西日本大濠花火大会2017年の日程や見所は?駐車場や穴場情報なども!

西日本大濠花火大会,日程,見所,駐車場,穴場,2017年
スポンサーリンク
西日本大濠花火大会は、福岡市で行われる
九州でも有名な花火大会です。

普段は、「大濠花火大会」
と呼ばれることが多いこの大会の魅力は、
なんといっても福岡市の中心部で見物できるという点です。

そんな西日本大濠花火大会の気になる情報を、
まとめて紹介していきます。





スポンサーリンク

西日本大濠花火大会2017年の日程や見所は?駐車場や穴場などもチェック!

2017年に行われる西日本大濠花火大会の日程や見所、
駐車場や穴場に関する情報まで一挙に紹介していきましょう!

●日程
2017年8月1日(火) 20:00~21:30(予定)
※荒天の場合は、8月2日に順延となります。

●場所
大濠公園(福岡市中央区)

●見所
西日本大濠花火大会は、打ち上げ場所と見物客との距離が短いため、
尺玉のような大きな花火は打ち上げられません。

そのかわり、花火の数は6000発とかなりタップリ準備されていますから、
満足度としては申し分ないです。

「間近で花火を見ることが出来る」いう点を生かした仕掛け花火は、
趣向を凝らしたものが多く、見ていて飽きません。

もちろん、気を付けてみておかないと、仕掛けを見逃してしまうこともあります。

でも、この仕掛け花火をきちんと見るためには、正面から花火を見る必要があるので、
有料席からの観覧がおすすめです。

また、どうしても見逃してほしくないのは、クライマックスに準備されている、
全長250mという巨大なナイアガラ。池に映る逆さ花火ととともに、
神秘的で幻想的なシーンは必見です!

●駐車場 何しろ、45万人が押し寄せてくるわけですから、混雑しないわけがありません。
それでも、車で移動したいのであれば、早めに現地到着して
駐車場を確保するのがポイントです。

■大濠公園
メイン会場ですから、さすがにすぐに満車になります。

■大濠公園周辺
実は、周辺にはかなりのコインパーキングがあります。
ですから、早めに確保出来れば、移動も含めてかなり楽です。

■博多駅周辺
駐車後は電車で移動することになりますが、駅周辺にかなりの駐車場がありますので、
こちらが便利かもしれません。

●穴場といえば… どの方角からでも楽しむことが出来るのが魅力の西日本大濠花火大会では、
こんな場所でも見ることが出来ます。

■博多ポートタワー
地上100mの高さにある展望室は、年中無休の上に、なんと入場無料!
花火と一緒に博多の夜景も楽しむことが出来ます。

■片江展望台
地元では有名なデートスポットでもある片江展望台は、
打ち上げ会場から直線距離で約9㎞離れているのですが、
花火はしっかりと見えますし、音だって聞こえます。

さらに、ここも夜景が有名なスポットですから、花火と一緒に楽しめますよ。

■愛宕神社
県内でも歴史ある愛宕神社は、無料駐車場も完備の、超穴場スポットです。
パワースポットとしても有名ですので、早めに到着してぜひお参りしてみて!

■南公園西展望台
少し距離がありますが、花火はばっちり見えます。かなり穴場です。


スポンサーリンク



西日本大濠花火大会はどんな花火大会なの?

来場者数がなんと約45万人という福岡市内最大の花火大会が、
西日本大濠(おおほり)花火大会です。

福岡市の中心部で見ることが見ることが出来るとあって、
近隣住民はもちろん、九州各地から多くの見物客が訪れます。

西日本大濠花火大会の魅力は様々ありますが、やはり打ち上げ場所を中心に360度、
どの場所からでも花火を見ることが出来るという点は嬉しいところです。

でもこれは、会場となる大濠公園の特殊な形があるため、実現が出来た奇跡といえます。

実は、この大濠公園は、かつて福岡城の外堀として利用されていました。
こうした事情もあり、公園を取り囲むように池が配置されていたことによって、
打ち上げ場所の周囲360度がすべて見通せるようになっているのです。

しかも、大濠公園の周囲にはヤフードームやオフィスビル、
商業施設が集中する天神地区や、ビルが立ち並ぶ百道地区があり、
多少離れていても、十分花火を楽しむことが出来ます。

ただし、一般的に打ち上げ場所から離れるほど、音が遠くなるため
臨場感に欠けてしまうのが気になるところですよね?
ところが、この問題も、西日本御大濠花火大会は見事にクリアしています。

実は、周辺にあるビルやマンションによって花火の音が反響するため、
ド迫力のまま市内全域に響き渡るのです。

さらに、打ち上げられる花火の数は約6000発、打ち上げ時間は
1時間30分とタップリ用意されています。
これなら、打ち上げ場所から多少離れていたとしても、十分に楽しむことが出来ます。


まとめ

福岡市の中心で開催されるだけに、アクセスがメチャクチャ便利
というのが魅力である西日本大濠花火大会。

メイン会場である大濠公園で場所をとるのは、相当な覚悟がいりますが、
今年一番の花火を見たいのであれば、チャレンジする価値はあります。

とはいえ大濠公園は、日中に散策しても非常に見所満載の公園です。

早めに場所取りをしたら、のんびり公園を散策し、
腹ごしらえを兼ねて周辺の屋台などを回って打ち上げを待つ、
というのも楽しいですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

*