仙台八木山ベニーランドに子連れで行く前に知っておきたい情報!

仙台八木山ベニーランド 子連れ,仙台八木山ベニーランド 子連れ おすすめ,仙台八木山ベニーランド 入園料,仙台八木山ベニーランド 駐車場,仙台八木山ベニーランド フリーパス 子供を連れて遊びに行くなら、遊園地は外せないですよね!

今回は宮城県にある仙台八木山ベニーランドの入園料や駐車場、フリーパスや乗り物などの基本情報から、子連れで行く時に知っておきたい情報や注意点もご紹介したいと思います。

あと、仙台八木山ベニーランドには宮城県民なら誰でも歌える!?テーマソングがあるんですが知ってます?



スポンサーリンク

八木山ベニーランドの基本情報

では最初に八木山ベニーランドについての基本情報を紹介していきます。

☆場所…仙台市太白区長町越路19-1


☆電車…地下鉄東西線仙台駅より地下鉄で12分。「八木山動物公園駅」の東1出口から歩いて5分
☆バス…仙台駅からバスがあり。9番11番12番から「緑ヶ丘三丁目」「八木山南団地」「長町南・長町営業所」行きに載って「ベニーランド前」で下車。
☆駐車場…600台分あり。有料。普通車は500円。バスは1000円。
☆開園時間…9:00~17:00まで。11月と12月は16:30終了。
☆休園期間…不定期。ホームページで確認!
☆授乳室…あり。サービスセンターにて。
☆おむつ交換…園内女性トイレ4か所に設置
☆ベビーカー…持ち込みOK。貸し出しもあり(10台)
☆フード…園内にお店あり。4か所。予算500円前後。ラーメン屋カレーなど。
☆お弁当…持って行ってOKです。冷暖房完備の休憩施設があります。園内2か所で合計370人ほど収容できます。
という感じです。

休憩所が大きいのがうれしいですよね!

離乳食なども持って行って平気そうです。

残念ながら、レンジは完備していませんが、売店でチンしてくれる可能性もあります。

冷暖房完備ではない休憩施設もあります。

ベビーベッドとキッズコーナーがあるので、気候のいい時期ならそちらの休憩所の方が保護者はゆっくりと食事できるかもです。

キッズコーナーがありがたいですね(笑)

では入場料金についても見ていきたいと思います。

☆入園料(大人)…1000円、(子ども)500円、(シニア)500円。
☆フリーパス…(大人)3700円、(子ども)3200円、(シニア)3200円です。
入場だけして、各乗り物は券売機でチケットを購入して乗るという昔ながらの遊園地ですね。

チケットは1枚100円で販売していますが11枚綴りで1000円のものがおすすめですよ!

子どもでも一つの乗り物に乗るのに200円以上はします。

もしも子どもフリーパス分の元を取るとしたら…。

入場料500円を引いた2700円分のらないといけません。

結構すぐこの金額には達してしまうのではないかと思います(笑)

フリーパスを買っていればなんでも乗れる!と思ったら大間違いなのが難しいところです。
ミステリーハウス(300円) トリッピングカー(200円) マイカート(100円) アーケードゲーム(100円)
等は実費になります。
またゲームコーナーや洋弓(100円)もお金がかかります。

そして注意しないといけない点がもう一つ。

お支払いは現金のみにしか対応していません。
クレジットも電子決済も使えないので現金を用意していかないといけないんですね(汗)

仙台八木山ベニーランドにはどんな乗り物があるの!?

ではベニーランドにはどんな乗り物があるのかも見ていきましょう。

☆スリル系 ・パイラット(ぶんぶんと前後に揺れる海賊船。100㎝~)
・コークスクリュー(1回転するジェットコースター。110㎝~)
・メガダンス(最大5Gもかかる。ぶんぶん振り回さる系。110㎝~)
・八木山サイクロン(ジェットコースター。110㎝~)
・ミステリーハウス(いわゆるお化け屋敷)

☆安心系 ・キッズトレイン東西線(電車の乗り物。6歳未満)
・メリーゴーランド(3歳まで)
・パラトルーパー(ディズニーで言う空飛ぶダンボ。小学生未満)
・コーヒーカップ(3歳まで)
・バルーンレース(いわゆる、空中ブランコの緩い版。5歳まで)
・スカイジェット(アクセルとブレーキで車を運転!園内を見下ろせる。9歳以下)
・ジェットコースター(汽車に乗って出発!3歳~5歳までの緩い版)
・トランポリン(3歳以下)
・ロッキンタグ(小さい子用の海賊船。90㎝~110㎝)
・ゴーカート(3歳以上。130㎝未満)
・観覧車
・フアフア(空気で膨らませてあるトランポリンのようなもの。小学生まで)
・弁慶号(汽車。5歳まで)
・エアロ5(上からつるされる飛行機型の乗り物。90㎝~)
という感じです。

スリル系もしっかりありつつ、小さい子供でも楽しめるものが多いですね!

イイですね!

乗り物が怖いな~という子どもでも汽車やゴーカートなら楽しめます。

あまりたくさん乗れないなら、フリーパスを利用しないという手段もアリですね!

スポンサーリンク

仙台八木山ベニーランドの歌が有名!宮城県民は全員歌える!?

テレビなどで宮城県出身のタレントさんが出るとたまに歌われる「八木山ベニーランド」のテーマソング。

歌詞が有名なんです。

ここでちょっとその歌詞を見ていきましょう☆

1.ぼくが見た夢 憧れた
ここがおとぎの国なんだ ワーイ
なんでもあるんだね
ヤンヤンヤヤー 八木山のベニーランドで
でっかい夢がはずむよ はねるよ ころがるよ

2.子供みたいに パパとママ
かけてはしゃいで よろこんで
ぼうやこんども来ましょうね
ヤンヤンヤヤー 八木山のベニーランドで
あかるい夢がはしるよ まわるよ はじけるよ

3.ベニーランドで 見おろせば
杜の都に青葉城みんな 目の下 足の下
ヤンヤンヤヤー 八木山のベニーランドで
楽しい夢がひらくようたうよ ささやくよ

と、言うものです。

歌っているのは歌手の天地総子(あまち ふさこ)さんという方です。

この歌は楽天イーグルスの応援団の替え歌としての方が有名かもしれませんね!

仙台八木山ベニーランドってイベントもあるの!?

では遊園地としてのベニーランドの紹介はこのくらいにして、イベントエリアとしてのベニーランドについても少し紹介します。

ベニーランドはよく、イベントをしています。
よく見るのは連休などにあるものですね。

プリキュアショーや戦隊ショーなどを頻繁にやっています。

他にも期間限定で

・ブライダル会社とのコラボで写真撮影 ・アニメのコスプレイベント ・大道芸 ・街コン
等がありました。

特にコスプレイベントは有名だそうですね。

園内で写真もOKですし、コスプレをしたまま乗り物も楽しめるということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子どもと遊びに行くにはぴったりの場所ですよね!

うちの一家が行くときは

・お弁当持ち(おやつも) ・ベビーカー持参 ・イベントのないとき(イベントは混むから)
という感じです。

ぜひ、ベニーランドでステキな家族の思い出を作ってみてくださいね☆

スポンサーリンク

コメントを残す

*