略礼服っていったい何?女性の法事のマナーや着物の場合は?

略礼服,略礼服 女性,略礼服 法事,略礼服 マナー,略礼服 着物 社会人になると、親戚だけでなく、友人や知人、仕事関係の付き合いとして法事に参加するケースも出てきます。

そんなときに気になるのが、服装ですよね?

法事は、冠婚葬祭の一部ではありますが、葬儀とは異なり、参加する法事の内容によっても服装のマナーには違いがあります。

そこで今回は、女性の法事の服装に関する疑問やマナーについて簡単にまとめておきました。





スポンサーリンク

略礼服も喪服の一種です

お悔やみの席に参列する時に身につけるものといえば、喪服と略礼服があります。

年配の方は冠婚葬祭に参列する機会が多くなるため、一着は喪服を準備しているという人も多いのですが、若い人の場合は、着用する機会も限られているため、たとえ葬儀であっても略礼服で参列する人が多いものです。

とはいえ、略礼服も実はれっきとした喪服。

その違いは、参列する式典の種類や立場、故人との関係によって異なるのです。

●最も格の高い正喪服 女性の喪服として最も正式なものが、正喪服です。

正喪服には、和装と洋装がありますが、一般的には和装である着物を着用するのが正喪服です。

洋装の場合は、装飾のないアンサンブルにし、さらに、次のような点に注意が必要です。

略礼服,女性,法事,マナー,着物 ■スカート丈 正喪服のスカート丈は、ひざ下からくるぶしまでの間となっています。

■袖 原則は、肘が見えないものです。

■襟 襟はつまったものを着用します。

■アクセサリー 基本はアクセサリーはつけません。例外として、真珠のみ認められています。

■ストッキング 黒が一般的です。

●準喪服 葬儀から法要まで、幅広く着用できます。

正喪服と比べると、カビにならない程度の装飾であれば認められているため、デザインもさまざまなものがあります。

●略礼服 略喪服とも言います。

色も黒だけではなく、柄のないシンプルな紺・グレーの服であれば、マナー違反ではありません。

ストッキングも、黒または肌色であれば問題ありません。ただし、柄が入っているものはNGです。

スポンサーリンク

法事で着物を着ても大丈夫?

法事で正喪服である着物を着用しても、マナー違反にはなりません。

ただし、「着物を着てもよい立場にあるのか」というところがポイントになります。

●最も格が上なのが紋付の着物 正喪服の中でも、紋付の着物を着用するのは、喪服の中でも最も格上であるということを表しています。

そのため、正喪服の着物を身につけることができるのは、 「喪主」もしくは「親しい親族」に限られます。
ですから、一般の会葬者として参列する場合、正喪服の着物を着用することはできません。

■正喪服として着ることができる着物 黒無地染め抜き五つ紋付きです。関東は黒の羽二重、関西は黒の一越ちりめんが一般的です。

●正喪服として着物を着けてもよいのは一周忌まで 喪主または親しい親族であっても、正喪服として着物を着用することができるのは、一周忌までです。

ですから、それ以降の法事の場合は、喪主または親しい親族も、準喪服を着用するのがマナーです。

●準喪服として着物を着る場合 準喪服として着物を着用することもできます。

この場合は、一般会葬者であっても着用することができます。

■準喪服として着ることができる着物 色無地一つ紋、または、色無地三つ紋付の長着です。

●略喪服として着物を着る場合 略喪服として着物を着用することもできます。

この場合は、寒色系の無地に一つ紋または、色無地・小紋などの長着になります。

●着物を着用するときにしてはいけないこと 正喪服・準喪服・略喪服とも、髪飾りおよび帯留めはつけません。

一般会葬者として法事に参列する場合の女性の服装の注意点

一般会葬者として法事に参列する場合は、「準喪服」または「略喪服」のどちらかになります。

ただし、法事の内容によってこれも異なります。

●一周忌の場合 一周忌の場合、喪主または親しい親族は、正喪服を着用します。

そのため、一般会葬者であっても、一周忌に関しては、準喪服を着用するのがマナーです。

●法事の場合 一周忌を迎えるまでは準喪服がマナーですが、それ以降の法事については、略喪服を着用するのが一般的です。

特に、亡くなってから日数がたつほど、法事そのものも略式としていくことが一般的ですので、内容の趣旨を十分に理解した上で服を選ぶことが大切です。

●三十三回忌は気をつけたほうがよい 弔い上げとして行われる三十三回忌は、故人に対する最後の法要でもありますが、「無事に弔いあげた」ということから、おめでたい席という意味もあります。

そのため、略喪服が正式ではありますが、参列する場合には、事前に服装について家族に確認しておくのがよいでしょう。(特に、三十三回忌の考え方には、地域によって違いがあります。)

まとめ

法事の服装は、故人との付き合いだけでなく、参列する式典の内容によっても、ドレスコードに違いがあります。

一般の場合は、略礼服(略喪服)であれば基本的に問題はありませんので、社会人になったら、一着は準備しておくとよいでしょう。

関連記事
・略礼服って礼服!?今さら聞けない略礼服のマナー徹底解説!
・略礼服って何?男性の知っておきたい略礼服のマナーとは!?

スポンサーリンク

コメントを残す

*