目に赤い線が見える!なかなか消えないんだけど原因はなに!?

目 赤い線,目 赤い線 見える,目 赤い線 消えない,目 赤い線 原因 目のトラブルには、様々なものがあります。

そうはいっても、忙しい毎日を過ごしていると、よほどの違和感でなければ、なかなか病院を受診するタイミングが取れないという人も多いのでは?

でも、目は、日常生活の中でとても大切な部分です。

ちょっとした違和感と思っていたつもりが、思わぬ眼病の原因となることもあります。

そこで今回は、目に赤い線が見えるようになってなかなか消えない原因を解説します。


スポンサーリンク

目に赤い線が見える時の原因は!?

目に現れる赤い線といえば、目の充血が疑われます。

こうした症状が現れるのは、白目の一部に現れることが多いのですが、場合によっては、白め全体が赤くなることもあります。

いずれも、目の充血が疑われます。

白目の充血は、医学的には「結膜下出血」といいます。

●目の充血はどうして起こる? 目の充血は、白目の中にある血管が、何らかの理由によって、血管からほんの少し出血したことが原因であらわれます。

白目の血管は、正常状態であっても、存在します。

ただし、正常な状態であれば、見た目で赤い線が確認できるほど血管が膨張することはありません。

そのため、こうした症状が現れると、驚いてしまう人も多いかもしれません。

■目の赤い線が出来る原因は 目に赤い線が現れるときには、次のようなことが原因であることが考えられます。

★目に異物が入る 何らかの原因によって、目にゴミなどの異物が入ることがありますよね?

この時に、思わず、手でこすってしまったりしませんか?

実は、「目に異物が入る→手でこする」という一連の流れが、目に赤い線を作ってしまう原因にあるといえます。

眼球に異物が入り、その部分を手でこすりつけてしまうわけですから、そのことによって、白目の血管が傷つきます。

これは、よくある充血の原因でもあります。

★眼精疲労 目に過度な負担がかかると、眼精疲労を起こすこともあります。

こうなると、血管も膨張し、目に赤い線が現れるようになります。

パソコンやスマホの画面を長時間見ている以外にも、コンタクトレンズを長時間装着することによっても、目の疲労は起こりますので、赤い線の原因となる場合もあります。

★ストレス ストレスによっても、白目に赤い線が現れることがあります。

★寝不足 白目にも無数の血管があるので、睡眠不足によって血液の流れが悪くなると、上手く酸素が循環できず、酸欠状態に陥ってしまいます。

この状態を改善するために、身体は、全身の血流量を増やします。

そうなると、白目に張り巡らされている細い血管にも、通常以上の血液が流れますので、血管が太くなり、赤い線が現れるようになります。

スポンサーリンク

目の赤い線が消えない時の原因は!?

基本的に、白目に赤い線が出来る症状は、1~2週間程度で、自然に解消されます。

ただし、中には、1か月程度症状が続く場合もあります。

その場合も、出血した血液が眼球内部に入ることはありません。

とはいえ、なかなか症状が解消されない場合は、次のようなことが原因で起こっている可能性もあります。

●急性出血性結膜炎 急性出血性結膜炎は、アポロ病とも言われています。

エンテロウイルス70型に感染したことによって、起こるといわれています。

●流行性角結膜炎 流行性角結膜炎は、はやり目とも言われています。

主に、アデノウイルス8型が原因で起こるといわれていますが、8型以外のアデノウイルスでも発症することがあります。

●内科的な異常 場合によっては、貧血や紫斑病などのような内科的な疾患によって症状が現れることがあります。

この場合は、原因となっている内科的な疾患の完治が、症状改善の条件となります。

まとめ

目に赤い線が出ても、基本的には自然に症状が改善するものです。

ただし、赤い線以外に、「異物感がある」「眼痛がある」「ひどい充血が見られる」などの場合は、一般的な充血が原因ではない可能性もあります。

気になる症状がらわれた場合は、できるだけ速やかに専門機関を受診するのが、症状を早めに解消するためのポイントといえます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*