子供の鼻水が止まらない!原因はなに?対処法はある?

子供,鼻水,止まらない,原因,対処法 子供の鼻水が止まらなくなってしまったとき、
どうしていますか?

鼻水が出てきたからといって、すべてが悪いわけではなく、
鼻水は人間の反応としてとても重要なものです。

しかし、子供の場合には免疫力が大人よりもないため、
不安になりやすいですよね。

そんな時こそ、鼻水が出る原因を知って、
適切な対処法を取れるようにしておきたいですね。

ここでは、子供の鼻水が止まらなくなってしまった時の
原因と対処法についてお話ししていきます!



スポンサーリンク

子供の鼻水が止まらない!

普段、子供と接している人は、こういった経験があると思います。

大人であれば、花粉症であったり、蓄膿症であったり、風邪であったりと、
ある程度は鼻水の原因を特定できます。

しかし、子供の場合は簡単にはわかりません。

それでは、子供の鼻水が止まらなくなってしまった場合に、
どうすればよいのか、その原因と対処法について以下で見ていきましょう。


子供の鼻水の原因は?

最初に、子供の鼻水の原因について見ていきます。

子供鼻水の原因は、大きく分けて2つあります。

1つは、ウイルスに感染して鼻風邪の症状が出るものと、
もう1つは、ダニやほこり、花粉などのアレルギーの原因になるものが侵入して、
鼻水を引き起こすものです。

乳幼児の場合は、鼻の中の空間が大人と比べて狭いため、
少し気温が変わるだけでも鼻水の出る量が増えます。

これらの原因によって、出てくる鼻水の様子も異なります。

以下では、いろいろな鼻水に対してどのように対処すればよいのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク


子供の鼻水への対処法は?

子供の鼻水が止まらない場合、どのような鼻水が出ているかに注目しましょう。

水っぽい透明の鼻水が出ている場合は、アレルギー性の鼻炎の可能性が高いです。
この場合、自然に治る場合が多いですが、ネバネバした鼻水に変わっていくこともあるので、
様子を注意して観察しましょう。

また、部屋の環境を清潔に保つことも自然治癒への重要な対処になります。

ネバネバした少し色がついた鼻水が出てくるようになったら、
透明の鼻水が出ていた時の症状が進行している場合があります。
また、慢性の副鼻腔炎の可能性も考えられます。

お医者さんに診察してもらいましょう。

色が濃くなっていて、ネバネバしている鼻水が出ている場合には、
副鼻腔炎の可能性が高いです。

抗生剤などでの治療が必要になりますので、病院に連れていって治療を受けましょう。

住環境を清潔に保つのが最も基本的な対処法となりますが、
もしも少しでも粘性の鼻水が出てきた場合には、速やかに診察を受けるのが
良い対処法となります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、子供の鼻水が止まらない場合の原因と対処法についてみてきました。

鼻水の色や性質によって、鼻風邪の症状か、アレルギー性鼻炎かをある程度判断できます。

しかし、鼻水が出るということはなんらかの身体の不調を訴えているわけですので、
もしも自分で判断しかねる場合には、専門家の判断を仰ぐのが良いと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

*