冷え性の方必見!湯たんぽの効果的な使い方やおすすめの理由は!?

冷え性,冷え性 湯たんぽ,冷え性 湯たんぽ 効果的,冷え性 湯たんぽ 使い方 昔から冷え性対策の便利アイテムとして、一般家庭で使われてきた湯たんぽ。

レトロなアイテムなので、その効果がいまいち期待できないと思うかもしれませんが、そんな人にこそ、湯たんぽの驚くべき効果を知ってほしいのです。

そこで今回のテーマは、「冷え性の方必見!湯たんぽの効果的な使い方」です。


スポンサーリンク

湯たんぽが冷え性の方におすすめの理由

湯たんぽは、家電製品と違って、お湯で体を温めるとってもエコな暖房器具です。

●冷えが気になる部分だけ温められる 家電の暖房器具だと、温めたい部分だけでなく、体全体が温められてしまうということがありませんか?

これだと、冷えが気になる部分ではなく、必要のない部分が温まってしまったり、肌の乾燥がひどくなってしまうことなどがあります。

その点、湯たんぽは、気になる部分を集中して温めることが出来ます。

これは、レトロな暖房器具だからこそ発揮できる効果と言えるでしょう。

●安全に冷えた布団を温められる 湯たんぽは、電気を使っていません。

そのため、湯たんぽの上から燃えやすい布団をかぶせたとしても、火事が起こる危険性はありません。

●つらい生理痛の解消にも効果が期待できる 生理期間中は、痛みだけでなく、身体の冷えも気になりますよね?

でも、エアコンを使うと、空気が乾燥して肌トラブルの原因となってしまうことも…。

そんな時に、ピンポイントで体を温めることが出来る湯たんぽを使うと、生理によっておこる血行不良を解消する効果が期待できるだけでなく、生理痛の軽減にも効果が期待できます。

●エコ暖房器具だから経済的 湯たんぽは、お湯を中に入れて温めるとってもエコな暖房器具です。

そのため、電気を使った暖房器具と比べて経済的なのは魅力的です。

スポンサーリンク

冷え性に効果的な湯たんぽの使い方

冷え性対策としておすすめしたい、効果的な湯たんぽの使い方には、次のようなものがあります。

●快眠効果を上げるための湯たんぽの使い方 冬の快眠を左右するのが、布団の中の温度。

いくらお風呂に入って体が温まったとしても、布団の中が冷たくなっているのでは、すぐに体は冷えてしまいます。

こんな時は、湯たんぽを使って布団を温めるのが冷え性対策には効果的です。

■湯たんぽで布団を温める方法 湯たんぽを使って布団を温める時は、布団の中に入れるタイミングにポイントがあります。

じんわりと温めていくのが特徴にあるので、布団に入る15~30分前を目安にセットするのがおすすめ。

セットする場所も、最も冷えが気になる足元部分に置くとさらに効果的です。

足元には血管が集中している部分があります。

この部分が温められると、体全体の血流が良くなりますので、結果的に体を温めることが出来るのです。


●ピンポイントに温めたい時の湯たんぽの使い方 生理痛や血行不良の解消のために湯たんぽを使う時は、素材を吟味してみるのが効果的な使い方のポイントです。

■湯たんぽには素材の種類によって効果が違う 湯たんぽの種類には、金属製・陶器製・プラスチック製・ゴム製があります。

それぞれの素材には特徴があるのですが、ピンポイントで温めたい時におすすめなのは、陶器製湯たんぽとゴム製湯たんぽです。


★陶器製湯たんぽのおすすめポイント 陶器製湯たんぽは、中に入れるお湯の温度が70℃でも、十分に温められるという点があります。

しかもその温かさは、人肌に近いため、低温やけどの可能性も低くなります。

さらに、陶器の特性から、湯たんぽの中の水分が、熱の発散によって外気に放出されますから、湯たんぽそのものが保湿効果を高めてくれます。



★プラスチック製のおすすめポイント 湯たんぽ初挑戦の場合、いきなり高価な湯たんぽを購入するよりは、比較的手ごろな価格で購入出来、使い勝手が手軽なプラスチック製湯たんぽを選ぶのがおすすめ。




★ゴム製湯たんぽのおすすめポイント ゴムが素材ですから、気になる部分に直接湯たんぽの表面を当てることが出来るのが、おすすめポイントです。

ゴムは、金属と比べると熱伝導率も低いですから、長時間使用していても、比較的低温やけどになりにくい点もメリットにあります。


まとめ

湯たんぽは、レトロな暖房グッツですが、省エネですしピンポイントに自分の温めたい部分にアプローチ出来るのが大きな魅力ですね。

まずは湯たんぽを体験してみて効果が実感できてから、いろんな種類の湯たんぽをチェックしてみると、より自分にあった湯たんぽを見つけることが出来るはずですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

*