戸田橋花火大会2017年の日程や見所は?車でも行ける穴場があるの?

戸田橋花火大会,日程,見所,駐車場,穴場,2017年
スポンサーリンク
毎年、8月第一土曜日に、対岸の板橋区と
同時に開催される埼玉県戸田市の花火大会といえば、
「戸田橋花火大会」があります。

戸田橋といえば、昨年はオリンピックのボート会場候補地として
何度も名前が浮上していた、あの「戸田」です。

実は戸田橋花火大会は、
「もしかしたら東京オリンピックのボート会場になっていたかもしれない」
戸田漕艇場のすぐそばで行われます。

ですから、戸田に来たことがない人でも、メディアやテレビなどで
このあたりの風景を見たことがあるという人も多いかもしれません。

ですが地元では、「戸田橋といえば花火大会」というほど、
この花火大会の知名度は高く、今も昔もこの地域の夏の風物詩となっています。

そこで今回は、戸田橋花火大会の魅力や見所、
日程やその他お役立ち情報を紹介していきましょう。


スポンサーリンク

2017年の戸田橋花火大会の日程や見所は?駐車場や穴場などもチェック!

2017年に行われる戸田橋花火大会の日程や見所、
駐車場や穴場に関する情報まで一挙に紹介していきましょう!

●日程
2017年8月5日(土) 19:00~20:30 見込み
※現時点では正式発表が行われていませんが、
例年8月第1土曜日に行われている点を参考に予想しています。

●場所
戸田橋上流荒川河川敷

●見所
戸田橋花火大会の見所といえば、対岸で同時に行われる「いたばし花火大会」とのコラボでしょう!

戸田橋花火大会のみでの打ち上げ花火総数は6,000発ですが、
いたばし花火大会の打ち上げ数も6,000発のため、両岸合わせると
1万2,000発の花火を見ることが出来ます。

■メリハリのあるプログラム構成
戸田橋花火大会は、で1時間30分かけて6,000発を打ち上げますから、
打ち上げのペースとしては比較的ゆったりとした印象を受けます。

ですが、これはあくまでも単体の花火大会としてのことです。

対岸のいたばし花火大会と合わせると1万2,000発がうちあげられますから、
1分間で考えると約130発を打ち上げることになります。

ということは、早打もあれば大玉の同時打ち上げ、
スターマインと尺玉の乱れ打ちなどが延々と続くということでもあります。
こうしてみると、その花火の迫力にも相当期待が出来ます。

●駐車場
戸田橋花火大会では、臨時駐車場の設置はありません。
また、メイン会場付近は住宅地となっているため、
周辺でコインパーキングを探すこともかなり難しいです。

さらに、会場周辺は大規模な交通規制が行われる予定ですので、
できるだけ公共交通機関を利用して来場することをおすすめします。

どうしても車で移動したいという人は、戸田公園駅周辺の
コインパーキングを利用するようにしましょう。

駅周辺であれば、比較的簡単に駐車場を見つけることもできます。
とはいえ、打ち上げ時間が近づくと、電車を利用する人で
駅周辺は大混雑となりますので、できるだけ早く駐車場を確保するのがおすすめです。

●穴場といえば…
戸田橋花火大会は、対岸のいたばし花火大会と同時に行われるため、
混雑も通常の花火大会の2倍になります。

ですから、やはり気になるのは穴場探しになります。

当日は、メイン会場はもちろん相当な混雑が起こりますが、
会場周辺の道路も広範囲に交通規制が行われますから、かなり渋滞します。

出来るだけゆっくりと花火を見物しながら、ついでに帰りの混雑にも
できるだけ巻き込まれない、そんな夢のような穴場を紹介しましょう。

■ラフィネイトーヨーカドー錦町店
ショッピングセンターですが、大型の立体駐車場には屋上フロアもありますので、かなり便利です。
打ち上げ会場からは少し離れますが、この場所からでも十分に花火を楽しむことが出来ます。
しかも、この場所は幹線道路から少し外れているため、帰りの大渋滞にも巻き込まれにくいです。


■BOATRACE戸田(戸田競艇上)
実は、花火大会当日は無料で開放されています。
しかも、戸田競艇場内の駐車場も利用することが出来ます。

打ち上げ場所からの直線距離も近いため、地元では定番スポットなのですが、
地元以外ではあまり知られていないので、狙い目の穴場といえます。


スポンサーリンク


戸田橋花火大会はどんな花火大会なの?

戸田橋花火大会は、初回開催してから半世紀以上にわたって続く、
歴史と伝統のある花火大会です。

そんな戸田橋花火大会が行われるようになったきっかけは、
対岸の板橋区で行われる「いたばし花火大会」と同じ理由があります。

実は、荒川を境に区分けされた現在の埼玉県戸田市と東京都板橋区ですが、
昔は、飛び地が多く点在していたため、都県境が分かりづらかったといいます。

そのため、当時の都県境を見直し、1951年に現在のような都県境へと変更しました。

これを記念して開催されるようになったのが、「戸田橋花火大会」であり、
同時に「いたばし花火大会」でもあります。

●1度だけ9月に開催された
もともと、同じ趣旨をもって始められたいたばし花火大会とは、
その後もずっと共催という形で関係を続け、現在に至っています。

そのため、板橋区側の大会名称が変更された時も、例年通り8月の同日程で行われてきました。

ただし、一度だけ9月に開催したことがあります。

それは、1964年に行われた第一回の東京オリンピック開催に関連して、
戸田橋花火大会を前月祭として開催したために起きたことでした。

ですから、翌年には例年通り8月開催に戻しています。


まとめ

2つの花火大会を同時に楽しむことが出来る、
とってもお得な花火大会というのが、戸田橋花火大会です。

一級河川である荒川の両岸で打ち上げられる花火の迫力はスケールが大きく、
さらに尺玉が打ちあがると、体の奥にまで響いてくる大音響に、
8月の暑さも一瞬忘れてしまいそうになります。

もしもあなたが花火大会の場所選びで悩んでいるのなら、
今年は戸田橋の花火大会に足を運んでみては?

きっと、期待を裏切らない興奮があなたを待っていますよ!



スポンサーリンク

コメントを残す

*