クーラー病ってどんな症状が出るの!?治し方や対策はある!?

クーラー病 症状,クーラー病 治し方,クーラー病 対策 最近の夏の気温は異常な暑さです。

適切にクーラーを使うことは健康的ですが、暑いからといって設定温度を低くし過ぎると体調を崩してしまうことがあります。

クーラーの温度を低く設定した場合、外から室内に入ったとき気持ちいいと感じますが、その中に長時間いると、なんだか体がだるいあるいは体調がすぐれないといった経験はありませんか?

もしかしたらその症状、クーラー病になっているかもしれません。


スポンサーリンク

クーラー病ってどんな症状が出るの!?

一般的にクーラー病と言われていますが一体どのようなものでしょうか?

クーラー病とは、夏の暑い時間帯にクーラーをかけることによって室内温度と外気温との差が、5℃以上あるところを出たり入ったりすることで、自律神経が乱れてしまい体に不調が起こることをいいます。

ここで体温について少しお話しすると、人には体温を一定に保つ機能が備わっています。

脳はホルモン系や体性神経系、そして自律神経においてそれぞれ命令を出し体温を調整しています。

体温を一定に保つために大いに役に立っているのが自律神経です。

主に発汗や血管の拡張、収縮を促す役割を担っており、先ほど言ったように5℃以上の温度差がある場所を頻繁に行き来しているうちに自律神経が乱れてしまう事があると言われています。

体が冷えることで代謝が落ち、体の老廃物や疲労物質ををうまく排出できなくなって、肌荒れや体のむくみ、ひどい疲れやだるさが出ることがあると言われています。

血流などの乱れによって頭痛なども引き起こされると言われていますし、下痢や便秘などの内臓の不調も起こると言われています。

クーラー病の治し方は!?

クーラー病は人知れずつらいモノです。

そこでクーラー病の治し方ですが、エアコンの風が直接当たる場所をさけ、設定温度を下げすぎないようにしてなるべく体を冷やさないようにする事が良いと言われています。

しかし案外難しいものですよね。

たとえば銀行の窓口業務の場合、クーラーの風が直接当たるので場所を移動させてほしいと頼んでも難しいでしょうし、室内温度をもっと上げてほしいと要望を出してもなかなか対応してもらうことは出来ないでしょう。

ではどうすればよいのかということになります。

まず、外に出ると暑いからといって、冷たい飲み物や食べ物をとりすぎないように気を付けて、内臓になるべく負担をかけないようにする。

暑い日の仕事帰りに冷たいビールを飲むのは最高ですし、アイスを食べるのも美味しいですよね。

しかしこれらを食べ過ぎるたり飲み過ぎると内臓に負担がかかり、栄養の消化吸収を悪くする原因になりますし、血行不良になり老廃物を溜め込んでしまうなどマイナス面が多く出てしまう可能性があります。

一日同じような体制で仕事をしている方も、もともと血流がおさえられていることから、クーラー病になりやすいと言われています。

そこでそのような方は軽い運動をしてみて下さい。

時間は10分足らずでも良いので、ラジオ体操のような簡単にできる運動でも効果は期待できます。

何故運動をすると良いのか、運動をすることにより血行がよくなり、身体を内側から温めることが期待できます。

また、自律神経の働きを活発にさせ、身体の熱をコントロールさせる機能を高めることも期待できます。

暑い夏はどうしてもシャワーだけという方も多くいます。

しかし、シャワーだけでは体を温めることは難しいですよね。

そこで、38℃位の少しぬるめのお風呂に、長めにつかることで冷えた体を芯から温める事で、乱れた自律神経を整える効果が期待できます。

また、冷えから新陳代謝が衰え肌荒れの原因などにもつながりますので、女性の方は特に湯船につかる事を意識してみて下さい。

スポンサーリンク

クーラー病の対策は!?

冷えすぎたオフィスは身体によくないと分かっていても接客業の場合などは、お客様を第一に考えますので仕方がないことです。

そこで、ブランケットやひざ掛けなどでお腹を温めることで、体の冷えをおさえるようにしましょう。

また、最近ではお洒落な腹巻が売られていますので利用してみるのも対策の一つです。

お腹同様、あまり冷やさないほうが良い場所として首や手、足などがあります。

特に首には重要な神経や太い血管が通っているので、スカーフなどで首を温めると、身体の冷えをおさえる効果が期待できます。

まとめ

クーラー病は現代病とも言われています。

クーラーで身体を冷やし過ぎると頭痛や肩こり、食欲不振、足腰の冷えなどの症状がおきやすくなると言われています。

そこで、クーラー病を予防、改善するためには体を冷やし過ぎないよう意識することが大切です。

また、夏場に体を冷やし過ぎると冬場に体調を崩しやすくなるとも言われますし、冬の寒さに対応できない体になることがあるとも言われますので注意するようにして下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

*