重曹をいつもの掃除にすぐに取り入れたくなる驚くべきスッキリ効果とその方法は?

重曹,掃除,方法,効果,場所 年末の大掃除シーズンに使った重曹って、
使い切れず残っていること、よくありますよね?

重曹を使えば汚れが良く落ちるということは、
すでに実証済みの人も多いでしょうが、
普段の掃除にはあまり使わないというのも重曹の宿命です。

それなら、重曹をもっと積極的に使って
普段の掃除から楽にしてしまいましょう♪





スポンサーリンク

重層を使ったお掃除方法あれこれ

重曹を使ったお掃除方法には、ざっと紹介するだけでもこんなにあります。

●水に溶かして「シュッシュッ」 重曹を水に溶かして使うと、わざわざ感が無くなるので、
簡単に普段の掃除に使うことが出来るようになります。

まず、スプレーヘッド付きのボトルを準備します。
その中に、水200mlに対して重曹大さじ2杯弱を入れ、思いっきり振ります。
たったこれだけで、重曹スプレーが出来上がります。

これを、お風呂のバスタブや洗面所などに、シュシュッと吹き付け、
20分経ったらタオルで磨きます。

とっても簡単なのに、効果は抜群です。

●粉のまま「ふりかける」 ヌメリ予防に効果がある重曹は、汚れを落とすだけでなく、
ヌメリの予防に使うこともできます。

ごみを取り除いた排水溝に、重曹を粉のままふりかけて磨くと、
ヌメリが無くなり、さらにヌメリが付きにくくなります。

●ペースト状にして「塗りつける」 頑固な汚れには、スプレーや直接粉をまく方法では落ちないこともあります。
そんな時は、重曹ペーストを作って、頑固汚れに塗り付けていきます。

重曹ペーストの作り方は、とっても簡単です。
水と重層の割合が1:3になるようにします。

ダマにならないように、少しずつ水を加えて練っていくのがポイントですが、
この手間をかけるだけで、汚れの落ち具合が劇的に変わります。

重曹,掃除,方法,効果,場所

重層のお掃除効果とは?

重曹のお掃除効果の特徴は、なんといっても肌に優しい弱アルカリ性ということです。

家庭用洗剤は、洗浄効果は期待できますが、高い洗浄力を持つ洗剤ほど、
肌トラブルを起こす可能性が出てきます。

その点、重曹の成分は、自然物質である「炭酸水素ナトリウム」です。
ですから、基本的に生物への害はなく、さらに水を汚染することもありません。

でも、普段から忙しい主婦からすれば、環境に優しいのは良いことでも、
「手間がかかるだけなら面倒」という気持ちも出てきますよね?

それなら、お掃除に重曹を使えば、「ものが傷つかない」「手荒れしない」
「臭いが残らない」というメリットがつくとしたらどうでしょう?

実は、重曹がなぜこれだけ注目されるかというと、
この3つのメリットが重曹の好感度を上げていたからだったのです。

子どもに掃除のお手伝い習慣を付けさせようとしても、通常の洗剤を使わせてしまうと、
デリケートな子どもの肌はすぐに荒れてしまいます。

また、洗剤特有のにおいを嫌がる子どもも多く、
それだけでお手伝いから遠のいてしまうこともあります。

でも重曹を使えば、洗剤の嫌な臭いはしませんし、
乱暴に磨いても重曹の持つ研磨作用によってタイルや壁を
傷つけることなく掃除することが出来ます。

さらに、消臭効果もあります。



スポンサーリンク



重層を使ってお掃除できる場所

重曹を使った3つのお掃除方法を使えば、
なんと、こんな場所のお掃除もらくらくにできてしまいます。

●換気扇の掃除 油でベタベタの換気扇汚れも、重曹ペーストを使えば簡単に落とすことが出来ます。

●電子レンジの掃除 汚れやすいのに掃除がしにくい場所の1つに、電子レンジの内部の掃除があります。
これも、重層水を電子レンジで2分加熱し、15分放置した後拭き取るだけで、
簡単に綺麗になります。

これは、重層水を加熱した時にできる蒸気が汚れを浮かせてくれる裏技です。

●浴室の掃除 面倒なお掃除の代表がお風呂の掃除ですが、これも、お風呂上りに
重曹1カップを入れて翌日までほおっておくだけで、簡単に湯垢が取れてしまうのです。

ちなみに、お湯が温かいうちに重曹を入れるのがポイント!

温かいお湯であれば重曹が溶けやすくなるので、
簡単にかき混ぜるだけでしっかりと重層水が出来るのです。

●フローリングやカーペットの掃除 床の在室を選ばず使うことが出来るのが、重曹の最大のメリットです。

重曹スプレーを使ってサッと汚れを拭き取れば、
気になる臭いもスッキリできますから、一石二鳥です。

重曹,掃除,方法,効果,場所

まとめ

「重曹を年末限定のお掃除アイテムにしておくのはもったいない」
というのが今回のテーマでしたが、いかがでしたか?

簡単でメリット大の重曹ですから、ぜひとも次のお掃除から
積極的に使ってみてくださいね!




スポンサーリンク

コメントを残す

*