飛行機が台風で欠航になるのっていつ決まるの!?欠航になる基準や確率は!?

飛行機 台風,飛行機 台風 欠航,飛行機 台風 欠航 いつ決まる,飛行機 台風 欠航 基準,飛行機 台風 欠航 確率 台風のシーズンになってくるとよく聞くニュースの一つに「飛行機の欠航」がありますよね。

飛行機での移動を計画している人にとっては一大事です。

今回はそんな台風による飛行機の欠航はいつ決まるのかという点についてまとめてみました。

台風による飛行機の欠航基準や欠航になる確率も紹介していきます。

スポンサーリンク

飛行機が台風で欠航になるのはいつ決まるの?

飛行機が台風で欠航するかしないかっていつ決まるの?

早くに決まってくれたら無駄な交通費(空港までいくぶんとか)がかからなくて済むし、仕事の調整だってしやすいです。

では実際に台風などで飛行機が欠航するとき、いつ決まるのか。

これは残念ながら「出発時刻直前」です。

航空会社のお天気のプロたちが直前までその状況の変化を確認して判断します。

欠航となると金銭的な負担もありますし、お客さんの対応や振り替え便への対応等いろいろな仕事が航空会社には生まれてしまいますよね。

それは航空会社にとってかなりマイナスになる事態でもあります。

ということでギリギリまでそれを避けようとします。

しかし、台風の大きさによっては「もう明らかに無理ですよ~」というときもあります。

その場合は早めに欠航が決まります。

例えば「台風が近づくよ!進路がもうぴったりだよ!」という場合。

それでも2日以上前に欠航が決まるなんてことはないそうです。

早くても前日の午後くらいだとか。

機材繰りの欠航という場合ではもう少し早めに決まるかもしれませんね。

(だって乗る予定の飛行機がないんだもん)

欠航が決まるのはギリギリだと思っていて間違いなしです。

少しでも早かったらラッキー!くらいの感覚でいましょう(笑)

ちなみにですが、飛行機が欠航するかどうかは利用する航空会社のホームページの「運行状況」などを見るとすぐにわかりますよ!

飛行機が台風で欠航するときには基準があった!

飛行機が台風で欠航になる。

よく聞きますよね。

まあ、台風なんだから欠航でしょうよ!と思っていると、意外に欠航にならないときもあります。

あれ?って拍子抜けしますよね。

なんで台風なのに飛行機は運行したり欠航したりするのでしょうか?

これは飛行機の欠航には明確な基準があるからです。

各航空会社によって大きな差はないと思いますが、欠航になるための基準が存在しています。

航空会社としてはその基準を一般に公開していません。

社内で決定することなので公にする必要がないからだと推測されます。

しかしおそらくですが

・視界不良

・離着陸の時の横風が強い

というケースでは飛行機は欠航になるでしょう。

飛ぶのに危険が伴ってしまうからです。

また、飛行機の機種ごとに横風の制限は決まっています。

大型機では行ける!という横風も小さめの飛行機だとアウトになりますね。

飛行機は飛んでしまえばあまり台風でも危険ではないそうです。

台風の近くを飛んでいても大丈夫なんだとか。

(乗る方としては怖いけど!)

スポンサーリンク

飛行機が台風で欠航する確率はどのくらい?

では実際に飛行機が台風で欠航する確率はどのくらいあるのでしょうか?

これは国内線か国際線かでも変わってきます。

国際線の場合はほとんど欠航しないと考えて大丈夫です。

遅延はしますが、視界不良と横風の終息するのを待って(もしくは隙をついて)飛べばいいだけです。

各航空会社には天気のプロがいますから、このくらいは訳ないでしょう。

問題は国内線です。

数年前の台風で700便以上が欠航したという実績(?)があります

しかしこれは実は国内便の総数のうち3割くらい。

と考えるとそんなに多くはないですよね。

飛行場別に見るとこの時台風が直撃していた羽田は100%に近い便が欠航になりました。

となると飛行場によって欠航する確率も変わってきますよね。

航空会社ごとに実際に欠航した確率を出したものがあるのですが、JALやANA等の大手は欠航率が1.3%くらいです。
そう考えると台風で飛行機が欠航するかも!という確率はそんなに高くないと言えるのではないでしょうか?

おそらく欠航する確率よりも遅延する確率の方がずっと高いです。

ちなみに台風で欠航になった場合は手数料なしでほかの便への変更や払い戻しができます。

他の便に変更したときに高い便になってしまっても差額負担はありません。

安い便になってしまったときだけ差額が帰ってきます。

利用者に負担がないように配慮しているんですね。

でも裏を返せば航空会社がその分を負担しないといけないということ。

欠航をなるべく出さなくていいように各航空会社も頑張っているのです。

他にも気になる点として「欠航になったから交通費や宿泊費が予定外でかかったんだけど?」というケース。

残念ながらこの点は航空会社に保障されません。

天候などではなく、航空会社の都合で欠航となってしまった場合にだけ規定額の補償があるようです。

たまに飛行機の機材繰りでの欠航というのも聞きますよね。

乗る予定だった飛行機が台風のせいで飛べなかったので、飛行機そのものがありません~!欠航です~!

という場合です。

この場合は航空会社都合の欠航ではなく、台風による欠航ということになります。

(なんだか納得できませんけど!)

この機材繰りによる欠航で怖いのが、台風が去った後でもありうるということ。

台風の翌日最初の便ではこの機材繰りの欠航があり得ます。

まとめ

いかがでしたか?

台風の時期になると飛行機に乗る人はドキドキしっぱなしですよね。

ぜひ、参考になさってみてくださいね☆

スポンサーリンク

コメントを残す

*