坐骨神経痛でお尻が痛い?原因は?ストレッチは効果がある?

坐骨神経痛,お尻,痛い,原因,ストレッチ 生活していていきなりお尻が痛くなり、
立ったり歩くのがつらいと感じることは
ありませんか?

その後、痛みが太ももやふくらはぎ、
すねや足にまで広がってくることがあります。

そうなったら、坐骨神経痛の可能性が高いです。

坐骨神経痛になってしまう原因は何なのでしょうか?
また、その時の対処法は?

ここでは、坐骨神経痛でお尻に痛みがあったときの原因や、
効果的なストレッチについてご紹介します!


スポンサーリンク

坐骨神経痛でお尻が痛くなる!

坐骨神経痛になると、お尻の筋肉が凝ったように感じます。

また、お尻に痛みも感じます。

坐骨神経痛の症状には、お尻の痛みの他にも、腰や太もも、
ふくらはぎ、すねに痛みやしびれが出たり、足に力が入りにくくなったり、
座ったりしゃがんだりするのもつらく感じることがあります。

また、立って歩いたりするのもつらいことがあり、日常生活に支障をきたします。

これらの症状はお尻のあたりの痛みから始まります。


坐骨神経痛でお尻が痛くなる原因は?

なぜ、坐骨神経痛によってお尻が痛くなるのでしょうか?

ここでは、その原因についてみていきましょう。

坐骨神経痛が起きてしまうのは、なんらかの原因で
坐骨神経が圧迫されてしまうからです。

今、なんらかの原因と言いましたが、その原因は主に2つあります。

1つ目は、腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)と呼ばれるものです。

腰部脊柱管狭窄とは、脊柱管と呼ばれる腰のあたりにある、
神経が走っている背骨の隙間部分が狭くなり、
神経が圧迫されてしまっている状態のことです。

2つ目は椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは、椎間板と呼ばれる骨のクッションになっている部分にある、
髄核(ずいかく)が押し出されて神経を圧迫してしまっている状態のことです。

少し専門的になってしまいましたが、両者に共通するのは
「神経が圧迫されている」ことです。

これによってお尻の痛みが引き起こされるのです。

どちらにせよ、原因を特定するためにも整形外科で診てもらった方が良いでしょう。

スポンサーリンク


坐骨神経痛でお尻が痛い時の効果的なストレッチは?

最後に、坐骨神経痛に効くストレッチをご紹介します。

前に説明したように、お尻の痛みは「神経が圧迫される」ことから生じていました。

ではなぜ神経が圧迫されるのでしょうか?

それは、体のどこかにゆがみや緊張があるからですね。

ですから、治し方の基本はこの「ゆがみを直し筋肉の緊張をほぐす」ことです。

言葉では説明が難しいので、私が改善できたストレッチ動画をのせておきますね。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、坐骨神経痛によってお尻が痛くなってしまった時の
原因やストレッチをご紹介しました。

坐骨神経痛になってしまった時は、股関節周りをほぐすことが大事です。

また、日常生活にスクワットなど下半身の運動を取り入れると、
坐骨神経痛をある程度防ぐことができます。

この記事を参考にして、快適な日常生活を送っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

*