広島みなと夢花火大会2018年の日程や見所は?気になる駐車場や穴場などもチェック!

広島みなと夢花火大会,広島みなと夢花火大会 2018,広島みなと夢花火大会 日程,広島みなと夢花火大会 駐車場,広島みなと夢花火大会 穴場 広島地方に夏の訪れを告げる最大のイベントといえば、広島みなと夢花火大会。

実は、もともとは太田川花火大会が広島みなと祭と統合し2003年から開催されるようになったのが、この花火大会です。

広島港を会場に約1万発もの花火が打ち上げられる「広島みなと夢花火大会」について、今回は紹介していきます!







スポンサーリンク

広島みなと夢花火大会2018年の日程や見所は?駐車場や穴場などもチェック!

それでは、2018年の広島みなと夢花火大会の気になる日程や見所、駐車場や穴場に関する情報まで一挙に紹介していきます!

●開催日時 2018年7月28日(土)
20~21時(予定)

●開催場所 広島港1万トンバース(広島市南区宇品海岸3丁目)

●見所 見所は、有名花火競技大会で何度も受賞を経験している有名な花火工房「煙火工房」が制作した花火を見ることが出来るという点です。

毎年、有名花火職人の渾身の花火を楽しみにする見物客が大勢会場に訪れる為、有料席も準備されていますが、かなりのスピードで予約が埋まってしまいます。

ちなみに、有料席は例年3つのタイプが用意されます。

一番よい席は、「前列桟敷席」で、1組6名までで1万5千円なのですが、400組しかないこともあり、入手するなら早めの予約が必要になります。

最も多くの席が準備されているのが「後列芝生席」の4000組で、2000円で予約することが出来ます。

●穴場 会場内予備周辺は、毎年相当混雑します。

そのため、メイン会場から少し離れた場所が、比較的混雑を避けてみることが出来ます。

そんな穴場スポットを紹介しておきましょう。

■ゆめタウン広島 会場からも近く、しかもショッピングセンターである「ゆめタウン広島」では、屋上駐車場から花火を観覧することが出来ます。

屋台はありませんが、店内で食べ物や飲み物を調達することもできますし、トイレの心配がないという点もおすすめです。

■広島市役所 役所内のごみ処理工場ですが、穴場です。

もちろん、工場は一見するとごみ工場とは思えないほどきれいですから、子連れでも気になりません。

芝生がありますから、ぜひレジャーシート持参でのんびり見学してくださいね!

■グランドプリンスホテル広島 なんと、花火を正面から見ることが出来る超穴場です。

花火大会用宿泊プランも用意されていますから、「混雑には絶対巻き込まれたくない!」という人は、ぜひ検討してみては?

もちろん、ホテル内にはレストランもありますから、宿泊ではなくレストランを利用して花火見物というのも、良いですよ!

■船から花火を見るということも… 広島みなと夢花火大会では、これまで、船で花火を見るツアーが何度も行われてきました。

迫力ある花火を、混雑を気にせず間近に見ることが出来るというだけに、募集されるとすぐに予約が埋まってしまうというほどの人気あります。

過去の実施実績からも人気が高いのが、宇品海運(株)旅行センターが企画するツアー。

今後、ツアー情報を入手しましたら、随時更新していこうと思います♪

スポンサーリンク

広島みなと夢花火大会とはどんな花火大会なの?

広島みなと夢花火大会は、2003年に「広島みなと祭」「太田川花火大会」が統合して開催されるようになった花火大会です。

まずは、広島みなと夢花火大会のもととなっている「太田川花火大会」ですが、実は、毎年8月10日に行われ、40万人もの見物客が訪れる広島県最大級の花火大会でした。

場所も、広島市の太田川放水路の河川敷を利用しており、例年約1万8000発もの花火が打ち上げられ、広島県民であれば、誰もが知っているというほど知名度の高かった花火大会でしたから、統合が決定した当時は、地元からも大会を惜しむ多くの声が聞かれたといいます。

そんな、県下最大級の太田川花火大会に、同じく宇品地区で人気があった「広島みなと祭」が加わり、さらにパワーアップしたのが「広島みなと夢花火大会」ですから、魅力が減少するわけがありません!

2003年からは、毎年7月第4土曜日に行われている広島みなと夢花火大会は、太田川花火大会同様毎年40万人以上が来場する巨大花火イベントです。

打ち上げ場所は、観覧場所からも近い広島港沖ということもあり、迫力は言うまでもありません。

打ち上げられる花火の数は1万発ですが、全国各地から花火職人たちが集まり、趣向を凝らした新作の花火を打ち上げます。

さらに、1発でも迫力のある10号玉が大量に打ちあがるというのも、この花火大会の魅力の一つで、目で見る迫力だけでなく、打ち上げの際の音や振動などは、まさに花火の醍醐味!

それだけに、近隣周辺だけでなく、愛媛県側からも多くの観光客が訪れるということでも有名です。


まとめ

広島の夏の訪れを告げる「広島みなと夢花火大会」は、毎年40万人以上の見物客が集まる広島県内最大級の花火大会です。

混雑必至の花火大会ですが、満足度も最大級!

ぜひ今年の広島みなと夢花火大会に、あなたも足を運んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*