結婚の挨拶に行くタイミングは!?服装はやっぱりスーツ!?手土産はどうしよう!?

結婚 挨拶,結婚 挨拶 タイミング,結婚 挨拶 服装,結婚 挨拶 手土産 人生最大のイベント、結婚。

「娘さんを僕にください!」といったセリフで、ドラマでも見られるこのシーンは男としての見せ場ですよね。

彼女の両親に挨拶に行くときに、どんな格好でどんなお土産を持っていきどんなタイミングで話を切り出すのか?

その後の結婚生活での、自分の立場や身内との関係に影響しますよね。

ここで失敗して、結婚生活はお嫁さんに失望されたままで、自分を立ててくれないということは絶対に避けたいところですよね。

また結婚の了承が出ても、その後親戚での笑い話になるようなことも絶対に避けたいですよね。

ここまでがんばって自分磨きをしてきて、何回もデートを重ねて彼女の両親とも仲良くしてきて、やっと結婚というところまできて凡ミスはしたくないところですね。

女性を自分のものにしたいという根性を持って、男気を見せましょう!


スポンサーリンク

相手の両親に結婚を切り出すタイミングは?

相手の両親に挨拶に行くということは、これから始まる結婚生活のスタートを切るということ。

ここでの立ち振る舞いで、相手の両親からの評価が決まる大事な、もはや戦いです。

まず、訪問していきなりの結婚の話は急すぎて、彼女の両親を驚かせてしまいます。
少し談笑してから、きっかけとなりやすい話をして、切り出しましょう。
ここでやってはいけないこととして、下ネタや自慢話はやめましょう。
彼女の両親とこれまで仲が良かった場合でも、心の底で嫌に思っている可能性が高い話題ですし、この後結婚という大事な話をするのには、

空気が軽くなりすぎます。

彼女の両親も知っている人が結婚したことを話したり、彼女の誕生日を祝った話など、幸せな話からなら良い空気感で、重すぎず軽すぎず話せると思います。
また、彼女の兄弟や親戚が彼女の実家にいるときは、全員そろった時に言うと、いなかった人に後々愚痴をこぼされずに済みますし、「全員のことを考えているな」と評価もあがるでしょう。

結婚の挨拶に行くときに適した服装は?

一大イベントの結婚の挨拶。

綺麗な格好すぎても緊張しますし、汚い格好で笑われるのはありえないです。

どんな髪型でも、直前あたりに美容院や床屋で手入れしてきれいに整えたほうがいいですね。

また、くしや整髪料を使ってセットしてから彼女の実家に伺いましょう。

ダメージジーンズやダボダボなパンツや髑髏のTシャツなど、崩しすぎなファッションや、原宿系、ロックミュージシャンを真似た格好など独創的なファッションは相応しくありません。

やはりこういう時は、ほどよくおしゃれで、サイズ感もちょうど良い格好が無難ですね。

彼女に相談して、いい回答が得られなかった場合は、経験者である自分の母親か、センスがよければ父親に聞くのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

結婚の挨拶に行くときの手土産は?

彼女の両親に少しでも良い気分になってもらっているときに結婚の話をしたいですよね。

結婚の挨拶のような場では、手土産を持っていくのが普通です。

手土産を渡すときは、玄関先でなく、席についてみんながいる場で、落ち着いてから渡すのが良いといわれています。

渡すときには、「つまらないものですが」という文言は「つまらないものをくれるなよ」と思われるかもしれないので、「おいしいと評判です。」
「好きだと聞いたので」といった感じで渡すとよいです。

手土産ですが、置物や何かのグッズを持っていくのはおすすめしません。

置物やグッズを持ってこられても、「どこに飾ろうか?」「何か意味があるの?」といったことが気になって、このあとの大事な話に集中できません。

彼女の両親も、こういうときは食べ物を持ってくると踏んでいる面もあるので、落ち着いて話すために、食べ物が無難だと思います。

まとめ

結婚のご挨拶は普通は人生に1度あるかないかなので、失敗しにくい無難な方法を選びました。

安全に済ませたい人は、いいと思った部分を吸収して実践してみてください。

思い出に残る結婚の挨拶を、失敗せずに済むことを祈っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

*