たけのこ狩りに行こう!関東ではどこがいい?行く時期や服装は?

たけのこ狩り 関東,たけのこ狩り 関東 時期,たけのこ狩り 関東 服装
スポンサーリンク
たけのこは春が旬の野菜ですよね!

春野菜といえばたけのこという方も多いと思います。

各地で「たけのこ狩り」もできますが、関東ではどこに行けばよいのでしょうか?

また、いつ頃行くのが良いのでしょうか?

その時の服装は?

ここでは、これらの疑問に一気にお答えしていきます!


スポンサーリンク

たけのこ狩り、関東ではどこに行けば良い?

それではまず、関東でたけのこ狩りをしたい場合、どこへ行けば良いのかをご紹介していきましょう!

関東で最も有名なのは、千葉県の大多喜町です。

この時期、たけのこ狩りをするために多くの人が訪れます。

「平沢たけのこ園」や「山口農園」、「大多喜カエムたけのこ園」、
「市原たけのこ園」などがあります。

最寄りの駅まで送迎してくれるところもあります。

ちなみに、「平沢たけのこ園」は、千葉県の生産量の約3割を占めるほど大きなたけのこ園なのです。

たけのこ狩りができるのは千葉県だけでなく、他にも各地にあります。

埼玉県の所沢市には、「井上農園」や「真々根園」などがあります。

また、メディアにも取り上げられたことがあるのが、神奈川県にある「やまむろ農園」です。

ここのたけのこは、たけのこ博士と呼ばれる方が長年研究を続けてきて、本当においしいたけのこが作れるようになったのです。

たけのこ狩りをするならいつの時期が良い?

次に、たけのこ狩りをするのに良い時期についてみていきましょう。

いうまでもなく、たけのこ狩りといえば春ですね。

一般的には、たけのこ狩りができるのは4月から5月上旬にかけてです。

中には、3月にたけのこ狩りができるところもあります。

これらは、たけのこの種類によって変わってきます。

以下で、種類別に見ていきましょう。

まずは「孟宗竹」と呼ばれるたけのこですが、これは3月下旬から5月上旬と、比較的長い期間とれます。

孟宗竹は美味しいたけのことしてよく知られています。

次に「淡竹」と呼ばれるたけのこで、こちらは4月下旬から5月いっぱいです。

また、「真竹」と呼ばれるたけのこは、5月から6月上旬ぐらいまでとれるたけのこです。

たけのこの中では比較的遅い時期にとれるたけのこといえるでしょう。

スポンサーリンク

たけのこ狩りに行くときの服装は?

最後に、たけのこ狩りに行くときの服装についてみていきます。

たけのこ狩りは当然野外で行うことになります。

竹やぶの中を歩くことも考えられます。

ですので、足元は運動靴を履いていきましょう。

もしくは、へびに遭遇することも考えられるので、頑丈な靴を履いていくと安心です。

また、長袖長ズボンで行くと、何かに引っかかってケガをしてしまうことも防げます。

軍手も持っていくといいと思います。

慣れていないと手にまめができたり、傷を作ってしまうこともあります。

「たけのこ狩りは肉体労働だ」という考えをもっていると良いと思います。

まとめ

たけのこ狩りについてイメージが沸いたでしょうか?

ここでは、関東でたけのこ狩りをするときの場所や時期、服装についてお話ししてきました。

この記事を参考にして、楽しくたけのこ狩りをして、美味しくたけのこを食べてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

*