口臭の原因って菌が関係してるの?病気の可能性は?どんな対処法があるの?

口臭,原因,対処法,菌 口臭の原因って菌が関係してるの?
病気の可能性は?どんな対処法があるの?

口臭って人と会う用事がある時などは
とても気になりますよね。

「あれ、口臭がする…」と思ったときは、
すぐに対処すると思います。

しかし、口臭は他人を不快にさせるだけでなく、
自分にとっても大事なのです。

今まで気にならなかった口臭が急に気になるようになったら、
もしかしたら危険のサインかもしれません。

ここでは、口臭の原因として考えられる細菌について、
また病気の可能性、その対処法についてお話しします!



スポンサーリンク

口臭の原因のほとんどは口の中の細菌!

口臭の原因で最も多いものは、口の中の細菌が繁殖することによって起こります。

これにはいくつか原因があります。

1つ目は、口呼吸をしてしまっているために口の中が乾燥し、
その結果細菌が繁殖することによって発生するというものです。

2つ目は、仕事などで長い間ストレスを感じている場合にも口臭が発生しやすくなります。

3つ目ですが、舌の表面が白く、なおかつ磨かないと
口臭の原因菌を繁殖させてしまうことになります。

これらは「生理的口臭」と呼ばれるもので、生活習慣により改善することができます。


口臭の原因として病気が考えられるケース

それでは次に、その他の口臭の原因と考えられるものについてみていきましょう。

これらは病気の可能性があるものです。

鼻の病気の疑いがあったり、大きな虫歯、歯周病などが考えられます。

鼻の病気から鼻づまりが起こると、鼻呼吸ができなくなるため、
どうしても口呼吸になってしまいます。

その結果、口の中が乾燥し、細菌の繁殖につながってしまいます。

また、虫歯があると、欠けた歯に詰まった食べかすが発酵して口臭の原因となります。

歯周病があると、副鼻腔炎や肝臓病を引き起こし、
これが原因となって口臭が強くなることがあります。

スポンサーリンク


口臭の原因に対する対処法は?

最後に、ここまでお話しした口臭の原因に対する対処法についてみていきましょう。

まず口呼吸についてですが、口呼吸は習慣となっている場合が多いので、
鼻呼吸を習慣づけることによって改善することができます。

鼻づまりが起きてしまっている時には病院に行くか
市販の鼻に効く薬を利用して鼻の通りを良くしましょう。

歯磨きも重要です。

自分ではしっかり磨いているつもりでも、意外とちゃんと磨けていない場合も多いです。

虫歯ができやすいという方は、一度歯医者に行って歯磨き指導を受けるとよいと思います。

長期的なストレスを抱えている場合は厄介ですが、一度生活を見直した方がよいかもしれません。

口臭も身体が発している異常のサインですから、見逃さずに向き合うようにすることが、
豊かな人生につながっていくと思います。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、口臭の原因として細菌が関わっているもの、
その時の病気の可能性、対処法についてお話ししてきました。

口臭は多くが生活習慣で防げるものです。

ですから、まずはしっかり歯磨きをしたり、
鼻呼吸を意識することが大切です。

にもかかわらず口臭がある場合には、
病院に行って検査を受けるとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*