名刺を交換する時のマナーって?渡し方や受け取り方にもルールがあります。

名刺交換,マナー,ルール
スポンサーリンク
社会人として、名刺交換をする時のマナーは
知っておかないといけない必須スキルですよね。

ここでは、名刺の渡し方や受け取り方に関するルール
についてお話していきたいと思います。






スポンサーリンク

名刺を交換する時のマナーって?

名刺交換では、できるだけ良い印象を与えたいものです。

・マナーとして、名刺には文字を書いたり汚さない、折らないことを注意しましょう。
名刺が汚れていたら、この人信用できるの?と誰だって思いますよね。

・それから、名刺はケースに入れて携帯しましょう。
保管面から見ても必要ですし、名刺交換でも、ケースがある前提の手順もあります。

・名刺を切らさないようにしましょう。
名刺ケースに数枚残っていたと安心して、
予想よりも相手方が多かった場合、自分からは渡せずに、
受け取るだけなんてことになってしまいます。
恥ずかしいですし、上司からの信用はだだ下がりですので気をつけましょう。


名刺を交換する時の渡し方は?

まずは、渡す時のルールから見ていきましょう。
お客様先につくと、名刺交換が始まります。

交換するときは、まず、目下側が先に出すようにします。
もし、同僚や上司に同行するときは、その中で一番立場が上な人から渡します。

相手と自分でテーブルを挟んで渡してはいけません。
テーブルを回り込んで渡しにいきましょう。

まず、名刺ケースを出し胸の高さで固定します。
ケースから名刺を出し、両手で渡すのですが、ポイントがあります。

名刺の向きを相手から見て文字の向きが正しくなるように変え、
指を文字に被らないようにします。そして、両手で差し出します。

同時交換する場合は、ケースから名刺を出し、向きを正したら、
右手で持って相手の左手に渡す形になります。
お互いに対称の動きになりますね。

スポンサーリンク


名刺を交換する時の受け取り方は?

受け取り時にもルールがあります。

黙って受け取るのは印象が悪いので、「頂戴致します」と言い、両手で受け取ります。
同時交換のときは、目上よりも先に受け取らず、自分が先に渡すのが基本です。

難しいポイントですが、もし、相手が先に出してきたら、
「お先に頂いて申し訳ありません」と言ってはいけないというルールもあります。

それから、読みにくい漢字だなと思ってふり仮名をつけるときは、
相手の目の前で書き込んではいません。

相手の名刺を汚す行為になるとされているので気をつけましょう。
相手から差し出されたら、両手で受け取り、頂戴致しますと言います。

受け取ったら相手の名前と会社名、配属を読み上げます。
分からない漢字などはここで、教えてもらえます。

受け取って席に着いたら、名刺ケースに乗せます。
複数交換した場合は、相手の着席順に並べ、名刺ケースに乗せるのは、
相手の中で最も立場が上の人の名刺になります。

綺麗に並べて席に座れば終わりです。

同時交換のときのワンポイントとして、
相手より低い位置で受け取ると謙虚さをあらわすとされているので、
知っていると差をつけることができますね。


まとめ

名刺は会社と自分を表すもの、汚さず、折らずに気をつけましょう
渡すときは向きに注意しましょう。
同時交換のときは右手で渡し、相手より低い位置で受け取ると好印象です。
基本は目下から渡し、目下側が先に受け取ってしまうときは、、
「お先に頂いて申し訳ありません」と言ってはいけないルールです。
座って相手の名刺を名刺ケースに置いて、終わりになります。

あまり名刺交換をしないと忘れがちになってしまいますが
しっかりとポイントを押さえておきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

*