手の多汗症は何が原因なの?治療や改善方法はあるの!?

手,多汗症,原因,治療,改善方法 暑さを感じるわけでもないのに、
手だけに大量の汗をかくという場合、
顔や頭に現れる多汗症と違い
目立ちにくいものです。

ですが、見た目でわかりにくいだけで、
「握手するのが苦手」「好きな人と手をつなげない」
「物を落としやすい」などさまざまなことで
悩みを抱えているという人も多いものです。

そこで今回は、手に現れる多汗症に注目し、
その原因や治療、改善方法などについて解説していきましょう。



スポンサーリンク

多汗症には種類があり、それぞれに原因があった!

多汗症といっても、大きく分けると2種類あります。
体全体にくまなく大量の汗をかくという場合は「全身多汗症」と言われていますが
手のみなど、体の一部分だけが大量に汗を書くという場合は、
「局所多汗症」と言われています。

全身多汗症の場合、さまざまなことが原因として挙げられていますが、
明確な原因が究明されていないというのが現状です。

これに対し、局所多汗症の場合、交感神経が過剰に反応することによって
症状が起きると考えられています。


手の多汗症にはどんな治療法が改善に効果があるの?

手の多汗症の治療には、さまざまな方法があります。

●塩化アルミニウムによる制汗剤治療
20~50%濃度の塩化アルミニウム水溶液を、就寝前に塗り、手袋をはめて寝ます。
さらに高い効果を期待するのであれば、手袋の上からゴム手袋を装着します。
これは、密閉することによって、高い効果が期待できると言われています。

■注意点
塩化アルミニウムによる制汗剤治療には、次のようなリスクがあると言われています。

・比較的軽症な場合に効果が期待できます。
・長期間治療を続けると、皮膚がぼろぼろになる可能性があります。
 この場合、かぶれやかゆみを発症する場合もあります。
・継続的に治療を行う必要があります。
・費用としては3ヶ月で1万円程度かかります。
・塩化アルミニウム水溶液は、医師の処方箋が必要ですから、
 皮膚科の受信が必要になります。


●水道水イオンフォレーシス療法
アメリカでは比較的一般的に用いられる治療法ですが、
日本では使用する専用機器があまり普及していないのが現実です。

ただし、専用機器に入れられた水に20分ほど手を浸し弱い電流を流すだけなので、
治療としても非常に簡単です。
また、保険適用内で治療を受けることができます。

■注意点
水道水イオンフォレーシス療法には、次のようなリスクや注意点があります。

・週二回の通院が必要です。また、少なくとも数ヶ月は継続して治療が必要です。
 そのため、治療を続けるだけの時間が確保できるかどうかが問題になります。
・電流を流すため、痛みを感じる場合もあります。
・電流を流すため、やけどのような症状が現れる場合もあります。
・一回の治療で、2千円程度の費用がかかります。


●神経ブロック
もともとは痛みを和らげるための治療なのですが、
多汗症の治療としても効果があるといわれています。

ただし、現在のところ、その効果なども含め研究段階の治療でもあります。
治療の効果は高く、1回の治療で約3ヶ月持続すると言われています。

■注意点
神経ブロックには、次のようなリスクや注意点があります。

・多汗症としての治療は、現時点ではまだ研究段階に過ぎません。
・効果は高いと言われていますが、一般的な多汗症の治療ではありません。


●精神療法・心理療法
薬物療法ではありませんので、劇的な効果を期待することはできませんが、
ほかの対処法の補助的効果として期待されています。

手の多汗症の原因である自律神経の働きをコントロールし、症状改善を図ります。
この場合、一般的には「訓練療法」が行われます。

■注意点
精神療法・心理療法には、次のような注意点があります。

・効果が出ない人もいます。
・カウンセリング料がかかります。
 治療を行うクリニックによっても異なりますが、一回のカウンセリングに対し、
 5千~1万円程度の費用がかかります。
・科学的な根拠がある治療法ではありません。


スポンサーリンク


食べ物で多汗症対策はできる?

多汗症の対策には、食生活を見直すということも効果が期待されています。

●豆類を積極的にとる
豆類には、イソフラボンが多く含まれていると言われています。
このイソフラボンは、女性ホルモンに効果があると言われていますが、
実は、制汗作用もあると言われています。

豆類といえば、和食ではよく使われる、日本の伝統的な食材です。
特に、味噌や納豆、豆腐など、和食の定番メニューには、多くの豆類が含まれます。
ですから、普段の食事を和食に切り替えるということは、
多汗症対策として効果が期待できると言われています。


●肉より魚
動物性脂肪の代表である肉は、体温を上げ、汗をかきやすくすると言われています。
しかも、汗と一緒に皮脂腺から分泌される皮脂は、動物性脂肪を多く取っていると、
過剰に分泌されると言われています。
これが、体臭の元になると言われています。

汗をかきやすい人は体臭がきついともいわれますが、
もしも汗だけでなくにおいも気になるのであれば、
肉食中心の生活が原因かもしれません。


まとめ

手汗がひどいと、好きな人と手をつなぐのが億劫になったり、
汗で手がべたべたして気持ち悪いなどの不快感に多くの人が悩んでいるようですが、
ほかの場所で見られる局所多汗症と比べて、治療や対策法の
選択肢が多いという点に特徴にあります。

まずは、何が原因なのかしっかりと考えてみてください。

もしも、ストレスなどが原因で自律神経が乱れているのであれば、
ストレスを解消するように心がけることで、
症状が気にならなくなるということもあります。

見た目でわかりずらい症状の悩みではありますが、一人で抱え込まず、
専門医に相談するということも大切ですよ!


スポンサーリンク

コメントを残す

*