バレンタインに手作りチョコを保育園であげても大丈夫なの!?

バレンタイン,バレンタイン 手作り,バレンタイン 手作り チョコ,バレンタイン 手作り 保育園,バレンタイン 手作り 保育園 大丈夫
スポンサーリンク
日本にはいろんなイベントがありますよね。

その中でもハロウィンと並ぶくらいの市場規模だと言われているのがバレンタインです。

テレビでもお店の売り場でもバレンタインの特集をしていますから、保育園児のような小さな子どもでもバレンタインを意識しますよね。

今回は保育園児のバレンタイン事情について元保育士の立場からお伝えしたいと思います。

手作り?市販?という疑問から渡す場所は保育園でもOKなのかという点についてもお話します☆


スポンサーリンク

バレンタインチョコは手作り!?市販品!?

子ども同士でチョコレートを渡す。

たまにあります。

年中さん以上でよく聞きますね。

この際、手作りがいいのか市販品がいいのかという点が気になる保護者の方もいると思います。

私は市販品をお勧めします。

もちろん、購入するのに金銭が絡んでしまうので躊躇する方もいるでしょう。

しかし、手作り品だと万が一何かが混入していたりお腹を壊したりした場合は大変なことになります。

今後の園生活やそのあとの学校生活にも響きかねません。

私の勤務していた園で手作りのものを配った女の子がいたのですが案の定、異物混入がありました。

髪の毛です。

子どもが作るものですからどんなに気を付けていても混入してしまいますよね。

でも、一部の親がそれを捨ててしまい、それを子どもが女の子本人に「捨ててたよ」と伝えてしまいました。

子ども同士も気まずいし親も気まずいしという最悪の結果でした。

あげるなら市販品で、金額も高くないものがおすすめです。

チロルチョコ等をかわいくラッピングするだけでも子ども同士のことなので満足していましたよ。

バレンタインの贈り物!渡すのは保育園でもOKなの?

ではバレンタインの贈り物を渡すところについてです。

保育園のお友達に渡すので保育園で…と思う保護者の方もいると思います。

保育園で渡す場合でも保育園が預かってほかの子どもに配るということはありません。

食品なので保育園がそこまで責任を負うことができないからです。

というか、そのような責任を負いたくないからです(笑)

では園内で子ども同士でのプレゼント交換はどうでしょうか?

この点については保育園側はノータッチです。

しかしあまり大っぴらに行うのはあまりよくありませんね。

他の保護者も見ていますし、子どもたちも「あの子はもらってるのにどうして自分は?」と思うかもしれません。

クラスや学年が違うから…というのは親の都合であって子どもの都合ではありません。

自分もほしいのに!と駄々をこねてしまう年齢の子どももいます。

保育園内で渡すならこっそりと…をお勧めします。

また子どもが保育園の先生にバレンタインのものをあげたい!というケースもあるでしょう。

これは園によって対応が変わります。

私の勤務していた園でも

・食品でもなんでもOKで貰う
・食品はNG。子どものお手紙などだけOK
・一切の受取は禁止(公立園とかですね)

という対応でした。

ということで、子どもが「先生に…」と言い出した際には園の先生に受取ができるのかを聞いてみるといいと思いますよ。

食品の受取がNGな場合は手作りのバレンタインカードを作るのもイイでしょう。

一切の受取が禁止だという場合は仕方がないけど諦めるのがイイでしょう。

と言っても、「バレンタインに先生にあげたくてクッキーを焼いたよ☆」と写真を携帯で見せてくれた子もいました。

それでも十分うれしかったですよ☆

スポンサーリンク

保育園児でもバレンタインのイベントは盛り上がる!

保育園児でもバレンタインは意識しています。

だってお店に行けばアンパンマンやサンリオキャラクタなど低年齢向けのチョコまで売っていますから。

ということで、保育園児でも充分バレンタインのイベントを楽しめます。

多くの子どもはパパに贈る、おじいちゃんに贈るのではないかなと思いますが、年中さんくらいになると「好きなクラスの男の子に…」なんてパターンも出てきます。

では保育園でもバレンタインのイベントを何かするのでしょうか?

私の勤務していたいくつかの園ではどこでも、やっていませんでした。

・時期的に「豆まき」と「ひな祭り」の間で忙しい(そのあとに卒園式もあるし)。

・性差別を意識させる行事である

という点が保育園でのイベント化しない理由だと思っています。

最近では性差別というより友チョコという形もありますが、「○○ちゃんはもらったのに…」のような無用なトラブルがありそうですよね。

また子どもにチョコレートは与えていないというおうちもあります。

ということで、給食やおやつなどでチョコレートを出すということもしていません。

しかし、おやつ(手作り)の場合は調理師さんたちが頑張って型抜きでハートのクッキーを作ってくれたという園はありました。

全園児分ですから、大変な量だったと思います(汗)

園ではイベントとして行いませんが、子ども同士で行っているケースはたまに見ました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

保育園の小さな子供でもバレンタインはとても楽しいイベントです。

甘いお菓子が絡みますからね(笑)

できる範囲でイベントを経験させてあげられるといいですね☆
スポンサーリンク

コメントを残す

*