全身のかゆみや湿疹の原因はストレスが関係してるってホント!?

全身,かゆみ,湿疹,原因,ストレス 空気が乾燥する時期になると、肌荒れやかゆみ、湿疹などが現れることがあります。

そのため、乾燥注意報が出る季節は、入念に保湿ケアをしてできるだけ肌にトラブルが出ないように気を付ける人も多いはずです。

でも、乾燥が原因というわけではないのに、全身にかゆみや湿疹が出ることがあります。

そんな時に注意したいのが、「ストレスが原因で起こる肌トラブル」です。


スポンサーリンク

全身のかゆみや湿疹の原因がストレスにある理由

ストレス社会といわれている現代社会では、ストレスを感じることなく日々を過ごすというのは本当に難しい話です。

そのため、普段とは違う症状が身体に現れたとしても、その原因がストレスにあるのではないかとすぐに考える人は、それほど多くないかもしれません。

ところが、ストレスというのは、無自覚のうちに体に様々な悪影響を及ぼしていくのが怖いところです。

●ストレスは自律神経のバランスを乱す
ストレスについて調べてみると、よく「自律神経」という言葉をよく耳にします。

この自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」によって構成されていると言われています。

本来、この2つの神経は異なる作用を持っているのですが、互いにうまく関係しあい、バランスをとりながら存在しています。

なかでも交感神経は、ストレスに対する対応にとても深く関係していると言われています。

基本的に交感神経と副交感神経は、それぞれ活発に活動するタイミングが違います。

日中の活動時間やストレスに直面している時は交感神経が働き、睡眠中やリラックスした状態の時は副交感神経が働きます。

ということは、ストレスが過度にかかっている状態となると、交感神経がオーバーヒートを起こすかもしれない危険な状態にあるといえます。

本来は、この危険な状態を何とか回避するために副交感神経の活動が活発になるため、身体への負担が自然と軽減されるようになっていますが、バランスを乱してしまっていますから、脳はこれをコントロールすることが出来ず、身体の至る所で不具合が起こってしまいます。

その症状の一つが、全身に現れるかゆみや湿疹につながっているというわけです。

スポンサーリンク

全身のかゆみや湿疹にはストレスによるヒスタミンが関係している

ストレスが自律神経を乱すことによって、身体に様々な症状が現れるということはわかりましたが、直接どのような状況がかゆみや湿疹の原因となっているのかは、この説明だけではよくわかりません。

そこで、もう少し詳しく説明してみます。

●ヒスタミンがかゆみを起こす
身体がストレスを感じると、体内では様々な物質が分泌され、何とかそのストレスに対抗しようと活動を始めます。

その一つが、「ヒスタミン」です。

このヒスタミンは、外的な刺激から肌や体を守るための働きをするので、正常に働いている場合には非常にありがたい存在です。

ところが、この分泌量がストレスによって急激に増えてしまうと、一気にその働きが活発化してしまうわけですから、外的な刺激に過剰に反応してしまいます。

簡単に説明すると、本来であれば外敵にならない刺激であっても敵と認識してしまい、身体を守るためにヒスタミンはその敵と戦い始めてしまうため、その戦いの過程でかゆみや湿疹が起きてしまうというわけなのです。

●ヒスタミンはこんなことでも増えてしまう
外的な刺激というものには、シャンプーや入浴で使う石鹸なども含まれます。

何しろ、肌にトラブルが現れるということは、肌は乾燥状態にあるということです。

乾燥している肌では、外的な刺激に対するバリア機能が下がっています。

そこへ、シャンプーや石鹸によって残っているバリア機能もろともすべて洗い流そうとしてしまっているのですから、身体や皮膚を守る役割があるヒスタミンとしては黙ってはいられません。

そのため、数を増やして何とか戦おうとするわけなのです。


ストレスが原因のかゆみや湿疹は全身に現れるのが特徴

外的刺激を感じることによって、体内のヒスタミンの活動が活発になるのですから、かゆみや湿疹が現れる場所も、これらの刺激を受ける部分ということになります。

そのため、顔や首など皮膚が弱い部分はもちろんですが、腕や足、ウエストやデリケートゾーンなど、全身のどの部分でも症状が現れるのが特徴です。

空気の乾燥やアレルギーが原因ではないのに、全身に痒みや湿疹の症状が現れるのであれば、まずはストレスの可能性を疑ってみるのが良いかもしれません。


まとめ

ヒスタミンの過剰分泌による全身のかゆみや湿疹は、腸内環境を整えたり、血行を良くすることによって症状の改善が期待できると言われています。

特にストレスによる諸症状の改善には、お風呂が良いといわれています。

ゆっくりと身体を温めることによって血行が良くなり、適度に汗をかくことによってリラックス効果が高まります。

ただし、入浴後は肌が乾燥しやすい状態でもありますから、水分の補給と十分な保湿ケアを忘れずに行いましょうね。


スポンサーリンク

コメントを残す

*