みんなで協力して達成する経験を通して自信を付けてく場所です。

幼稚園では保育園の「生きる力」に対して社会性が身につきます。
・友達を受け入れる
・感情の折り合いの付け方を学ぶ
・ルールを守って遊ぶ

など、小学校で本格的に始まる集団生活の準備段階という感じですね。

スポンサーリンク

保育園育ちと幼稚園育ちの大きな違いはコレ!

では保育園育ちと幼稚園育ちの違いを見ていきましょう。

保育園育ちのこどもは
・自分のことは自分でできる(やろうとする)
・いろいろなことを自分で考えてやろうとするので生活スキルが高い
・給食で食育があるので好き嫌いが無くなる
・習い事などに通っていない子が多い
・読み書きがまだできていない状態で小学校に行く子どももいる
・しつけなどが保育園の先生任せになりがち

という特徴があります。

また、集団生活をしっかり行うという目的で保育を受けていないために小学校に行っても立ち歩いてしまったり、自分の好きなことを授業に関係なく行う傾向もあります。

では幼稚園育ちはどうでしょうか? ・きちんと座って話を聞いたり列に並ぶことができる
・親と一緒に過ごす時間も多いためゆったりとした子どもになる
・習い事にも通える
・文字の読み書きやピアニカなどを幼稚園で習う(こともある)
・手を掛けられすぎてしまうときもある
・指示待ちの子どもになる傾向がある

最後に挙げた「指示待ち」というのは特に保育園と幼稚園の違いに顕著だと思います。

私が保育していた子どもたちが小学校に上がったときに小学校の先生と面談する機会がありました。

その時に言われたのが「保育園の子どもたちは自分でやりたいことを見つけて工夫して行います。」ということです。

自由に○○してね、お友達と○人のグループを作って○○について話し合って!などの授業に強いようです。

幼稚園育ちの子どもは「自由に」と言われたとたんにどうしたらいいのだろうと固まってしまうとか。

また、自分たちで考えてグループを作るなども躊躇してしまうようです。

これは幼稚園で先生たちが子どもたちに毎日指示を与えていたからではないかと小学校の先生は言っていました。

保育園育ちがだから優秀なのかというとそういうわけではありません。

(そういうわけではないからこその面談でした・汗)

保育園児はしっかりと座って話を聞くということができないようです。

また、給食の時間などに他の友達が用意をするのを待たずに食べてしまう傾向があったようです。

これは幼稚園育ちだから、保育園育ちだから…と一概には言えません。

その幼稚園、その保育園の教育方針や日々の保育のあり方でじわじわと違いが出てくるものだからです。

しかし、どちらの卒園でもきちんと身につくこともあればまだまだのこともあります。

小学校の先生と連携してフォローしてあげられるといいですよね!

関連記事
保育園と幼稚園!どちらに通ったかで子供の学力に差が出るの!?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

保育園育ち、幼稚園育ちは小学校1年生くらいでよく取りざたされますよね。

保育園育ちだから○○。

幼稚園育ちだから○○。

というものです。

しかしその子ども一人一人の得意や不得意をしっかりと認めてあげてフォローしたり伸ばしたりする援助をしていきたいものですね!

小学校で1年くらい過ごすと「○○育ちだから…」という見方もなくなるくらい、子どもたちが一気に成長しますよ☆

スポンサーリンク

コメントを残す

*