巻き爪には切り方に注意が必要!?治療するにはどんな方法があるの!?

巻き爪,巻き爪 切り方,巻き爪 治療,巻き爪 治療 方法 巻き爪って、本当に痛くてつらいですよね?

爪が伸びてくると、その分、肉の部分への巻き込みもひどくなりますから、「歩くのもイヤ」という人も多いのではないでしょうか?

でも、巻き爪の治療となると、結構ハードルが高いものです。

たとえば風邪や何か別の病気だったら休暇も取りやすいのですが、さすがに「巻き爪の治療のために仕事休ませてください」というのは、受理されるどころか叱られて終わってしまいそうです。

それでもつらいのが、巻き爪です。

そこで今回は、「巻き爪の痛みを少しでも解消するための切り方と治療方法」について取り上げてみます。


スポンサーリンク

巻き爪の切り方や治療方法は!?

巻き爪は、爪が短いと、肉部分への爪の食い込みも少ないですから、比較的そのまま放置してしまうということも多いものです。

でも、厄介なのは、「進行した状態ではなかなか治しにくいし痛みが強くなる」という点です。

さらに、巻き爪になると、爪を切りたくても、切りにくいという問題があります。

そこで、痛い巻き爪の切り方と治療方法についてまとめておきましょう。

●巻き爪の正しい切り方 基本的に、巻き爪は切るほどに症状はひどくなります。

ただし、正しく切れば痛みを軽減する効果があります。

ところが、巻き爪の場合、固くて爪が挟みにくいという点が問題になります。

そこで、巻き爪を切る時におすすめなのが、「ニッパー型爪切り」です。

ニッパー型爪切りは看護の現場でも使われているタイプで、巻き爪のように厚くなってしまった爪を切るのに便利な爪きりです。

ニッパー型爪切りを使った切り方としては、「スクエアカット」がおすすめです。

これは、爪のカーブに合わせてカットするのではなく、指の向きと垂直になるようにまっすぐに切る方法です。

この時、少しずつカットしていくことがポイントです。

こうすることによって、手間はかかりますが、巻き爪であってもきちんと切ることが出来ます。

全体の長さが整ったら、最後に両端をやすりで削って滑らかにすれば完成です。

●巻き爪の治療方法は? 巻き爪といっても、症状やタイプによって治し方も治療方法も異なります。

ただし、深刻な場合、皮膚や爪の内部に炎症または化膿が起きてしまうこともありますから、きちんと治すのであれば、専門医の指導の下で治療を行うのがおすすめです。

巻き爪は、皮膚科、外科、形成外科、美容外科が専門になります。

■軽度の場合 基本的には、痛み止めや抗生物質の内服薬、外用薬を使用し、症状を改善します。

■炎症を起こしている場合 症状のレベルと関係なく炎症を起こしている場合は、「爪の部分切除」が必要になります。

この場合、保険が適用されます。

■中度の場合 中度の場合、フェノール法、プレート法、ワイヤー法などがあります。

ワイヤー法には、VHO法やマチワイヤー法のほかにもいくつか種類があります。

これらの治療は、保険が適用されるものと、保険適用外があり、効果やデメリットもそれぞれです。

そのため、症状や希望に合わせて治療方法が選択されます。

■重度の場合 巻き爪を含めた爪全体(爪母)を、すべて取り除く「爪母全切除法」が行われます。

これによって巻き爪は解消されますが、爪は二度と生えてきません。

スポンサーリンク

巻き爪を予防するには!?

巻き爪は、サイズの合わない靴やヒールなど、足の指に強い圧迫がかかる靴を履くと出来やすいといわれています。

ですが、できやすい原因には、もう一つあります。

それが、「深爪」だと言われています。

深爪は、簡単に言えば、「切ってはいけない部分の皮膚を切ってしまった状態」です。

というのも、爪は、皮膚の一部です。

皮膚にも4つの構造があるのですが、その一番外側にある表皮の角質が固くなったことによってできているのが、爪です。

ですから、爪を切るといっても、「いわゆる爪といわれる部分」と「爪先」があり、「爪先」以外を切ってしまうと、深爪になってしまいます。

●深爪を避けるための目印 爪には、様々な組織があります。

「いわゆる爪といわれる部分」は、正しくは「爪甲」といいます。

この爪甲の先端にある部分が、「爪先」と呼ばれる部分で、白っぽい色をしています。

爪甲と爪先の間には、はっきりとした色の違いがあります。

この部分は、「黄線」といって、爪甲が「爪床」と呼ばれる爪の土台部分から離れないように固定する役割があります。

ですから、この「黄線」よりも深く爪を切ってしまえば、指の肉部分を傷つけてしまうことになり、深爪の状態とも言います。

そのため深爪を避けるためには、「黄線を超えない」ということが大切です。

まとめ

巻き爪は、一度なってしまうと、きちんとしたケアや定期的な手入れをしながら治療をしなければならない上に、痛みが強くつらいものです。

ですが、手入れや適切な治療を受ければ、きちんと治すこともできますし、予防することも可能です。

ですから、痛みを我慢する必要はないんです!

「見た目のことだから」と諦めて痛みを我慢するのではなく、思い切って専門医の治療を受けてみてください。

もしかしたら、あなたが想像しているよりも、ずっと簡単に巻き爪が治るかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*