保育士の資格は更新が必要なの!?復職する時はどうなの!?

保育士,保育士 資格,保育士 資格 更新,保育士 資格 更新 必要,保育士 資格 更新 必要 復職 保育士の資格を持ってはいるけど、働いていないという人を潜在保育士と言いますね。

今、保育士が激的に足りないので、この潜在保育士を活用したいという自治体が増えてきています。

潜在保育士が復職するときに補助金を出すという自治体も多いですよね。

今回は復職をしたいときに保育士の資格を更新する必要があるのかなどを調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

保育士の資格は更新が必要なの?

保育士の資格は基本的に更新は必要ないということになっています。
しかし例外もあります。

順に説明していきましょう。

保育士資格はかつて保母資格と言いました。

この保母資格をもっている人は資格を更新しないといけません。
平成15年に保育士が国家資格となったためです。

保母資格から保育士資格に切り替えるのは簡単です。

社会福祉法人日本保育協会の登録事務処理センターに必要書類を送ればOKです。

まずはこの登録事務処理センターから「保育士登録の手引き」を取り寄せましょう。

その手引きに従って手数料を振り込みます。(4200円)

そのあとに書類を用意してセンターに提出するだけです。

書類というのは

・保育士登録申請書
・振替払い込み受付証明書
・保育士資格を証明する書類(原本)
・現在の戸籍抄本

です。

センターに書類を送ってから(申請から)交付までは 大体2か月くらいかかります。

もしも、勤務に間に合わないようなら保育園に「今申請中なのですが」とお話ししてみましょう。

大体、「それでも大丈夫ですよ」と言ってもらえるはずです。

実際に保育士証が交付されてから提出すれば大丈夫という園がほとんどです。

保育士に復職するときは更新する?

では保育士に復職するとき、最初から保育士資格を持っている場合は更新は必要ないのでしょうか?

保育士として勤務するには

・都道府県知事に対して登録手続きをすること
・保育士症の交付をうけること

が必要です。

しかし、逆に言えばこれさえしておけば大丈夫。

更新することは基本的に必要ありません。

安心してください。
(幼稚園教諭の免許は有効期限満了日の2か月前までに大学の講習などを受けて更新が必要ですのでそれと混同しがちですよね!)

保育士に復職するというタイミングでは保育士の資格の更新は必要ないということがわかりましたね。
(保母資格しか持っていない人は除く)

しかし保育士の資格は更新が必要ないと言っても、更新をしないといけないレアケースもあります。

次から紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

保育士の資格を更新しないといけないレアケース

保育士の資格を更新しないといけないレアなケースもあります。

それは

・名前が変わったとき
・本籍地が変わったとき
・保育士証を失くしたとき、汚したとき

などです。

特に保育士証を失くしたときや汚してしまったときなどはすごく焦りますよね。

でも、大丈夫です!

順に見ていきましょう。

まずは名前や本籍地が変わったとき。
名前や本籍地が変わったときは更新が必要です。

これも、保母資格からの切り替えと同じように、申請だけでできます。

つまり、保育士資格の切り替えの時のような手順で行います。

まずは社会福祉法人日本保育協会の登録事務処理センターに連絡して手引きを取り寄せます。

手続きの流れは先に示してあるので今は割愛しますね!

保母資格からの切り替えと違って名前や本籍の変更の場合は手数料は1600円です。

私も経験しましたが、かなり面倒な手続きなので、結婚離婚は慎重に!(笑)

私は結婚してすぐに申請したのですが、やっぱり2か月くらいかかって交付されました。

でも勤務しだしたのは結婚から3か月目だったので特に問題はなかったです。
(もしも更新してないなら、交付されてからでいいからね~と言われました)

保育士証を失くしたり汚したりしたときも更新をしないといけません。
すごく焦るとは思いますが大丈夫です。

保育士の資格自体が無くなるということではありませんのでご安心を!

手続きの仕方は先ほどと同じです。

社会福祉法人日本保育協会の登録事務処理センターに連絡をして手引きをもらってください。

手数料は1100円です。

何も書き換える必要がないから少し安いのでしょうか?

こちらも同じように交付まで少し時間がかかります。

同じく2か月くらいですね。

失くした!と思ったり汚したときはすぐに申請しておきましょう。

ちなみに失くしたとしても保育士の資格はなくなりませんのでご安心を!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

保育士の資格は更新が必要ないと聞いて安心していた人もいるかと思います。

でも、更新が必要な場合もあるのですね。

自分はどの場合に当てはまるのかをしっかりと考えて早めに申請をしておきたいものです。

ちなみに私の場合は結婚して旦那さんの本籍地と一緒にしました。

それが離島だったので、戸籍抄本を取るのにも郵送でした。

しかも取り寄せだけで1週間とちょっとはかかりました(汗)

なるべく早く手を打っておく方が得です!

スポンサーリンク

コメントを残す

*