男性ホルモンは女性にも必要?メリットとデメリットは?

男性ホルモン,女性,必要,メリット,デメリット 男性ホルモンは、男性を男らしくするための
役割があります。

でも、女性であっても、男性ホルモンは分泌されています。

女性の場合、多くの人が「男性らしさ」よりも
「女性らしさ」を望む傾向があるのですから、


「男性らしさの象徴を促進する男性ホルモンなんていらない!」
という人も多いはずです。

そうはいっても、男性ホルモンは女性にも分泌されます。

では、どうして女性にも、男性ホルモンは必要なのでしょうか?
今回は、分泌されることによるメリットとデメリットに注目してみたいと思います。


スポンサーリンク

男性ホルモンは女性にも必要?

男性ホルモンは、女性にも存在すると言われています。

もっと正確に説明するならば、男性ホルモンと女性ホルモンは、
性別によって存在するのではなく、男性であっても女性であっても、
この2つのホルモンは存在すると言われています。

とはいっても、その分泌量には男女によって違いがあると考えられています。


●男性ホルモンはどこで分泌される?
男性の場合、男性ホルモンは睾丸で作られます。
ですが、女性には睾丸がありません。

女性の場合、男性ホルモンは、卵巣または副腎で作られているとされています。


●女性の場合の男性ホルモンの分泌量
女性の場合、男性ホルモンの量は、非常に微量です。
通常は、女性ホルモンの働きによって、分泌量は抑制されています。

ところが、何らかの働きによって女性ホルモンの分泌が乱れてしまうと、
男性ホルモンを抑制する働きが弱くなります。

そのため、女性ホルモンの分泌量が減る更年期には、
男性ホルモンが多く分泌されるようになります。


男性ホルモンの女性に対するメリットは?

男性ホルモンは、簡単に説明すると、“男性らしさ”を作るホルモンです。
ですが、女性にとっても、男性ホルモンが分泌されることによってメリットがあります。

●男性的な思考
人間の思考は、男女によって特徴があるといわれています。
この特徴の違いには、男性ホルモン・女性ホルモンの影響に左右されるといわれています。
そのため、男性ホルモンが強い女性は、男性的な思考が得意な傾向があります。

■男性的な思考の特徴
男性的な思考は、会話に注目してその特徴を捉えてみると分かりやすくなります。

女性の場合、「感情的に会話をする」傾向があります。
これに対して、男性の場合は、「理論立てて、必要事項を簡潔に話す」傾向があります。

この会話の違いは、脳の使い方に関係しているといわれています。

女性の場合、会話する場合は、「脳全体を使って話をする」と言われています。
ですが男性の場合は、「左脳だけを使って話をする」特徴があるとされています。

これをわかりやすく説明すると、
「会話に必要な部分(言語中枢)のみを使って会話を成立させる」男性に対し、
女性は、「必要な情報に感情なども織り交ぜながら会話を成立させる」
ということになります。

一般的に、「男性が女性とケンカしても口では勝てない」というのも、
こうした思考の特徴の違いが関係しているのかもしれません。


●性機能障害に対するメリット
女性の性機能障害には、「性欲障害」「興奮障害」「オルガズム障害」
「交疼痛障害」の4つに分類されています。

このなかで最も多くの人が悩んでいるのが、「性欲障害」といわれています。

こうした治療に対して、テストステロン療法(男性ホルモンの投与)を行うことによって、
性欲障害の治療にあたることがあります。


●更年期や閉経後のQOLとしての男性ホルモン
日本人女性の場合、更年期や閉経後の交疼痛障害に悩む人が多い傾向があります。

積極的な治療というわけではありませんが、こうした問題に悩む女性の
QOLの向上を図るための治療として、エストロゲンとテストステロンの
併用療法を行うことがあります。


スポンサーリンク


男性ホルモンの女性に対するデメリット

男性ホルモンが多い女性には、“男性らしさ”が強くなる傾向があります。
そのため、男性ホルモンが女性ホルモンと比べて強い場合は、
次のような特徴が現れます。

●見た目のデメリット
男性ホルモンが強くなると、男性らしさを象徴するような
身体的な特徴が現れる傾向にあります。
そのため、次のような見た目の特徴が現れます。

・顎にニキビが出来やすくなる
・体毛が濃くなる(または、太くなる)
・くせ毛が強くなる
・抜け毛が増える
・声が低くなる


●性格に関するデメリット
男性ホルモンが多い女性は、性格にも次のような特徴が現れる傾向があります。

・攻撃的になる
・イライラする
・性欲が強くなる
・ストレスがたまる
・恋愛に対して肉食系


まとめ

男性ホルモンは、女性にとっても必要なホルモンです。

体の骨や筋肉を作るには、男性ホルモンの働きが必要ですし、
パートナーとの関係を深めたいと思う段階で生まれてくる性欲にも関係してきます。

基本的に女性の男性ホルモンは、女性ホルモンの分泌の乱れによって
強くなる傾向があります。

女性の場合、必要以上の男性ホルモンをつくらないためにも、
女性ホルモンのバランスを乱さない生活を、日々心がけるということが
大切になりますね。


スポンサーリンク

コメントを残す

*