伊勢神宮奉納全国花火大会2018年の日程や見所は?気になる駐車場や穴場などもチェック!

伊勢神宮奉納全国花火大会,伊勢神宮奉納全国花火大会 2018,伊勢神宮奉納全国花火大会 日程,伊勢神宮奉納全国花火大会 駐車場
スポンサーリンク
伊勢神宮というと、三重県伊勢市にある由緒正しい神社。

その創立は、4世紀初頭といいますから、歴史だけでも驚きます。

さて、そんな伊勢神宮ですが、毎年夏になると、多くの観光客が集まる「伊勢神宮奉納全国花火大会」が開催されるということ、ご存知ですか?

そろそろ夏休みの旅行の計画を立て始める時期でもありますし、旅の行先を決める時の参考としても、ぜひ今回の記事をチェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク

2018年の伊勢神宮奉納全国花火大会の日程や見所は?駐車場や穴場などもチェック!

さて、ここまで紹介してきましたから、伊勢神宮奉納全国花火大会のことを知らなかったという人も、今年はぜひ会場で見てみたいという気分になったのでは?

それでは、気になる2018年:伊勢神宮奉納全国花火大会の日程や場所、穴場や気になる駐車場情報について一挙に紹介していきましょう!

●日程 2018年の伊勢神宮奉納全国花火大会は、以下の日程で行われる予定です。

≪開催日時≫
平成30年7月14日(土曜日) 午後7時15分~午後9時(予定)

※大雨・強風・増水等で実施できない場合は、9月8日(土曜日)に延期。

8日(土曜日)も荒天等の場合は、翌9日(日曜日)に延期になります。

●見所 伊勢神宮奉納花火大会では、「打ち上げ花火の部」と「スターマインの部」があります。

それぞれ見所が異なりますので、簡単に説明しておきます。

■打ち上げ花火の部
花火師1人あたり、打ち上げることが出来る玉数が決まっています。

競技では、「10号玉曲導付割物×1」「5号玉創造花火×3」の合計4発で、色彩・配色・技術などを競います。

≪ここが見所≫
創造花火では、形にとらわれない花火が数多く登場します。

そのため、キャラクターものも多く登場し、小さな子どもたちからも大人気です。

■スターマインの部
玉数や時間には制限がありますが、その中で花火師たちがそれぞれ設定したテーマを表現していきます。

審査では打ち上げのリズムも対象となるように、音楽に合わせて自由にテーマを表現していくのが、最近の主流です。

≪ここが見所≫
連続で打ち上げられるスターマインは、音楽との競演が見所の一つ。

ぜひ全体が見られる場所を確保して、しっかりと鑑賞したいものです!


●花火大会当日の駐車場 まだ詳しい情報は発表されていませんが、例年、会場周辺に有料の臨時駐車場が設置されます。

過去のデータからも1台/1回1000円となっているようです。

ただし当日、会場周辺は交通規制がしかれることと、毎年20万人以上の見物客が集まるイベントですので、できるだけ公共交通機関を利用することをおすすめします。

●会場周辺の穴場スポット 混雑を避けてこの花火大会を楽しみたいというのであれば、こんな穴場スポットがあります。

■宇治山田高等学校
祭りならではのにぎやかさはありませんが、混雑を避けながら花火をじっくり鑑賞したいのなら、おすすめの穴場スポットです。

■大仏山公園
周辺には花火を遮る建物がないこともあって、この場所も地元では穴場スポットとして有名です。

しかも駐車場完備ですから、子ども連れファミリーには特におすすめです!

スポンサーリンク

伊勢神宮奉納全国花火大会とはどんな花火大会なの?

全国で行われる花火大会の中でも、「競技花火大会」といわれる花火大会があることをご存知でしょうか?

この競技花火大会といえば、秋田県大曲市の「全国花火競技大会」、茨城県土浦市の「土浦全国花火競技大会」があり、これに三重県伊勢市で開催される「伊勢神宮奉納全国花火大会」を合わせた3つを、「日本三大競技花火大会」と呼んでいます。

そのため、花火師たちの意気込みもさることながら、その質やレベルも相当高いというのが特徴なのです。

そこで知っておきたいのが、競技花火の審査ポイント!

花火というのは、実は、一つ一つがそれぞれ全く違った表現をするもの。

そのため、開き方だけではなく、音、上昇の仕方、消え方など様々です。

こうした一瞬の違いが審査のポイントになるだけに、知っておくと、より伊勢神宮奉納全国花火大会を楽しむことが出来ます。

●花火を審査する時によく使われる用語 花火の良さを表現する時には、実は「座り」「盆」「消え口」という用語を耳にすることがあります。

この3つを知っておくと、「さすが花火のことを良く知っているね~」といわれること、間違いなしです。

●良い花火のポイントとは 花火の良さを表現する時に使われる「座り」「盆」のバランスがよく、しかも「肩の張り」が良いものだと、良い花火と表現されます。

ものすごくザックリというと、「全体のバランスが均等で、勢いよくドカンと打ち上げられた花火」という感じでしょうか?

まとめ

今回の伊勢神宮奉納全国花火大会の情報は、お役に立ちそうでしょうか?

三大競技花火大会というだけに、花火師たちの意気込みと見物する側の期待がぶつかり合う、まさに関西圏随一の花火大会!

「花火を見ずには夏が始まらない!」という人であれば、絶対に満足できる花火大会です♪ぜひ、今年の夏休みの計画の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

*