神戸総合運動公園の菜の花まつり2018!日程や駐車場情報も!

神戸総合運動公園,菜の花,菜の花まつり,滑り台,駐車場
スポンサーリンク
春になると、満開の菜の花畑が楽しめると人気の神戸総合運動公園。

今年も、そろそろ春の便りが近づいてきました。

今回は、気になる菜の花まつりの情報や、子供連れファミリーが無料で楽しめる遊び場などをまとめて紹介します。




スポンサーリンク

神戸総合運動公園!2018年の菜の花まつりの日程は?

毎年、神戸総合運動公園内のコスモスの丘で楽しむことが出来る菜の花畑。

「今年もそろそろ菜の花の便りが届くはず!」と楽しみにしている人も多いと思いのでは?

ちなみに、2017年の菜の花まつりは3月18日(土)に開催されました。

3月中旬の土曜日に開催される事が多い「菜の花まつり」2018年は3月17日の土曜日に開催されるのが有力ですが、正式な日程が分かり次第、こちらでもお知らせしますね。

2018年の神戸総合運動公園の菜の花まつりは3月17日の土曜日に開催されるのが決定しました。

翌、3月18日の日曜日が予備日となっています。

神戸総合運動公園 公式ページはこちら


神戸総合運動公園の駐車場情報

神戸総合運動公園は、休演日はありませんのでいつでも楽しめますが、駐車場は有料となっています。

園内は約1800台が収容できる大型の駐車場がありますが、場所によって利用料金にも違いがあります。

●P1(陸上競技場前)
駐車台数は68台ですので、ちょっと小さめの駐車場です。1日1回500円です。

●P2(立体駐車場)
菜の花畑の会場となるコスモスの丘に最も近いのが、この駐車場です。1日1回500円ですし、駐車台数が650台なので、この駐車場を利用するのがおススメです。

●P3(駅前)
総合運動公園駅前にある駐車場です。

駐車料金は1時間200円のため、料金の違いに注意が必要です。

●P5(野球場北)
ほっともっとフィールドや多目的広場に行くなら、ここがおすすめです。1日1回500円です。

ただし、プロ野球開催時は一般の利用が制限されることもあります。

●P7(野球場西)
最も駐車台数が多い駐車場です。1日1回500円で利用することが出来ます。

神戸総合運動公園 公式ページはこちら

スポンサーリンク

神戸総合運動公園のおすすめ滑り台

神戸総合運動公園には、いろんな種類の滑り台があります。

それぞれちょっとずつ詳記しておきましょう。

●冒険の国(下の広場)
小さなお子さん向けの滑り台があります。

インディアンハウスコンビネーションなら、小学生低学年までの子どもが楽しめる滑り台といえます。

大人が滑ろうとすると、入り口が小さすぎてちょっと入れないかもしれません。

●冒険の国(上の広場)
下の広場に続く滑り台があります。

距離は長いのですが、スピードはあまり出ないので、パパやママが子どもと一緒に滑ることもできます。

ほかにも、6歳未満の幼児向けの滑り台や、小学生向けアスレチック遊具パーゴラなどもあります。


●自然の国
自然の国には、ロングスライダーとダブルスライダーの2つがあります。

ロングスライダーはあまりスピードが出ないので初めてでも楽しく遊べますが、ダブルスライダーはかなりスピードが出るので、滑り台上級者用という感じです。

神戸総合運動公園 公式ページはこちら


まとめ

今年も開催予定の菜の花まつりは3月17日(土)に行われる予定です。

週末の開催だけに混雑は予想されますが、その他にも、無料遊具などで思いっきり春を満喫するのも、楽しみ方かもしれませんよ♪


スポンサーリンク

コメントを残す

*