タンパク質が多い食材や高タンパク低カロリーな料理をご紹介します。

タンパク質,多い,食材,高タンパク,低カロリー,料理 3大栄養素であるタンパク質は、筋肉だけでなく、髪の毛や皮膚など、体の様々な部分を作る栄養素。

取り過ぎは注意が必要ですが、きちんと取らなければ、健康な体は手に入りません。

それなら、高タンパク質なのに低カロリーな食材を見つければ、摂りすぎることもなく、しっかりと身体のために取り入れることが出来るのでは?

そこで今回は、タンパク質が多いのに低カロリーな食材や料理法などについてまとめてみました。


スポンサーリンク

タンパク質のことを知ろう

タンパク質は、20種類のアミノ酸によって構成されている栄養素です。

このアミノ酸は、食べ物によって体内に取り込まれたタンパク質が、消化される過程で生成されるものだと言われています。

アミノ酸に分解されたタンパク質は、アミノ酸の状態で体に吸収され、再び体の中でタンパク質を構成すると言われています。

関連記事
タンパク質とアミノ酸の関係って!?どんな種類や効果があるの!?

●タンパク質の作用 タンパク質には、次のような作用があると考えられています。

■体の様々な部分を作る 筋肉や爪、髪、皮膚などの生成だけでなく、体の中にある内臓の生成にも深く関係してあると言われています。

■ヘモグロビンを作る原料になる 全身にめぐっている血液ですが、その中にはヘモグロビンという物質が含まれています。

このヘモグロビンは、酸素を体の隅々まで運搬する働きを持っています。

そのため、ヘモグロビンが減少すると、身体に不調が現れることがあります。

このヘモグロビンの原料となっているのが、3大栄養素の1つであるタンパク質です。

■免疫力を高める タンパク質の中には、抗体と呼ばれる「免疫グロブリン」の原料となります。

そのため、タンパク質が不足すると、免疫力が低下すると考えられています。


タンパク質の含有量が多いのに低カロリーの食材とは?

タンパク質を多く含むのに低カロリーの食材を見つけるには、「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」の2種類に注目してみるのが一番です。

●動物性たんぱく質で、高タンパク質低カロリーの食材 ■肉類 ・牛肉(もも・ヒレ)
・豚肉(もも・ヒレ)
・鶏肉(むね肉・ささみ)

■魚介類 ・まぐろ
・サケ
・たら
・ふぐ
・いか
・タコ
・貝類

■その他 ・卵白
・ちくわ
・かまぼこ
・かつお節

●植物性たんぱく質で、高タンパク質低カロリーの食材 ・納豆
・豆腐
・大豆
・枝豆
・油揚げ
・カッテージチーズ

スポンサーリンク

高タンパク質低カロリーの料理とは?

高タンパク低カロリーなのに、アレンジがしやすい食材が「豆腐」と「鶏むね肉」です。

●豆腐を使ったおすすめ料理 ボリュームがあって食べごたえもある豆腐ですが、毎日、冷ややっこで食べるとなると、さすがに飽きてしまいます。

でも、いろいろな料理にアレンジが効く豆腐は、やはり高タンパク質低カロリーな料理にぴったりな食材。

たとえば、こんな料理にもアレンジが出来ます。

■豆腐ハンバーグ ダイエットの定番料理でもある豆腐ハンバーグは、手作りも良いですが、最近では市販の豆腐ハンバーグも…。


●鶏むね肉を使ったおすすめの料理 鶏むね肉は、値段も手ごろなので、節約料理としても人気のある食材。

ただ、パサパサ感が気になるため、なかなか使いこなすのが難しいと思われがちな食材です。

でも、ちょっとひと手間かけるだけで、鶏むね肉のパサパサ感は改善できます。

■とりハム ハムは、そのままだとカロリーが気になりますが、食材を鶏むね肉に変えるだけで、高タンパク質なのに低カロリーの料理に変身します。


まとめ

タンパク質が多く含まれる食材は、どうしてもカロリーが気になるものです。

でも、高タンパク低カロリーな食材も、身近な食材の中にたくさんあります。

上手にチョイスして、美味しく低カロリーを実現させていきましょうね♪

関連記事
タンパク質の1日に必要な摂取量は!?取りすぎるとどうなる!?

タンパク質を知ればダイエットがうまくいく!?プロテインが良いって聞くけど!?

スポンサーリンク

コメントを残す

*