薄着の季節に気になる脇汗!目立たなくする薬やグッズってないの?

脇汗,薄着,薬,グッズ
スポンサーリンク
薄着の季節になると、どうしても
気になってくるのが脇汗。

気温が低い時であれば、上着を羽織ることで
何とか隠していたものの、さすがに薄着の季節になると、
この方法はかなり難しくなります。

でも、やっぱり気になるのが脇の汗です。

そこで今回は、薄着になっても脇汗を
目立たなくする方法について詳しく紹介していきましょう。



スポンサーリンク

気になる脇汗薄着の時はどうすればいい?

脇汗が気になる場合、上着に選ぶ服の厚さに悩みますよね?
すでに制服が指定されているというのであれば関係ありませんが、
私服着用となると、何を選べばいいのか迷うものです。

でも、あきらめてはいけません。

まだまだ、脇汗が本番を迎えるまでには時間があります。

脇汗の対策には、体質改善が一番です。

今から始めておけば、薄着が気になる季節になっても脇汗が気にならなくなるはずです。

●過剰に水分を摂るのは逆効果
水分を多くとることによって代謝を高めるという健康法がありますが、
これも、摂取できる許容量には個人差があるものです。

ですから、推奨されている量の水を飲むことによって、
体の中に過剰な水分をため込んでしまうということもあります。

基本的に、不必要な水分は体の外に出さなければなりません。

本来であれば、排尿によって余分な水分を出すということが正しいのですが、
尿で排出できないほどの水分が体の中にたまった状態であれば、
汗として外に出ていくしかありません。

●カフェインは避ける
コーヒーや緑茶、紅茶などには、カフェインが含まれています。
カフェインは、覚醒効果やリラックス効果が高いということは知られていますが、
実は脇汗を悪化させる効果も含まれています。

カフェインは、交感神経と発汗作用を活性化する働きを持っています。
そのため、普段からカフェインを含んだ飲み物を飲む習慣がある人は、
脇汗が出やすいということになります。

●タバコはやめる
カフェイン以外でも、刺激物は発汗作用を促し脇汗の原因になりやすいことが分かっています。
この刺激物の中には、タバコも含まれます。

タバコには、交感神経を強く刺激するニコチンが含まれています。
このニコチンは、発汗作用を強く引き出してしまうため、
大量の脇汗が出るようになります。
脇汗を止めたいのであれば、禁煙しましょう。

スポンサーリンク


薄着になっても脇汗を目立たなくする薬やグッズ

体質改善によって脇汗が出にくい体質になったとしても、
やはり、薄着になるのは抵抗があるという人も多いですよね?
そんな時は、脇汗を目立たなくする薬やグッズを使うという方法があります。

●塩化アルミニウム配合の制汗剤
医師の処方が必要になりますが、脇汗のような
局所多汗症の治療に効果があるといわれています。
直接塗って行う治療ですので、肌トラブルが現れやすい
顔の多汗症には使うことが出来ません。

●プロバンサイン
同じく医師の処方が必要になりますが、多汗症治療薬として
唯一認定されていることもあって、非常に有名です。
喉が渇きやすくなるという副作用があるそうですが、気になる脇汗を抑えられます。
さらに、効果も4~5時間程度持続すると言われています。

●精神安定剤
極度の緊張やストレスが原因で起きる脇汗の場合は、
脇汗を不安に思うことによってより症状が深刻になっていくため、
精神安定剤を処方されることがあります。
これも、あくまでも局所多汗症の治療の一環として考えられていますから、
専門医の診断が必ず必要になります。

●制汗剤・脇汗用制汗スティック
制汗剤を使用して脇汗を止めるということも、対策としては効果があります。
手頃な方法といえば、スプレータイプの制汗剤ですが、
効果が持続している実感が分かりにくいという点もあり、
評判としてはそれほど高くないようです。

ですが、脇汗専用の制汗スティックは、しっかりと汗の原因となる
汗腺に浸透し効果を発揮するため、スプレーと比べて評判もかなり高いです。

同じ制汗剤を利用するのであれば、継続して使っても肌荒れの心配がなく、
値段も手ごろな「脇汗用制汗スティック」はおすすめですよ。

まとめ

脇汗がひどいという自覚があると、薄着の季節が嫌いという人も多いでしょうが、
今回紹介したように、本格的な薄着のシーズン前の今だからこそ、
脇汗に効果がある対策が出来るということです。

まずは、普段の生活を見直し、大量に汗をかかない生活習慣を取り戻したうえで、
あなたにあった脇汗対策を試してみてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す

*