光が眩しいと感じるのは疲れ目が原因かも!?どのように対処すれば良いの!?

光 眩しい,光 眩しい 疲れ目,光 眩しい 原因,光 眩しい 対処法 建物の外に出た瞬間、外の光が眩しいと感じること、ありませんか?

もしも思い当たるなら、その症状の原因には疲れ目が関係しているかもしれません。

目は、普段の生活の中でもよく使うもの。

それだけに、いつもどおり生活していたとしても、目の疲れを感じることはよくあります。

とはいっても、疲れ目というだけで病院にいくというのも、なかなかできません。

そこで今回は、気になる疲れ目について解説しながら、光を眩しいと感じたときの原因や対処法などについて紹介していきます。


スポンサーリンク

光が眩しいと感じるのは疲れ目が原因?

疲れ目の状態が続いた上に、光が眩しいと感じるときは、次のような病気の可能性が考えられます。

●ドライアイが原因 ドライアイは、目の疲労が慢性化(眼精疲労)しているときに、よく見られる症状の一つです。

■ドライアイで光が眩しいと感じる理由
ドライアイは、涙の分泌量が低下します。

そのため、目の表面が乾いてしまい、光が乱反射します。これが、光を眩しいと感じる原因といわれています。

●白内障が原因 白内障は、水晶体がまだらに濁る病気です。

光が眩しいと感じる以外に、「目がかすむ」「視力が低下する」「視力の低下が急速に進む」などがあります。

■白内障で光が眩しいと感じる理由
白内障は、水晶体がにごることで起きます。

ここで注目しなければいけないのは、水晶体の役割にあります。

水晶体は、ピント調節機能を果たす部分です。これは、カメラのレンズと同じ役割です。

そのため、カメラのレンズと同じように、健康な状態の水晶体は、光をよく通す性質を持っています。

ところが、水晶体がにごってしまうと、目に入ってくる光を屈折することができなくなるため、光を眩しく感じてしまうのです。

疲れ目っていったい何?

疲れ目は、物を見るときに使う目の周りの筋肉の疲労によって起こります。

目の周りの筋肉も、基本的には全身の筋肉疲労と同じメカニズム。

そのため、筋肉の疲労を和らげなければ、症状の改善は期待できません。

●疲れ目と眼精疲労は違う
現れる症状としては似ている「疲れ目」と「眼精疲労」ですが、正しくは、症状の現れ方に違いがあります。

■疲れ目の場合
疲れ目の場合、その症状は一過性のものであるという特徴があります。

そのため、筋肉の疲労を回復すれば、症状も自然に解消されます。

頭痛や肩こりなどの症状が起きることもありますが、睡眠や休息によって症状が改善される場合は、疲れ目と判断してもよいでしょう。

■眼精疲労の場合
眼精疲労の場合、目に表れる症状以外に、頭痛、眼痛、肩こり、自律神経の乱れなど、体のさまざまな部分に不快な症状が現れます。

さらに、この症状は慢性的に繰り返すのが特徴にあるため、症状を引き起こす原因を根本的に改善しない限り、症状改善が難しいといわれています。

スポンサーリンク

光が眩しいと感じたときの対処法は!?

疲れ目によって光が眩しいと感じるときは、次のような対処法を試してみてください。

●サングラスを使う 直接目に入ってくる光の量を減らすことによって、光が眩しいと感じることを軽減することができます。

サングラスには、光の量を調節するだけでなく、紫外線をカットする機能も期待できます。

この場合は、UVカット機能のサングラスを使用するようにしましょう。

●目の疲労回復効果のあるサプリメントを使う 目の疲労回復に効果があると言われている栄養素として、「ビタミンA」「ビタミンB1」「亜鉛」などがあります。

これらの栄養素を、食事のみで摂取するという方法もありますが、すべての栄養素を食事だけで補うのは、かなり難しい面もあります。

そこで、効率よく目の疲労回復に必要な栄養素を摂取するために、サプリメントを使うという方法もあります。

まとめ

目の疲労が原因で光が眩しいと感じる場合は、目の疲労回復をすることが症状改善にもっとも効果があります。

ですが、ドライアイや白内障など、目の疾患によって光が眩しいと感じることもあります。

目の疾患によって光が眩しいと感じる場合は、専門機関による治療を一刻も早く始めることが症状改善につながります。そのまま放置すれば、症状が深刻化するだけでなく、最悪の場合、失明の可能性もあります。

それだけに、目に表れる不快な症状の改善には、症状が現れる原因を調べてみることが何よりも大切になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

*