成長ホルモンを分泌させる方法はある!?分泌量を増やすことって出来るの!?

成長ホルモン,成長ホルモン 分泌,成長ホルモン 分泌 方法,成長ホルモン 増やす 方法,成長ホルモン 分泌 増やす 人間には、様々なホルモンが分泌されています。

その中でも、体が成長する時期によく耳にするホルモンといえば、成長ホルモンがあります。

でも、耳にしたことはあっても、その役割や特徴については、よくわからないという人も多いはず!

そこで今回は、成長ホルモンについて簡単にまとめてみました。



スポンサーリンク

そもそも成長ホルモンって何?

そもそも、成長ホルモンは、どんな働きがあるのでしょうか?

●成長ホルモンは身長を伸ばす働きがある 成長ホルモンが活発に働く時期といえば、幼少期にあたる子どもでしょう。

母親のおなかの中から生まれたばかりの赤ちゃんは、およそ50センチメートル前後の小さな体です。

ところが、1年を迎える頃には、約20㎝も身長は伸び、3歳になると約2倍の身長にまで成長します。

このように、小さな子供の身長が伸びるのに大きく作用するのが、成長ホルモンです。

●成長ホルモンは筋肉などの発達に作用する これも、子供の成長の様子を観察してみると、よくわかります。

身長が伸びるのに従い、体全体の筋肉も発達し、青年期を迎えるまでは活発に働きます。

●成長ホルモンは代謝を促す働きがある 実は成長ホルモンは、大人になっても分泌されます。

そこには、成長ホルモンが持つ「代謝を促す作用」が関係しています。

人間の体の中には、たくさんの物質が存在します。

この物質をうまく体の中に取り込むためには、エネルギーに変えなければいけません。

この働きを、代謝といいます。

そのため、中年期・高齢期になっても、成長ホルモンは分泌され続けます。

■成長ホルモンの3つの代謝作用 成長ホルモンには、3つの代謝作用があります。

★脂肪の代謝
血糖値を高めて、エネルギー消費量を高める効果があります。

★糖質の代謝
脂肪細胞内の中性脂肪を分解する働きがあります。

★ミネラルの代謝
体内のカルシウム・リン・マグネシウムの代謝に作用することで骨の形成を促進します。

成長ホルモンを分泌させる方法って!?

成長ホルモンの分泌は、思春期後期をピークに、なだらかに分泌量が減っていくと言われています。

一般的には、思春期前期と比べてピーク時の思春期後期は、約2倍の成長ホルモンが分泌されるのですが、その後、20代に向けて思春期前期と同じ程度まで分泌量が下がると言われています。

さらに30~40代ではそのおよそ半分にまで減少し、60代になると、約30%まで減少すると言われています。

●成長ホルモンのアンチエイジング効果 成長ホルモンは、老化とともに現れる様々な症状の緩和にも効果が期待できます。

■抜け毛や白髪の防止
男性の場合、成長ホルモンが減少すると、抜け毛が目立つようになったり、白髪が増えたりします。

そのため、成長ホルモンを増やすことによって、これらの老化現象を改善する効果が期待できますね。

■肌の弾力や顔のシワを改善
成長ホルモンが減少すると、肌の弾力が衰えたり、体内の水分が減少することによってしわが出来たりします。

ところが、成長ホルモンを増やすと、これらの症状が改善すると言われています。

成長ホルモンを増やすということは、若返り効果が期待できるということでもあるのです。

スポンサーリンク

成長ホルモンの増やし方ってあるの?

成長ホルモンの増やし方には、正しい生活習慣を続けるということがポイントになります。

●良質のアミノ酸を多く含む食べ物を積極的に摂る 良質のアミノ酸を多く含む食べ物には、「魚」「肉」「卵」などがあります。

日々の食事の中で、これらの食べ物をうまく取り入れていくことも、成長ホルモンを増やすことにつながります。

●質の良い睡眠をとる 睡眠不足というのは、睡眠時間の短さだけが原因ではありません。

睡眠には、「浅い眠り」と「深い眠り」がありますが、日中の疲労や筋肉の修復は、深い眠りの間に行われます。

深い眠りを効率よくとることが出来れば、睡眠時間が短くても、質の良い睡眠がとれているということになります。

■深い眠りを効率よくとるには
浅い眠りと深い眠りが交互に訪れるのが、一般的な睡眠です。

そのため、効率よく深い眠りに入るために、次のようなことに気を付けてみましょう。

・睡眠前に携帯電話やパソコンの画面を見ない
・睡眠の1時間前までに入浴は済ませる
・睡眠前の食事は避ける

●適度な運動 成長ホルモンは、筋肉の疲労または損傷が見られたとき、筋肉を回復させるために分泌が促されます。

筋肉の疲労や損傷は、筋トレや有酸素運動など、軽めの運動でも起こります。

ですから、日頃から適度な運動を続けるということは、成長ホルモンを増やすために大切なポイントとなります。

●ストレスの解消 ストレスがたまった状態は、精神的な不調だけでなく、睡眠不足や食欲の減退などにもつながるため、成長ホルモンの増加に悪影響を及ぼすと考えられています。

ストレスが溜まらない生活を心がけることはもちろんですが、ストレスとの上手な向き合い方を見つけるということも大切になります。

まとめ

成長ホルモンは、規則正しい生活と運動習慣、栄養バランスのとれた食事、質の良い睡眠を心がけることで、分泌が促されます

ただし、忙しい現代人にとって、心がけたくても、なかなかうまくいかないということもあるでしょう。

そんなときは、手間なく簡単に効果が実感できる「成長ホルモンスプレー」というものもあります。

医師の処方箋が必要な成長ホルモン注射と違って手頃なところも魅力なので、興味のある方はこちらも試してみるといいですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

*