PL花火大会2018年の日程や見所や駐車場は?穴場情報もチェック!

PL花火大会,PL花火大会 2018,PL花火大会 日程,PL花火大会 駐車場,PL花火大会 穴場
スポンサーリンク
毎年8月1日に開催される関西で有名な花火大会といえば、「PL花火大会」があります。

開催当日は、関西地域だけでなく日本全国、いやいや世界各国からこの日のために集まってくるといいます。

そこまでしてでも見てみたい「PL花火大会」とは、一体どんな花火大会なのでしょう?

そこで今回は、PL花火大会の歴史から見所、2018年の開催日程まで、全部まとめて紹介していきます!


スポンサーリンク

PL花火大会2018年の日程や見所は?駐車場や穴場などもチェック!

PL花火大会の2018年の日程や見所、
駐車場や穴場に関する情報まで一挙に紹介していきましょう!

●日程 2018年 8月1日(水) 20:00~20:40(予定)

●場所 光丘カントリークラブ(PL大本庁内)

●見所 見所は、なんといってもそのスケールの大きさにあります。

なにしろ、打ち上げられる花火の数は毎年約2万発以上といわれ、約30万人もの人が集まってきます。

しかも、この花火大会は、PL教団の祭礼ですから、日本だけでなく世界各国にいる教団の信者も、この日のために会場に集まります。

これだけでも、スケールが違うことがわかります。

さらに、この2万発以上もの花火ですが、通常の花火大会であればすべてを打ち上げるためには少なくとも2時間はかかるといわれています。

それを、わずか1時間ですべて打ち上げてしまうのがPL花火大会というわけですから、怒涛の打ち上げラッシュと言えます。

なんとフィナーレでは、約8000発とも言われるスターマインを豪快に打ち上げまくります!

その数のすさまじさに、会場周辺の空は、遠くから見ても真っ赤に燃えているように見えます。

●駐車場 会場周辺一帯は、もちろん厳しい交通規制がしかれます。

付近の道路は車両通行止めとなり、頼りとなる公共バスも、当日は夕方ごろから最終便まで全便運休となります。

さらに最寄りの駅も、場所によっては花火大会終了後から入場制限が実施される駅もあり、信者以外の一般見物人が会場付近まで行って花火を見物するというのは、相当な覚悟が必要です。

こういう場合頼りになるのが、会場近くにある衣料品店や大型店舗なのですが、交通規制の対象となる地域の店では従業員の帰宅を考慮し、閉店時間を切り上げるか、臨時休業することが多いため、これもかなり難しいといえます。

となると、交通規制の対象エリアまたはその周辺にあるコインパーキングしかありません。

ただし、これも、会場となる富田林市だけに限りません。

周辺地域であっても、午後には満車になるケースがよく見られます。

ですから、一つだけ言っておきます!

「どうしても近くで停めたいのなら、午前中に確保すること!」

そして、当日は深夜まで激しい渋滞が起きることも覚悟しておきましょうね!

●穴場といえば… とにかく規模が大きい花火大会ということで、開催場所である富田林市内や近隣市町だけでなく、大阪市内や東大阪市、果ては兵庫県や淡路島、奈良県北部の一部でも条件さえ合えば見ることが出来ます。

基本的にこの花火大会は教団の祭礼にあたるので、打ち上げ会場となる教団施設内には信者以外の立ち入りが出来ないのですが、何しろスケールが大きいのがPL花火大会の大きな特徴ですので、穴場を探そうと思えばどこでも狙うことが出来ます。

ただし、穴場を見つけるには、ちょっとしたコツがあります。

■兵庫県から見物するなら
兵庫県でも、神戸市または阪神間であれば、地上30階前後の高層ビルや高層マンションを探すのがポイントです。

ちなみに、兵庫区や長田区の一部でも見ることが出来ます。

この場合は、地上10階以上の建物であれば、見物することが出来ます。

■烏帽子公園
河内長野市の高台にある公園ですが、PL花火大会の迫力がすごすぎるので、会場から8キロ離れていてもド迫力の花火を楽しむことが出来ます。

富田林市内ではないため、渋滞に巻き込まれにくいという点もおすすめです。

■奈良県でも見れる!
奈良県御所市にある金剛山の山頂からも、実は花火が見れます。

山頂まではロープウェイで移動できるので、行き帰りの渋滞も心配ありません。

もちろん、花火はしっかり見れます。

スポンサーリンク

PL花火大会はどんな花火大会なの?

「教祖祭PL花火芸術」が正式名称であるPL花火大会は、毎年、約25万人もの来場者が集まる関西で有名な花火大会です。

この正式名称の「教祖祭」という部分からなんとなく理解できるとは思いますが、PL花火大会は、れっきとしたPL教団の祭礼です。

PLとは、「パーフェクトリバティー教団」の略であり、この花火大会が行われるようになったきっかけが、教団の初代教祖である御木徳一氏の遺言にあるといいます。

もともとパーフェクトリバティー教団は、宇宙全体を神と考える宗教であり、「人生は芸術である」という考えを持っています。

その初代教祖・御木氏は晩年「自分が死んでもこの教えが世に広まるのであれば、死ぬことは世界平和のためになるから、死んだら嘆いたりせずに花火を打ち上げて祝ってくれ」とよく話していたといいます。

これを遺言として受け取った息子である二代目教祖が、初代教祖の生まれ故郷である愛媛県松山市で行った教祖祭で、1953年に初めて花火を打ち上げました。

これが、PL花火大会の始まりです。

その後、1963年には現在の「PL花火芸術祭」と名称を改め、教団の礎を築いた初代・二代目教祖の遺徳を讃える日として、日本だけでなく全世界にいる信者たちが一堂に集まる大規模な祭礼となっていきました。

1953年から現在に至るまで続いてきた実績と大規模な花火大会ということで、いつの間にか関西で行われる有名な花火大会というイメージが定着してしまっていますが、PL花火大会は、れっきとしたPL教団の祭礼なのです。

まとめ

PL教団の祭礼として始まったPL花火大会ですが、多少の雨であっても、ほぼ確実に開催されます。

記録によれば、台風の豪雨の中打ち上げを実施した年もあるといいます。

ということは、天候のせいで中止になるということはありません!(たぶん…)

さて今年の8月1日は、どんな花火が関西の空に打ちあがるのか、みんなで楽しみにしていましょうね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*