女性ホルモンを増やす方法は!?食べ物でも増やせるって聞くけど。

女性ホルモン,女性ホルモン 増やす,女性ホルモン 増やす 方法,女性ホルモン 増やす 食べ物 女性ホルモンは、女性の体調に深く影響を及ぼすホルモンです。

そのため、生理や妊娠など女性特有の体の変化が起こるのも、女性ホルモンと関係がありますし、加齢による更年期障害も、女性ホルモンと深い関わりがあります。

女性の体調不良に様々な影響を及ぼす女性ホルモンですが、実は、ちょっとした生活リズムの乱れや食生活などによっても、変化が起こりやすいことが分かっています。

そこで今回は、女性ホルモンが女性の体に及ぼす影響を知った上で、上手に食べ物で増やす方法について解説していきます。


スポンサーリンク

女性ホルモンを増やす方法とは!?

女性ホルモンが減ると、自律神経が乱れ、思わぬ体調不良を起こします。

そのため、女性ホルモンを増やすには、まず、「正しい生活習慣をとりもどす」ということが大切になります・

●早寝早起きが女性ホルモンを増やす 正しい生活習慣の基本は、「早寝早起き」です。

睡眠によって日中の活動の疲れを回復し、体内時計によって目覚める習慣が身についていると、自律神経の乱れも正しくなってきます。

特に、寝不足や夜型の生活を続けていると、体内時計が乱れてしまいます。

これを取り戻すには、毎朝、太陽の光を浴びるとよいといわれています。

●「睡眠は量より質」で女性ホルモンを増やす 疲労感や睡眠時間の不足が気になると、睡眠時間を増やすことの方に意識が向きがちです。

でも、女性ホルモンを増やすときに必要なのは、睡眠の長さではなく、睡眠の質なのです。

質の良い睡眠がしっかりととれていれば、睡眠時間の長さはあまり関係しません。

しかも、質の良い睡眠とは、「深い睡眠」のことなので、より効率的に深い睡眠に入ることが出来れば、短時間であっても十分な疲労回復効果が得られます。

これによって、自律神経が正常に働くようになり、女性ホルモンが増えます。

●禁煙する タバコは、女性ホルモンを抑制させるだけでなく、血管の収縮を引き起こすことによって、血液の循環が悪くなり、冷えの症状を引き起こします。

また、ビタミン類を破壊するため、肌荒れや髪の老化の原因にもなります。

女性ホルモンを増やす食べ物とは

食べ物の中には、女性ホルモンを増やす働きのあるものも多く存在します。

まずは、日々の食生活の中に、こうした働きのある食べ物を積極的に取り入れるようにすることが、女性ホルモンを増やすきっかけになります。

■大豆製品 女性ホルモンの一つであるエストロゲンとよく似た働きを持っているのが、大豆食品に多く含まれる「イソフラボン」です。

豆腐や味噌、納豆など、和食の定番食材には大豆食品が多いですから、まずは和食中心の食生活に切り替えるところから始めるのがおすすめです。

■卵 卵には、良質のコレステロールが含まれています。

この良質のコレステロールは、女性ホルモンを分泌させるために大切な栄養素です。

さらに、卵には、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素はすべて含まれています。

ですから、毎日のお弁当に卵焼きを入れるだけでも、症状改善に効果が期待できます。

■魚類 女性ホルモンの代謝には、ビタミンB6が必要です。

ビタミンB 6が多く含まれているのが、マグロなどの魚類です。

肉類よりは魚類にする食生活の方が、女性ホルモンを増やすには効果が期待できます。

■間食にはバナナを食べる 実は、バナナも魚類と同じく、ビタミンB6が豊富に含まれる食べ物です。

持ち運びしやすく、しかも手軽に食べることが出来ますから、職場でのランチタイムや間食としてバナナを食べるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンが減るとこんな影響が現れます

女性ホルモンは、自律神経の働きに深い関係があります。

そのため、女性ホルモンが減少することによって、様々な症状が体に現れます。

●自律神経失調症 自律神経の働きがうまく行えなくなることによって、次のような症状が現れます。

■緊張症状 動悸、息切れ、立ちくらみ、イライラする、頭痛、めまい、冷え性、肩こり など

■その他の症状 胃もたれ、便秘、下痢、食慾不振、集中力の低下、無気力状態 など

●更年期障害 閉経の前後10年に起こる体の不調のことを、更年期障害といいます。

更年期障害の症状は多岐にわたっており、症状の度合いも、個人差が強いです。

■主な更年期の症状 ・不正出血や生理不順
・のぼせや多汗症状(ホットフラッシュなど)
・動悸、息切れ
・手足のしびれ
・めまいや耳鳴り
・全身の皮膚がかゆくなる(または乾燥する)
・食欲不振
・ドライアイ
・不眠
・ドライマウス(口内が乾燥する症状)
・太る(または痩せる)
・記憶力の低下
・頻尿、尿漏れ
・白髪
・便秘や下痢
・食欲不振 など

まとめ

女性ホルモンを増やすには、正しい生活習慣と、栄養のバランスが整った食生活が大切だといわれています。

体に必要な栄養素は、できるだけ食べ物から取り入れたいものですが、仕事や家事などで忙しいと、なかなかバランスよくとることが出来ないこともあります。

この場合は、不足しがちな栄養素をサプリで補充しながら栄養のバランスを整えるのも、女性ホルモンを増やすためにはおすすめの方法です。


スポンサーリンク

コメントを残す

*