片頭痛をおさえるにはコーヒーが良いって聞くけど効果あるの!?

片頭痛 コーヒー,片頭痛 コーヒー 効果 片頭痛の症状はなんとなく気持ちもイライラしてくるだけに、本当に厄介ですよね?

それだけに、「不快なこの症状が少しでも改善するのなら何でも試してみたい」と考えてしまうのは、当然かもしれません。

そんな片頭痛もちの人の間でよく話題になる、「片頭痛にはコーヒーが効く」という噂ですが、この話がもしも本当だとしたら、手軽にできる良い対処法であることは間違いありませんよね。

でも、本当かどうかが分からないのが、片頭痛とコーヒーの関係です。

そこで今回は、片頭痛とコーヒー、いわゆるカフェインとの関係についてみてみましょう。


スポンサーリンク

片頭痛にコーヒーって本当に効果があるの?

片頭痛とコーヒーの関係を見てみる前に、まず片頭痛が起きる原因について触れておきましょう。

片頭痛が起きる原因で考えられるのは、自律神経の乱れです。

自律神経というのは、ちょっとした体や環境の変化にも反応して乱れてしまう、とてもデリケートなものです。

ですから、食生活が乱れたり、夜更かしをしてしまっても乱れてしまいますし、ストレスが溜まっている時や疲れがたまった状態であっても乱れてしまいます。

このように様々な原因によって乱れてしまった自律神経は、体に様々な症状を引き起こします。

その代表的な症状が、いわゆる片頭痛なのです。

さてこの片頭痛ですが、痛みを発するメカニズムとして、「血管の拡張作用」が関係します。

自律神経の乱れによって血管が広がりますから、そのことによって、片頭痛特有の「ズキズキと脈を打つような痛み」が発生するようです。

●コーヒーはどんな作用があるの? コーヒーには、カフェインが含まれています。

カフェインは、血管に対してある作用をもたらすことが分かっています。

それは、「血管収縮作用」です。

片頭痛は、血管が通常より広がってしまうことにより発生します。

これに対し、コーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮させる作用があります。

そうです!

片頭痛にコーヒーが効くというのは、拡張した血管をカフェインの収縮作用によって緩和されることによって症状の改善に期待できるということだったのです。

片頭痛 コーヒー,片頭痛 コーヒー 効果

じゃあ、たくさんコーヒーを飲んだ方がいいってこと?

いやいや、そうではありません。

片頭痛の対処法としてコーヒーが効果を発揮するためには、適量のカフェインを摂取するということが大切なのです。

頭痛には、片頭痛のように血管を収縮させることによって起きる痛みのほかに、緊張によっておこる、いわゆる一般的な頭痛というものがあります。

カフェインには、血管を収縮させる効果があることはわかりましたが、過剰に摂取すれば、血管の拡張率は激しくなります。

拡張率が激しいければ、それに伴って筋肉も拡張しますから、当然周辺の筋肉にも影響が現れます。

過剰な筋肉への負荷は緊張を生み、新たな頭痛の原因となりえます。

そのため、片頭痛が起きたからといって必要以上にコーヒーを飲めば、症状が治まるどころか、余計に頭痛がひどくなってしまうということにもつながるようです。

カフェインが身体に与える効果というのは体質によって異なるため、一概にはいえませんが、一般的に、1日当たり500mgまでを目安にするのが良いといわれています。

インスタントコーヒー一杯当たりに含まれるカフェインの量は、30~120mgといわれていますから(レギュラーコーヒーは、インスタントコーヒーより若干多め)、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

同じカフェインが含まれる緑茶には効果がないの?

結論から言うと、効果は期待できます。

片頭痛に効果があるのはコーヒーではなく、コーヒーに含まれているカフェインにありますから、同じくカフェインを含んでいる緑茶も、コーヒー同様効果があるようです。

ちなみに、緑茶以外にも、煎茶、紅茶、ウーロン茶などもカフェインが含まれています。

「コーヒーが苦手だけど頭痛対策はしておきたい」という人は、このようなコーヒー以外の飲み物で頭痛対策を行うのもおすすめです。

まとめ

片頭痛の痛みの解消には、コーヒーや緑茶などに含まれているカフェインの効果が期待できる、と言うのがこの噂の真実のようです。

いくら効果があるといっても、やはり飲み過ぎは体に良くありません。

「なんとなく頭痛が起きそうな予感がする」と感じたら、早めに適量のカフェインで予防するのが、一番効果がありそうですよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*