転職のための面接は、質問の対策にポイントがある!

転職,面接,質問,対策 いざ転職を決断したら、
次は望み通りの会社に転職するための努力のみ!

ほとんどの場合、面接が重視される転職試験は、
いかに面接の質問に対応できるかが
転職成功のポイントです。

とはいえ、最近の面接は、
ちょっと答えに困ってしまうような
質問もあるのだとか…。

そこで今回は、転職を成功させるために
知っておきたい面接試験の質問について
まとめてみました。





スポンサーリンク


面接試験は、質問に答える前から試験は始まっています

転職の場合、就職試験からずいぶん時間がたってしまったという人も多いはずです。

必死にやっていたはずの就職試験対策も、
月日とともにすっかり忘れてしまっているかもしれません。

もちろん、そのことは転職希望者には誰にでも当てはまることなのですが、
きちんと修正できる人と、無修正のまま試験に臨む人では、
当然ながら結果に違いが出ます。

●見た目は大切 あたりまえですが、きちんとした服装で
面接に挑むということは忘れてはいけません。

間違っても、サンダルや普段着で面接会場に向かうことは
しないようにしましょう。

アルバイトの面接であっても、場合によってはこの段階でアウトです。

●こぎれいな印象を目指す 転職の場合、様々な年齢から合格者を選びます。

ですから、スキルや資格も判断の材料にはなりますが、
見た目がこぎれいな印象の方が、より合格に近づきます。

転職,面接,質問,対策 ●コミュニケーション能力を見られる 年齢が高くなるほど、職場内でのコミュニケーションが
うまく取れそうな人材であることがポイントになります。

せっかく採用しても、職場の雰囲気を壊しかねない人材であれば、
中途採用としてはNGなのです。


面接試験の質問には、こう答えよう!

転職の場合は、社会人経験があるということですから、
社会のルールについてしっかりと理解した人物であるかということも、
評価の対象になります。

●積極的な印象は必要 仕事をする上で、積極的な姿勢で挑むことは必ず必要なことです。

少なくとも、「この会社で一緒に仕事をしたい」
という意欲が感じてもらえるような応対を心がけましょう。

●異業種からの転職はそれなりに準備が必要です 転職となると、前職と全く違う分野の企業へ
就職を希望するということもあるでしょう。

その場合、「給与に魅力がある」だけでは、採用されるはずはありません。

少なくとも、面接する企業が「どのような分野で活躍しているか」
「どういった商品(サービス)を提供しているか」程度は、
簡単に説明できるようにしておく必要があります。

●知ったかぶりは危険です 面接時の年齢が高いほど、知ったかぶりは危険です。

質問に答えられないことに対して適当な答えをすると、
「誠意がない」「学習意欲がない」とみなされ、
不利な結果をもたらす可能性があります。



スポンサーリンク



面接試験の質問には、こんな変な質問もあります

面接試験には、「どうしてこの質問を?」と思ってしまうような
変な質問が出されることがあります。

とはいえ、これもれっきとした面接の試験。

いかなる質問が出てきたとしても、慌てず、冷静に構えておくことがポイントです。

●「〇〇に例えると何ですか?」系 変な質問に多いのが、このタイプの質問です。

基本的には、笑ってその場をごまかすのが一番のようです。

【あなたを動物に例えると何ですか?その理由は?】 「○○に例えると何ですか?」系に目立つ、変な質問の代表格です。

ひとまず、この程度であれば、事前に答えを準備しておくのが無難です。

【あなたを果物に例えると何ですか?その理由は?】 あとから、質問の答えを思い返してみても、
どう答えれば正解なのかがわからない質問の代表格です。

そもそもこの質問自体が、人の性格と果物の共通点を見出すという、珍問答です。

●質問の意図が全くわからない系 冷静に対応しないと、何を質問されたのかさえも分からなくなるような質問です。

【一分間、私を誉め続けてください】 いきなり言われたら、思わず固まってしまいそうな質問ですが、
この程度なら対策が出来ます。

類似質問に、「あなたの長所を10個答えてください」がありますが、
10個答えるとちょうど1分が経過します。

この答えを、質問の答えにそのまま使ってしまっても、基本的には問題ありません。

【100万円あったらどのように使いますか】 「宝くじ当たったらどうする?」という友人との会話のような質問です。

あまり真剣に悩まず、面接官との会話を楽しむ程度で挑むとよいでしょう。

●答え方次第で失敗する系 「このタイミングでその質問?」とか、「あなたがそれを質問する?」というような、
答えに困ってしまう質問もあります。

【待合室にあった絵を説明してください】 何の意図があるのだろうと思うはずですが、
この質問のポイントは、決して慌てないということです。

「面接に集中していたため、記憶にありません」と答えたとしても、
適当に答えるよりはまだましです。

【ゆとり教育に賛成か反対か】 面接官の年齢を見ながら答えないと、なんとなく気まずい雰囲気になります。

持論を展開するよりは、そつなく無難に応えておけば問題ないでしょう。


まとめ

転職の面接試験は、新卒の採用試験面接よりも
難解なものが多いと思った方が良いです。

何しろ、せっかく働いていた仕事を辞めて、新たに職を探すということは、
場合によっては採用してもすぐに辞めてしまうかもしれない
というリスクが、企業側にもあるからです。

でも、言い換えれば、これまでの実績を正当に評価してもらうチャンスでもあります。

このチャンスを生かすためにも、しっかりと対策をして臨みましょうね。




スポンサーリンク

コメントを残す

*