キッチンペーパーの収納はこんなアイデアでスッキリお片付け!

キッチンペーパー,収納,アイデア 台所に1つあると、なにかと便利なキッチンペーパー。

たしかに、ティッシュペーパーより頑丈なうえに、
料理の時の水切りだけでなく、レンジ周りの掃除や
布きん替わりなど様々な用途があるため、
みなさんの家庭にも一つは必ずあるのではないでしょうか?

とはいえ、トイレットペーパーや
ティッシュペーパーのように、
なければ困るという存在ではないのが、キッチンペーパー。

そのため、便利なはずなのに収納に困るという、
キッチングッズの中では非常に珍しい存在にあります。

そこで、そんなキッチンペーパーが堂々と台所で存在感を発揮できるような、
驚きのスッキリ収納術をまとめて紹介していきます。


スポンサーリンク

収納場所がナイスなアイデア

まず最初に紹介するのは、「そんなところに収納していたの?」
と思わずうなってしまう、ナイスなキッチンペーパー収納アイデアです。

●引き出しの中に収納 確かに、引き出しの中にキッチンペーパーを収納してしまえば、
スッキリ収納としては最高の出来栄えです。
なにしろ、引き出しを占めてしまえば、その存在ごと隠してしまえます。

とはいえ、台所の引き出しといえば、キッチンペーパーよりも、
もっとこまごまとしたキッチングッズが山ほど保管されています。

ですから、わりと広めのキッチンでなければ、
なかなかこのアイデアは実現しそうにありません。


■突っ張り棒を使うとなんだか便利になります! 引き出し内のわずかなスペースを利用して収納したいのであれば、
突っ張り棒を活用するのがおすすめ!

ようするに、トイレットペーパーを設置するように、
キッチンペーパーの芯に突っ張り棒を通し、引き出しの中に固定すればよいのです。

こうすれば、使うたびにわざわざ取り出す手間が省けますし、
何よりも、その他のスペースをしっかりと確保することが出来るため、
引き出しの中をスッキリと整理することが出来ます。


●吊り戸棚の下に突っ張り棒を使って収納 引き出しの中に納めて収納するよりは目立ちますが、吊り戸棚の下ですから、
全体的な見た目としてはスッキリとしています。


やっぱり王道は“キッチンペーパーホルダー”

いろいろ考えてみましたが、やはり王道は、
「キッチンペーパーホルダー」を使った収納のようです。

ですが、ここがキッチンぺーパー収納術の奥深さにあります。
何しろ、世の中にはものすごい数の「キッチンペーパーホルダー」が存在します。

あくまでも機能のみを追究したものから、百均で購入できるキッチンペーパーホルダー、
中には「どこで使うの?」と思わずうなってしまいたくなるようなデザイン重視の
キッチンホルダーまであります。

そこで、数あるキッチンペーパーホルダーを、特徴ごとに分類してみるとこうなります。


●吸盤式キッチンペーパーホルダー やはり、固定部分が吸盤式となっているものは、タイル面での設置の場合には重宝します。

●吊り下げタイプ こちらも比較的よく見かけるタイプです。
片手で楽に取り出せるという点に特化している点と、シンプルな構造が人気です。

●立てるタイプ キッチンペーパーを立てて収納するタイプです。
非常にシンプルなのですが、置くスペースが必要になるため、台所が狭い場合は不人気です。

●百均グッズ 最近の百均商品は、本当にレベルが高い!
キッチンペーパーホルダーであっても、いくつも種類があり、かなり充実しています。
見た目よりは機能重視という人には、かなりおすすめです。

●デザイン重視タイプ たとえキッチンペーパーであっても、台所を美しくするものでなければ
認められないというコアな人も存在します。
そんな人でも絶対に満足するものが見つかるのが、
キッチンペーパーホルダーの奥の深さです。


スポンサーリンク


いっそのこと、キッチンペーパーの活用範囲を大幅に広げてしまおう!

「あったら便利なキッチングッズ」という立ち位置にいるから、
キッチンペーパーの収納に困るわけです。

ということは、常に使い続けることが出来るほどの位置までキッチンペーパーを
押し上げてしまえば、堂々と台所の中心に鎮座していても問題が無くなります。

そこで、キッチンペーパーの驚くべき活用術を紹介していきましょう。


●コーヒーフィルター 意外と使い切らないまま残っているのが、コーヒーフィルターですよね?

こまめにコーヒーを入れて飲むことが出来る人にとっては、
「何言ってるの?」と怒られるかもしれませんが、
ひと時の贅沢程度でコーヒーを楽しむ人なら、この気持ち、わかるはずです。

でも、わざわざコーヒーフィルター買わなくても、
これからはキッチンペーパーで代用することが出来ます。
特に、エンボスタイプのキッチンペーパーを使うと、味のほうも納得できます。


●アク取りに使う カレーや煮物を作る時にちょっと面倒なのが、食材から出てくる大量のアク。
このアク取りの作業は、丁寧にアクを取り切らなければ
味にも影響が出てしまうだけに、とても面倒な作業です。

そのため、世の中には「アク取り専用グッズ」が販売されているほどなのですが、
これも、キッチンペーパーを使えば簡単にできます。

しかも、吸い取ったアクは、キッチンペーパーごと捨ててしまえば、スッキリ!
ただし、丈夫なキッチンペーパーを使わないと、紙が溶けてしまいます。

●フライの後の油の処理 フライを作った後の油には、パン粉や衣などが大量に沈んでいるため、
きちんとこれらを処理しないと再利用することが出来ません。
とはいえ、油の処理ですから、できれば手を汚したくないのが本音なはずです。

そんな時に油こしとしてキッチンペーパーを使えば、
手を汚すことなく処理が出来て一石二鳥です。


●風呂場のカビ落とし 頑固な風呂場のカビも、キッチンペーパーを使えば簡単に落とすことが出来ます。
何しろ、気になる部分にキッチンペーパーをかぶせ、上からカビ取り剤をスプレーすれば、
頑固なカビの根の部分にまでしっかりと薬剤が塗布されるため、驚くほどきれいに落ちます。


まとめ

最近のキッチンペーパーは、厚みや質感、デザインなどが様々あるため、
「安いから使う」というだけではなくなってきました。

特に、衛生面などが気になる時期は、台所の布きんがカビや雑菌が
繁殖する原因になることもあるため、これらの代用としても定着してきました。

ですが、台所の印象は、その家の雰囲気を左右する大事なところでもあります。

機能を取るか、それともデザインを取るか。

この結論が出るまでは、これからもキッチンペーパーの
収納難民としての日々が続いていくのでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

*