いわし缶で中性脂肪や内臓脂肪が低減できるってホント!?

いわし缶,イワシ缶,いわし 缶詰,イワシ 缶詰,いわし缶 中性脂肪,イワシ缶 中性脂肪,いわし缶 中性脂肪 内臓脂肪,いわし缶 薄毛,いわし缶 高血圧,いわし缶 ダイエット
スポンサーリンク
いわしの缶詰には、EPAと言う成分が豊富に含まれています。

EPAと言う成分には、薄毛や抜け毛、高血圧の改善やダイエット効果まで期待できるとテレビなどでも話題になっている成分です。

以前話題になったサバの缶詰にも、EPAが豊富に含まれていますが、イワシ缶にはサバ缶の約1.3倍のEPAが含まれています。

いわしに含まれるEPAやDHAの効果として中性脂肪や内臓脂肪の低減が出来るのでしょうか!?


スポンサーリンク

いわし缶の栄養効果って!?

いわしにはEPAと言う成分が豊富に含まれています。

EPAとはエイコサペンタエン酸の略で、イワシやサバなど青魚の脂に多く含まれるn-3系脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)の一つです。

EPAは必須脂肪酸の一つで、体内ではほぼ作り出すことができないと言われています。

EPAの効果としては

・血液をサラサラにする

・中性脂肪や内臓脂肪の低減

・血管年齢を若く保つ

・心臓病や脳梗塞の予防

・動脈硬化の予防

・高血糖の症状改善

・抗炎症作用の抑制

・アレルギーを引き起こす物質を抑制

・紫外線に肌へのダメージを軽減

など、主に血液や血管を健康に保つ作用があると言われています。

そのいわし缶なんですが、少し前にテレビでも話題になったサバ缶よりもEPAの量が約1.3倍。


しかもいわしは、生で食べるよりも缶詰にする際、真空状態になるためEAPが酸化しにくくなり、EPAの含有量が約1.5倍にもなるんです。

いわし缶で中性脂肪や内臓脂肪を低減できるの!?

いわし缶を毎朝1缶食べると、いわしに含まれるEPAやDHAの効果として中性脂肪や内臓脂肪の低減が出来ると話題になっています。

いわし缶はダイエットにも効果があると考えられているんですが、そのポイントとしてまず高たんぱくで低糖質食だという点。


そして、いわしに豊富に含まれているEPAやDHAの効果として血液や血管を健康に保つ事により、血流の流れが良くなり体の代謝があがる点。

これらのことを考えれば、中性脂肪や内臓脂肪の低減が期待できるだけでなく、ダイエット効果も期待できますよね!


いわし缶が薄毛や抜け毛に効果があるってホント!?

以前にテレビでも話題になりましたが、いわしに含まれるEPAには血栓を作りにくくして血液をサラサラにする効果があると言われています。

その結果、毛根にまで必要な酸素や栄養素が届くようになり、薄毛や抜け毛の改善に効果が期待できると言うことなんです。


いわし缶で高血圧を改善できるの!?

高血圧になる原因としては、血管が固くなり心臓から体内に送り出す血液の圧力が強くなってしまっている状態だと言われています。

EPAには、血栓を作りにくくして血液をサラサラにする効果があると言われているので、高血圧の改善にも期待できるでしょう。

※いわし缶には塩分が入っているものが多いので注意して下さい。

スポンサーリンク



いわし缶を美味しく効果的に食べるためには!?

では、美味しく効果的に食べる方法として以前テレビでおすすめされていたのが、イワシ缶と梅干しを組み合せて食べる方法。


梅干しに含まれるクエン酸には、疲労回復を促して血流を良くする効果が言われているので、効果アップが期待できますね!

次も以前テレビでおすすめされていた組み合わせなんですが、いわし缶とトマト!


トマトには、活性酸素を取り除きEPAの酸化を防ぐリコピンが多く含まれていると言われています。

いわしに含まれるEPAは酸化しやすい成分なので、トマトと組み合わせることによって酸化を防ぐ効果が期待できる!


いわし缶を食べるにあたって注意したいことは!?

・いわしの缶詰を購入する際、栄養成分が書かれていますが、1缶分であったり100グラムなどのグラム表記であったりする場合があるので注意して下さい。

・いわしの缶詰には、EPAやDHAの含有量が記載されていると思いますが、水分を含んでの表記なので水煮などの水分を捨ててしまうと、栄養分も捨ててしまうことになるので注意して下さい。

・いわしの缶詰には塩分が含まれている物が多いので、塩分のとりすぎには注意して下さい。

いわしに含まれるEPAの1日の摂取量の目安ですが、日本では明記されていません。

EPAやDHAを含むn-3系脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)の1日の摂取量として、 成人男性で2.0~2.4g、成人女性で1.6~2.0gが1日の摂取量の目安とされています。

ちなみに1日の摂取量として、欧州食品安全機関(EFSA)では5g、アメリカでは3gの摂取量で特に問題ないとされています。


EPAを多く取ることで副作用ってないの!?

EPAには血液をサラサラにする効果があると言われていますが、その効果が逆に働いてしまうこともあると言われています。

EPAを過剰に摂取すると出血が止まりにくくなったり、吐き気や下痢を起こす場合があるそうです。

血液凝固阻止剤や血圧を下げる薬など、薬を服用している場合は医師に相談しましょう。

生理中の女性も過剰な摂取は避けたほうが良いでしょうね。

どのような栄養分でも、過剰に摂取することは避けるべきですね。


まとめ

いわしの缶詰に含まれるEPAには、いろんな効果が期待できるんですね!

成人女性だと体重が40~50kgくらいはあるのに、毎日たった1.6g~2g取るだけでも効果が期待できるってすごいですよね!

でも、話題になっちゃうと手に入りにくくなるのが難点ですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

*