女性ホルモンが多いと男性にどんなメリット・デメリットがあるの!?

女性ホルモン 多い,女性ホルモン 多い 男,女性ホルモン 多い 男 メリット,女性ホルモン 多い 男 デメリット 女性ホルモンは、男女問わず誰もが持っています。

でも、女性の場合は女性ホルモン、男性の場合は男性ホルモンだけが分泌されているというイメージが、なんとなく強いような気がしませんか?

人間なら誰でも持っているけれど、いまいちその働きや効果が分かりづらい女性ホルモン。

今回は、そんな謎の多い女性ホルモンのメリットとデメリットについてまとめてみました。



スポンサーリンク

女性ホルモンとは?

女性ホルモンは、脳の指令によって分泌されるホルモンです。

種類は、エストロゲンと呼ばれる「卵胞ホルモン」と、プログステロンと呼ばれる「黄体ホルモン」の2種類があり、「大脳」によって分泌が指令されます。

●女性ホルモンって女性にだけ分泌されるの? 女性ホルモンというと、女性特有の様々な症状と深く関わりがあるホルモンでもあるため、「女性にだけ分泌されるホルモン」というイメージが強いかもしれません。

でも、実際には、性別問わず分泌されるのが女性ホルモンです。

●どうして男性の方が女性ホルモンの分泌が少ないの? 女性ホルモンは、男性よりも女性の方がはるかに多く分泌されます。

それは、女性ホルモンが、卵巣と副腎から分泌されているという点が関係しています。

副腎からも、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは分泌されますが、卵巣で分泌される量と比べると少量です。

当たり前のことですが、男性には卵巣が存在しません。

そのこともあり、男性は、女性と比べると、女性ホルモンの量が少ないということなのです。

●どうして男性でも女性ホルモンに注目しなければいけないの? 男性らしさを形成するために必要なホルモンが、男性ホルモン。

これに対し、女性らしさを形成するために必要なホルモンが、女性ホルモンです。

となれば、男性には女性ホルモンは不要なのではないかと思いがちですが、実際にはそうではありません。

■女性ホルモンは髪の毛を増やす効果がある 男性に比べて、女性の方が髪の毛が伸びるスピードが速いのですが、これは、女性ホルモンの働きのおかげでもあります。

2種類ある女性ホルモンのうち、特に「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンは、育毛に良い成分といわれています。

そのため、女性ホルモンが活発な女性は、髪が伸びる速度が速いのです。

★閉経後は女性も髪が伸びにくくなる 閉経後は、女性の「女性ホルモンの量」も、男性同様少なくなります。

そのため、女性であっても更年期を過ぎると、髪が伸びにくくなったり、抜け毛が目立つようになります。

スポンサーリンク

女性ホルモンが多い男性のメリット・デメリット

男性は、女性と比べて「女性ホルモン」の量は少ないです。

ですが、男性にとっても、女性ホルモンは大切なホルモンです。

●男性における女性ホルモンのメリット 男性の場合、女性ホルモンが多いと、髪が生えやすくなります。

さらに育毛作用もありますから、抜け毛に悩むケースが少なくなります。

また、全身を多く体毛も、女性ホルモンが多い男性は薄い(少ない)傾向にあります。

■女性ホルモンが多く分泌される時期 男性の場合、思春期前期~後期にかけて、最も女性ホルモンの分泌が多いといわれています。

これは、中年女性と同程度の量だといいます。

●男性における女性ホルモンのデメリット 一般的には、男性ホルモンの方が女性ホルモンと比べて多く分泌される男性ですが、このバランスが逆転すると、こんなデメリットが見られるようになります。

■闘争心がなくなる 男性ホルモンには、闘争心を高める作用があります。

このバランスが逆転すると、男性であっても闘争心があまりわかなくなります。

■ふっくらした体つきになる 女性ホルモンには、身体に丸みをつける作用があります。これに対して、男性ホルモンには、体内脂肪を抑える作用があります。

■草食系男子になる 男性ホルモンが強いと、性欲が高まります。

そのため、男性なのに女性ホルモンの量が男性ホルモンを上回ると、性欲が低くなります。

まとめ

男性であっても、女性ホルモンは分泌されます。

この分泌量は個人差も関係しますが、男性の場合は、女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が多く分泌されます。

いずれにしても、男性ホルモンと女性ホルモンは、バランスが大切だといわれています。

そのため、どちらの分泌量が多いかによって、それぞれの持つ特徴が表面に現れやすくなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

*