犬のこんな症状はもしかしたら夏バテ!?食べない時の対処法は?

犬 夏バテ,犬 夏バテ 症状,犬 夏バテ 食べない,犬 夏バテ 対処法 暑い日が続くと、気持ちを切り替えようとしてもどうしても元気が出ないという日も多いですよね?

まして、外に出るだけで汗が出るような日の犬の散歩となると、いくら愛犬のためであっても、ちょっと億劫になってしまいます。

でも、そんな時こそ注意してみてください!

人間が暑さでぐったりしているということは、体の小さな犬たちにとっては、もっと辛いと感じるかもしれません。

もしも飼っている犬の元気がなく、散歩に連れて行ってもぐったりとしているのなら、それは「夏バテ」かもしれません。


スポンサーリンク

犬の夏バテ解消法を試す前に知っておきたいこと

まず、はじめにその症状が「本当に夏バテが原因なのか」ということをチェックしておかなければいけません。

犬は、人間のように、何か体に気になる症状があったとしても、その症状を言葉で訴えることが出来ません。

そのため、もしかしたら夏バテ以外が原因で症状があらわれている可能性もあります。

犬の夏バテの主な症状には、「食欲がない」「元気がない」「体温が高い」「下痢になる」などがあります。

このような症状が出た場合には、他にも異常がないか注意深く観察する必要があります。

では、このような症状の中でも、特にどんな症状が出た時には、すぐに病院へ連れて行った方が良いのでしょう?

夏バテで一番心配なのは、「きちんと水分補給が出来ているか」という点です。

食欲がなく、しかも水分もほとんどとれていない場合は、脱水症状を引き起こす可能性もあります。

逆に、「あまり食べないが、水分はしっかりととっている」という場合は、食欲がおちているだけの可能性もあります。

ですから、過ごしやすい温度の場所で休ませ、しばらく様子を見てから判断してみるのが良いでしょう。

ただし、体力や抵抗力の低い子犬や老犬の場合は、気になる症状が出たら、早めに病院を受診するようにしてあげましょう。

犬の夏バテで食べない時はどうする?

夏バテでエサをあまり食べてくれない時、試してみたい対処法があります。

●しっかりと水分補給を行う 犬の夏バテでまず初めにやっておきたいのが、十分な水分補給にあります。

人間の場合もそうですが、気温が高くなると熱を体の外に放出する働きが起こります。

人間の場合は、「汗をかく」ことによって体温を下げますが、犬の場合は舌を出して呼吸する「パンティング」を繰り返すことで、体温を下げます。

ただ、パンティングは、かなりのエネルギーを消費します。

パンティングを行ってもうまく体温が下がらない状態が続くと、エネルギーだけが消費されていきますから、体力が落ちてしまい、結果として「夏バテ」の症状を引き起こしやすくなります。

しかもこのパンティングは、大量に水分が身体から放出されます。

そのため、夏バテの症状が出ている時ほど、十分に水分を与えることが大切なのです。

●普段の食事に好きなものをプラスする 普段ドッグフードを食事として出しているという人も、ぜひ試してほしいのがトッピングです。

みなさんも食欲がない時、見た目や匂いに誘われて食が進んだという経験、ありませんか?

実は、犬にもこの方法は効果があるのです。

たとえば、普段のドッグフードに犬の好物をトッピングするというだけでもOk!

匂いに変化がでますから、食欲がなくても食事に興味を持ってくれるようになります。

また、不足しがちな栄養を補助するという意味でも、トッピングは効果があります。

まずは、食事に興味を持ってもらえるようにいつもの食事にひと手間加えてみると、意外と食べてくれますよ。

スポンサーリンク

犬の夏バテ対処法

犬の夏バテ対処法には、もう一つ大切なことがあります。

それは、「様々な方法で体温を下げてあげる」ということです。

●水浴びをさせる 水浴びは、体温を下げる効果が高いため、夏バテ解消にも利用できます。

散歩後に、クールダウンとして水浴びをさせるというのは、夏バテ対処法としても効果があると言われています。

ただし、水浴び後のケアが大切です。

水浴びによって体温は下がりますが、そのままでは雑菌が繁殖しやすく、臭いや皮膚炎の原因にもなってしまいます。

ですが、ドライヤーなどの熱風で乾かしてしまうと、せっかく冷やした体温が再び温められてしまい、その上で熱中症の危険性もでてきます。

ですから、冷風と熱風を交互に使ってみたり、温度を低めに設定するなどの配慮が必要です。

注意しておきたいのは、扇風機です。

水浴び後に扇風機で乾かしてしまうと、体温が下がりすぎてしまう可能性があります。

体温が下がりすぎてしまうと、他の病気を引き起こす可能性が出てきますので、要注意です。

●散歩は日中を避けて行う 毎日の散歩も、涼しい時間帯に行うように心がけてください。

早朝や、日没後など、日差しによる気温の上昇を避けるだけでも、犬にとっては負担が軽くなります。

また、散歩中にクールバンダナをつけてあげるのも、体温を下げる効果としておすすめです。

まとめ

「まさかうちの犬が夏バテ?」と思うかもしれませんが、人間同様、犬だって夏バテになることはあります。

大切なことは、飼い主がきちんと注意をしてあげることです。

「普段よりも食事の量が減った」「大好きな散歩を嫌がるようになった」など、いつもと違った犬の様子に気が付いたら、そのままにせずに、夏バテの可能性も考えて、注意深く様子を観察してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

*