目の疲れが原因で頭痛になることがあるの!?対処法はある!?

目の疲れ 原因,目の疲れ 原因 頭痛,目の疲れ 原因 対処法 パソコンや読書、細かな作業が続くと、どうしても感じるのが目の疲れです。

目を休めれば症状も改善するでしょうが、忙しい現代社会では、なかなか思い通りにいかないこともあります。

そのため、つい我慢してしまいがちなのが、疲れ目の症状。

でも、この症状を放置していると、頭痛が起き、日常生活に支障が出てしまうこともあります。

そうなる前に知っておきたい、目の疲れの原因や頭痛の対処法について、今回は解説していきます。


スポンサーリンク

目の疲れの原因は!?

目の疲れは、眼の周りにある筋肉の疲労が原因で起こると言われています。

●長時間同じ姿勢で作業を続けたことが原因 パソコンの作業を長時間続ける人は、目の疲れが起こりやすい傾向があります。

これは、眼球を支えている筋肉が、長時間同じ位置のまま、動かずにいることが原因だと考えられます。

●細かな作業を続ける 目の疲れは、パソコン作業以外でも起こります。

たとえば、細かな字が多い本を読み続けていたり、細かな作業を続けていると、ピントを合わせるために使われる筋肉が疲労します。

これも、目の疲れの原因となりえます。

●メガネの度数が合っていない メガネやコンタクトなどは、自分の視力にあったものを使うことによって、目の疲労を最小限に抑えるようにできています。

ところが、視力の低下によって度数の合わないメガネやコンタクトを使うと、ピントを調節するための筋肉が疲労してしまいます。

そのため、これも目の疲れの原因になりえます。

●涙の分泌量が低下する 涙は、眼球を保護するだけでなく、目がスムーズな働きを行うためにも必要なものです。

そのため、涙の分泌量が低下すると、目に負荷がかかります。

目の疲れが原因で起きるの頭痛のタイプ

目が疲労すると、「目が疲れる」「目が重い」など目に表れる症状だけでなく、頭痛の症状を引き起こすこともあります。

●目の疲れによる頭痛 頭痛のタイプには、主に「緊張型頭痛」「群発性頭痛」「片頭痛」の3つがあります。

中でも、目の疲労に関係する頭痛として考えられるのは、緊張型頭痛と片頭痛の2つです。

目の疲れ 原因,目の疲れ 原因 頭痛,目の疲れ 原因 対処法 ■目の疲れによる緊張型頭痛の特徴
緊張型頭痛は、頭が締め付けられるように痛む頭痛です。

その多くは、目の疲労だけでなく、首や肩の筋肉が緊張することによっておこると言われています。

そのため、頭痛以外にも、首や肩に強いコリが現れるのが、特徴として挙げられます。

■目の疲れによる片頭痛
片頭痛の特徴は、頭痛の症状が発作的に起こるところにあります。

痛みの特徴は、脈を打つような強烈な痛みを感じることで、症状によっては吐き気が起きることもあります。

スポンサーリンク

目の疲れが原因の頭痛の対処法は!?

目の疲れとともに頭痛が起きた場合、次のような対処法を試してみてください。

●首や肩を温める 同じ姿勢のまま作業を長時間続けていると、目の疲れだけでなく、首や肩周辺の筋肉が過度の緊張状態となり、これによって血行不良が起こると考えられます。

目は首や肩、背中の筋肉疲労とも関係があり、これらによっても頭痛は起こると考えられています。

その場合は、首や肩周辺の筋肉の緊張をほぐすのがおすすめです。

筋肉の緊張状態は、周辺を温めることによって緩和されると言われています。

そのため、疲労した筋肉をホットパックしてみると、症状の改善に効果が期待できます。

●目を休める 目の酷使は、目の疲れの原因になります。

長時間作業をする必要があるときでも、1時間に1度は目を閉じるようにし、目から入ってくる情報をシャットダウンするようにします。

●目の疲労と頭痛に効果があるツボを押す 目の疲労と頭痛には、「目窓(もくそう)」のツボを刺激すると効果があると言われています。

ちょうど、こめかみの辺りにあるのが目窓なので、目の疲労と頭痛を感じたときの応急処置として覚えておきましょう。

まとめ

目の疲れは、作業などによってのみ起こるものではありません。

日中、目を開けているだけでも、目から入ってくる情報量はすさまじく、それだけでも目の疲労と頭痛を引き起こすこともあります。

症状が深刻になれば、眼精疲労を引き起こし、頭痛以外の症状を引き起こしてしまうこともあります。

ですから、たかが目の疲れと思わずに、早めに対処していくことが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

*