保育園の連絡帳!年末の挨拶を書く時の例文をご紹介します!

保育園,保育園 連絡帳,保育園 連絡帳 年末,保育園 連絡帳 年末 挨拶,保育園 連絡帳 年末 挨拶 例文 保育園の業務で一番辛いのは何ですか?

私の周りだと「連絡帳を書くこと!」という人がかなり多かったんです。

日誌は今日あったことを書くだけだし、月案などは頻度が少ない。

でも連絡帳は毎日書かないといけないですし、さらに保護者の方が見るものなので神経を使いますよね。

今回はそんな連絡帳の例文を紹介したいと思います。

年末も近づいているので、年末の挨拶について特にお伝えしていきます。


スポンサーリンク

保育園の連絡帳には何を書いている?

保育園の連絡帳、書くのが大変ですよね。

お昼寝の間、正味1時間あるかどうかなのにクラス全員分を書かないといけません。

他の先生たちと分担するとしても一人当たり5人ほどは書くのではないでしょうか?

1時間で5人となると一人10分。

しかし、このお昼寝の間に制作の準備や掃除、自分たちの昼食なども回さないといけないので大変です。

しかも、寝ない子もたまにいますのでその子への対応で時間を割く必要がある場合もありますよね。

更にお昼寝中は月案の話し合いやほかのクラスとの週案のすり合わせなどの職員会議も入ります。

一人の連絡帳を書く時間は短ければ短いほどありがたいというのが現状です。

しかし、適当なことは書けないですよね。

保護者の方が保育園での子どもの様子を知る唯一の手段と言っても過言ではない連絡帳。

どういう書き方があるのでしょうか?

私がおすすめしたいのは「その子が今日一番輝いていたエピソードを先生目線で語る」というものです。

友達と楽しく砂遊びをしていたのなら

「今日はお友達の○○ちゃんと砂遊びを楽しみました。お互いに顔を見合わせてニコニコしながらお山を作っていましたよ☆楽しそうな姿に私もうれしくなりました!」

等でもいいでしょう。

ポイントは

・その子が具体的に何をしていたか
・ほかの子と関わっていたのならどうかかわっていたのか
・それを見て私(先生)はどう感じたのか。その根拠は?

を入れるといいと思います。

また、子ども自身がかわいい発言をしたときに書き留めるのもイイですよね。

「きょうはお友達の○○ちゃんのお誕生日でした。朝の会でその話をしたところ『今日が生まれた日だなんて素敵だね!』と声をかけてあげていた○○ちゃん。お友達もすごくうれしそうでした。お友達に自分から声を掛けに行く○○ちゃんに成長を感じて、私もうれしくなりました!」等ですね。

関連記事
保育園の連絡帳を書くのが苦手な保育士必見!書き方のポイントは!?
保育園の連絡帳の書き方は難しい!?応用できる例文をご紹介します


保育園の連絡帳!年末の挨拶は?

では年末の挨拶はどう書くのがイイのでしょうか?

年末最後の保育の時に連絡帳に挨拶をかく必要があるのでしょうか?

結果からいうと、挨拶を絶対に書かないといけないというわけではありません。

特に連絡帳のスペースが限られている場合は今日の様子を書くだけでスペースが埋まってしまいます。

しかし、できたら書いた方がイイというのが年末の挨拶なんです。

しっかりと書こうとすると、スペースがすぐに埋まってしまいます。

年末の挨拶は大人同士の挨拶でもありますので簡潔に書きましょう。

しかし、連絡帳はあくまで子どもの様子を伝えるためのものです。

年末の挨拶は口頭で伝えられるといいですよね。

また、クラスの掲示をする場所などにクラス担任一同からということで年末の挨拶を掲示しておくというのもイイでしょう。

忙しくて帰りの時に話す時間が取れない家庭もあります。

そういうときに掲示なら保護者の方に挨拶を伝えることができますよね。

スポンサーリンク

保育園の連絡帳!年末の挨拶の例文

では年末の挨拶を連絡帳に書く場合はどのようなものがイイのでしょうか?

ポイントは連絡帳なので簡潔にということ。

なので一言でも充分です。

「また来年もよろしくお願いします!」

「よいお年をお迎えください」

「また来年、○○ちゃんに会うのを楽しみにしています」

などでいいでしょう。

もしももう少しスペースがあるのなら

「今年はありがとうございました」

「○○組の担任として行き届かない部分があったと思いますが、温かく見守ってくださりありがとうございました」

なども添えるといいでしょう。

ここで大事なのは連絡帳で挨拶を書いたから実際に顔を合わせても挨拶をしなくていい!

というわけではないということです。

実際に顔を合わせたら「今年一年ありがとうございました。良いお年をお迎えください」ときちんと挨拶をしましょう。

子どもにとっても、いつもと違う挨拶をする大人を見るというのはいい経験になると思います。

また、子ども自身も「こういう挨拶をするのか」と学ぶ機会にもなります。

そう考えると、連絡帳の挨拶だけではなく、実際にも挨拶を交わすのが大事だということが分かりますよね☆

関連記事
保育士の書いた連絡帳は子どもと保護者の宝物!喜ばれる書き方とは!?
保育園の連絡帳!初日に保育士が書く時のポイントや例文も!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

連絡帳に年末の挨拶を書くときはどうかこうかと思案すると思います。

できるだけ簡潔に!というのがおすすめの方法です。

連絡帳を書くのは大変だと思いますが、どうぞ頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

*