ヨガにはどれ位種類があるの!?効果や選び方のポイントを教えて!

ヨガ,種類,効果,選び方 ヨガを体験したことがない人が持つヨガのイメージといえば、「なんとなく健康に良さそう」「ゆっくりとした動きでだれでも出来そう」「ダイエットに効果がありそう」など、本当に漠然としたイメージしか浮かんでこなかったりしませんか?

でも、それって、間違っていないと思うのです。

実は、ヨガには相当な種類があり、その分効果もそれぞれ違います。

まして、ゆっくりした動きだけかと思ったら、動きが激しく、上級者であっても難しいといわれるヨガまであるのです。

だから、ヨガをやったことがなければよくわからないと答えても無理のないことなのです。

ところが、そんなヨガの持つ不思議な効果にはまってしまう人が増えています。

ですから今後、友人やママ友同士の会話に、突然ヨガの話題が上がってくることも出てくるかもしれません。

そんな時に慌てないためにも、今日は、ヨガについて調べてみましょう。


スポンサーリンク

ヨガの種類

ヨガといえば、身体だけでなく心や精神にも効果があるといわれています。

でも、ヨガの初心者にその一つひとつを説明しても、理解しづらい部分が多いのもわかります。

そこで、わかりやすくするために、初心者でもできるヨガの中から「汗をかかないヨガ」「適度に汗をかくヨガ」の2つに分けて説明してみましょう。

●汗をかかないヨガ 汗をかかないヨガの基本は、瞑想や神への祈など、精神性の高いヨガが中心といえます。

そのため、動きに注視するのではなく、自己や自然、宇宙・神といった壮大なスケールの世界に目を向けることが求められます。

■マントラヨガ マントラを唱えたり歌うことによって、悟りを得ることを目的としたヨガです。

日本の真言宗とも深い関わりがあるといわれています。

■パクティヨガ 祈りや崇拝、儀式を通じて、神への純真な信愛を貫くことを目的としたヨガです。

具体的なポーズをとるものではないのですが、非常に厳粛で崇高な雰囲気を味わうことができると言われています。

■ラージャヨガ 「古典ヨガ」または「瞑想ヨガ」とも呼ばれています。

心をコントロールし、欲望や執着を手放すことを目的としたヨガです。

大きな動きやポーズはせず、蓮華座になって瞑想するタイプのヨガです。

■カルマヨガ マザーテレサも実践していたといわれるヨガです。

●適度に汗をかくヨガ 初心者から高齢者まで、年齢も経験も問わず楽しむことが出来る、一般的なヨガのスタイルです。

エクササイズの要素が含まれたものや、呼吸法を意識したものまでありますから、それぞれのヨガで得られる効果も多岐にわたります。

■ハタヨガ 姿勢と呼吸法を中心としたスタイルが特徴なのが、ハタヨガです。

ハタヨガは、「ヨガの元祖」とも言われています。

そのため、現在広く知られている多くのヨガのポーズは、ハタヨガのポーズの一部であることも多いと言われています。

■シバナンダヨガ ポーズだけでなく、瞑想や呼吸法など様々な要素を重視することで、心と身体のバランス感覚を取り戻すことを目的としたのが、シバナンダヨガです。

普段の生活の中に取り入れることが出来るため、現代人にとっておすすめのヨガといえます。

■アートオブリビングヨガ ヨガの呼吸法や瞑想を深く学びたい人におすすめなのが、アートオブリビングヨガです。

アートオブリビングヨガの呼吸法は、ストレス低減効果や集中力の向上に効果があるといわれており、日常生活に取り入れることによって、平穏な心と健康な体を作ることが出来るといいます。

■マタニティヨガ 妊婦に特化しているのが大きな特徴で、ゆっくりとした動きでありながら有酸素運動を行うことによって、妊娠中に起こりやすいトラブルのケアや、出産時の体力や呼吸法を身につける効果が期待できるのがマタニティヨガです。

スポンサーリンク

ヨガの効果に注目した選び方

ヨガは、自分の体調や精神状態に効果があるものを選ぶことが選び方のポイントにあります。

今回は、気になる体や心の不調に効果が期待できるヨガのポーズを、まとめて紹介してみました。

●ストレス解消に効果があると言われているヨガのポーズ
■スカーサナ ストレス解消のほか、脳を休める効果があります。

ただし、膝のストレッチ効果が強く現れる為、膝に故障がある場合は避けてください。

■バダングシュターサナ 不安の軽減や肝臓・腎臓の活性化、消化機能の改善、更年期障害の症状緩和、頭痛、不眠症の症状緩和に効果があります。

足の親指をつかむポーズなので、どこでも簡単にできるところが初心者であってもうれしい点です。

■バラーサナ 子どもが小さくなって床に眠っているようなイメージのポーズなのですが、足首や太もも、股の関節などにもストレッチ効果も期待できるのでおすすめです。

■アンジャリ・ムドラー 座禅を組んで合掌したポーズなので、「合掌のムドラー」とも言われています。

不安やストレスの軽減、脳や心に開放感が生まれると言われています。

仏教になじみのある日本人には、見ただけでもわかりやすいポーズです。

●不眠症に効果が期待できるヨガのポーズ
■スプタ・ヴィラ―サナ 不眠のほかにも、関節炎、喘息、頭痛、高血圧、胃酸過多、呼吸器系の疾患、坐骨神経痛、動脈瘤にも効果が期待できます。

ただし、背中・膝・足首に問題がある場合は、十分な注意が必要です。
●他にも、効果だけでこんなにある! あまりにも種類がありすぎて、ポーズをそれぞれ紹介していくのはとてもじゃないけど無理!

そこで、ヨガで効果が期待できる例だけ、最後まで挙げてみます。

・背中のストレッチ効果が高いヨガ
・体のバランス感覚を高めてくれるストレッチ系のヨガ
・足全体のストレッチに効果があるヨガ
・背中の筋肉の強化に効果が高いヨガ
・ウエストのシェイプアップに効果があるヨガ
・リフレッシュ効果が期待できるヨガ
・腰痛に効果があるヨガ
・消化機能を回復させるヨガ
・姿勢を正しくする効果があるヨガ
・便秘や下痢の解消に効果があるヨガ
・生理中の様々な症状の改善に効果があるヨガ
・むくみに効果があるヨガ  など

まとめ

ヨガは、あまりにも多くの種類があるために、どれが自分に合っているのかを見つけるのが大変です。

でも、種類が豊富だからこそ、どんな悩みを抱えていても、自分に合ったヨガが見つかる可能性が高いという点がメリットにあります。

初心者でも無理せず始められるというところもヨガの特徴ですから、興味のある人は、ぜひ直接ヨガ教室をのぞいてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

*