女性ホルモンが男にあたえる変化や影響ってどのような事があるの!?

女性ホルモン,女性ホルモン 男,女性ホルモン 男 変化,女性ホルモン 男 影響
スポンサーリンク
環境問題が日常的にある現代。

環境ホルモンという言葉を聞いたことがあると思います。

環境ホルモンとは内分泌かく乱ホルモンともいわれます。

人間が持っている性ホルモンをかく乱してしまうんですね。

ところで、女性ホルモンという言葉も聞いたことがあると思います。

男性なのに環境ホルモンのせいで女性ホルモンが…というのがありうるということですね。

では、この女性ホルモン、どんな働きをするのでしょうか?

また男性に与える変化や影響というものはあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク

女性ホルモンとは何なのか?

女性ホルモンって実際、どんなものなのでしょうか?

その点を最初に確認しましょう。

女性ホルモンにはエストロゲンというものとプロゲステロンというものがあります。

女性にはおなじみのホルモンですね。

生理周期によって分泌量は変化します。

エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれます。

主な機能は

・妊娠に備える
・女性らしい体型にする
・自律神経を活発にさせる
・肌の状態をよくする
・記憶力をよくする

なんてものがあります。

そしてプロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれます。

主な機能は

・妊娠を継続させる
・体温を高める
・体に栄養や水分を蓄積する
・肌の状態をよくしてつやつやにする

なんてものがあります。

女性ホルモンは女性が一生の中でティースプーン1さじくらいしか分泌されないそうです。

その中で妊娠や出産をしていくなんてすごい作用のあるホルモンなんですね!

男性にも女性ホルモンはあるのか?

では男性にも女性ホルモンがあるって知っていますか?

実は男性には女性ホルモンがあるし、女性にも男性ホルモンがあるんだそうです。

男性が分泌している男性ホルモン。

これが変化するんだそうです。

コレステロールから弱男性ホルモンというものが作られます。

そしてその弱男性ホルモンから女性ホルモンが作られるのだそうです。

ちなみに男性の体内にある女性ホルモンは女性の半分程度。

なので女性化することなく、見た目も男性っぽくなるのでしょうね。

最近の研究ではこの女性ホルモンの変動が片頭痛の片棒を担いている可能性が指摘されています。

女性も男性もです。

片頭痛持ちの男性は、片頭痛のない男性に比べてエストロゲン(女性ホルモンですね)の分泌が多かったのだとか!

そして男性の場合、ストレスでこのホルモンによる片頭痛が増進される可能性もあるようですね。

スポンサーリンク

女性ホルモンを男性に投与するとどう変化するの?

ではそんな女性ホルモンを男性に投与するとどうなるのでしょうか?

実際にトランスジェンダーの女性の中に女性ホルモンを投与しているという人が結構いるようです。

身体は男性だけど心は女性というパターンですね。

その場合は女性ホルモンを投与して女性に近づきたいと願う人もいるようです。

では男性に女性ホルモンを投与するとどうなるのか見ていきましょう。

まず見た目が変化していきます。

・体つきが女性らしく丸くなる
・おなかや腰回りに脂肪がつきやすくなる
・胸が膨らんでくる(これには結構時間がかかります)
・毛が薄くなる(体毛やひげ)
・肌のツヤがよくなる

なんて感じですね!

肌のツヤがよくなるだなんて女性でもホルモンを打ちたいと思う人がいるかもしれませんね。

しかし忘れてはいけないのが副作用です。

そう、女性ホルモンを投与するには副作用もあると言われています。

初期症状としては、ホルモンのバランスが崩れるので吐き気や眠気、頭痛なんかがあります。

女性が妊娠したときにも同じような症状が初期症状として出ることがありますよね。

これはホルモン投与と同じく、女性の中でホルモンバランスが変化するからだそうです。

しかし怖い副作用はもう一つあると言われています。

それは血栓症。

血栓症という病気は血管の中にできた血の塊が突然血管に詰まってしまうものです。

脳で詰まれば脳梗塞、心臓で詰まれば心筋梗塞ですね。

これは突然に起こるものなので防ぐ手立てはないようです。

すごく怖くないですか!?

と言っても、可能性はかなり低いので一応安心して下さい。

しかし発症すれば死ぬ危険性も高いです。

少しでもおかしいなと感じたら即病院に行くべきでしょう。

後は肝臓への負担もあると言われています。

禁酒をするなどして肝臓への負担を減らす努力も必要ですね。

更に、女性ホルモンを投与した場合の未来の話もしましょう。

まずは男性としての生殖機能を失うと言われています。

もちろん女性としての生殖機能はホルモンによって生まれることはありません。

つまり、永遠に生殖機能を失ってしまうと言われています。

さらに、一度女性化した体型はホルモン投与をやめてももとに戻ることはありません。

長期間ホルモン投与をしていて急に辞めると更年期のような症状が出ることもあると言われています。

投与には慎重な検討が必要ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性ホルモンの働き、すごいですよね。

昨今では環境ホルモンのせいで男性も投与していないのに女性ホルモンの影響を知らず知らずのうちに受けているなんて場合もあるようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

*