顔や頭皮の多汗症は何が原因なの!?どんな治療法や対策があるの!?

顔,頭皮,多汗症,原因,治療法,対策 多汗症は、漢字で見てもわかるように、
「多くの汗をかく症状」のことを言います。


ですが、汗をかきやすい「ただの汗かき」と
「多汗症」は、どうも違いがあるようです。


そこで今回は、「顔や頭皮の多汗症」について注目し、
その原因や治療法、対策について紹介していきましょう。




スポンサーリンク

そもそも多汗症って何が原因なの?

多汗症の症状で悩む人の中には、顔や頭皮だけでなく、
さまざまな部分に現れる症状で悩む人がいます。

●多汗症ってどんな症状のことなの? 多汗症には、「全身多汗症」と「局所多汗症」の2つがあります。

■全身多汗症とは?
全身多汗症は、多汗症の中でも約1割程度しかいないといわれていますが、
漢字でもわかるように、全身に大量の汗をかくというのが特徴です。
この全身多汗症の原因ですが、明確な原因はいまだ判明されていません。

全身多汗症には、さまざまな要因が症状発祥に関係があると考えられているのですが、
それらの何が強く影響を及ぼしているのかを判断するのはきわめて難しいため、
根本的な治療法が見つかっていません。

主に考えられる原因としては、「ストレス」「肥満」「糖尿病」「リウマチ」
「甲状腺機能亢進症」「副腎腫瘍」「自律神経失調症」「結核」「更年期障害」
などさまざまです。

■局所多汗症とは?
局所多汗症は、体の特定の部分のみ大量に汗をかくのが特徴です。
汗をかく部分は一箇所とは限らず、複数個所で症状が見られる場合は、
ほぼ同時に汗をかくというケースも珍しくありません。

基本的に全身のどの部分でも症状は起こりやすいのですが、
汗腺が集中する部位の場合は、特に症状が出やすいといわれています。
顔や頭皮のみに大量の汗をかくという症状は、この局所多汗症であると考えられます。

●局所多汗症の種類 体の一部分に大量の汗をかく局所多汗症は、
症状が出る部位によって種類が分けられています。

■手のひらに現れる場合
手掌(しゅしょう)多汗症といいます。

■足の裏に現れる場合
足蹠(そくしょ)多汗症といいます。

■頭に現れる場合
頭部多汗症といいます。

■顔に表れる場合
顔面多汗症といいます。

関連記事
手の多汗症は何が原因なの?治療や改善方法はあるの!?

●顔や頭皮の多汗症は何が原因なの? 顔や頭皮に現れる多汗症の原因は、交感神経と副交感神経のバランスが
何らかの影響によって乱れ、交感神経が過敏に反応することが原因で
起きると考えられています。

また、顔や頭皮に起きる多汗症の場合、強いストレスを感じることによって
汗が大量に出やすいという特徴があります。
特に、人前に出て極度に緊張をしたり、仕事でミスをして動揺したときなど、
急激なストレスがかかると症状が出やすいといわれています。


スポンサーリンク


顔や頭皮の多汗症の治療法や対策は?

顔や頭皮の多汗症の場合、それぞれに特徴や気をつけたいポイントがあります。

●顔の多汗症の場合 熱さを感じるわけでもないのに、顔に大量の汗をかくため、
「不潔な印象を与えるのではないか」という心理的なストレスに悩む人が多いようです。

女性の場合は、「化粧崩れが気になる」「おしゃれがしにくい」などの
悩みを訴える人が多いです。

顔の多汗症の場合は、精神的なストレスが要因となって起こることが
多いといわれていますが、気温や食事などによっても起きることがあります。

顔に表れる多汗症は、症状が目に見えやすいため、他人から見られる印象に
強いストレスを感じ、さらに症状が誘発されるということも少なくありません。

■治療法や対策は?
肌トラブルの原因になりやすいため、顔に対する多汗症の場合、
アルミニウム製剤を含む制汗剤治療は難しいとされています。

そのため、顔の多汗症の場合、普段の生活を改善することで、
汗をかきにくくするという対処法がおすすめです。
そのなかでも、特に食事を見直すと、かなりの効果が見られるようです。

たとえば、汗をかきやすくする刺激の強い食べ物や香辛料を
たくさん使った料理を避けるというのも、効果が期待できます。
また、汗腺を刺激しやすい脂肪分の多い食事や肉類を控えるのも、
効果としては期待できます。

●頭皮の多汗症の場合 頭に大量の汗をかくため、その汗が顔にまで流れ落ちることもよくあります。
また、汗をかくことによって頭皮が蒸れた状態になるため、
雑菌が繁殖しやすく、臭いを発しやすいというのも特徴にあります。

■治療法や対策は?
頭部の多汗症には、自律神経のバランスを整えると
症状の改善に効果が見られるといわれています。
そのため、「汗が気になったときほどゆっくりと深い呼吸を行う」と、
効果が見られると言われています。

また、精神的なストレスも自律神経のバランスを乱す原因にあると言われています。
ですから、ストレスをためないよう、心と体を
定期的に休ませるということも大切になります。

また、頭皮を清潔に保つということも大切です。
これは、汗をかくことによって頭部に皮脂がたまり、
臭いが発生するのを防ぐことができます。

さらに、食生活の乱れを正すということも効果があります。
特に、脂肪分が多い食事や肉類を控えると、汗をかきにくくする効果も期待できます。
ですから、食事はできるだけ和食中心にするのがおすすめです。


まとめ

顔や頭に現れる大量の汗は、やはり見た目の印象が
気になるという人が圧倒的に多いものです。

ですが、そういった見た目の印象を気にすること事態が、
心に大きなストレスを与え、さらに大量の汗をかく原因となってしまいます。

まずは、生活習慣を見直し、汗をかきやすくする体質を改善し、
気長に症状の回復を目指すということが大切です。


スポンサーリンク

コメントを残す

*