寝起きの口臭がひどい原因は!?対策や予防法はある?

寝起き,口臭,ひどい,原因,対策,予防法 子供のうちはあまり気になりませんでしたが、
大人になって、人との関係性を作っていく中で
口の臭いがあるかどうかも重要な要素です。

初めて会う人の印象は、会った瞬間は、
ファッションや髪型、全体的な清潔感で決まります。

実際に話すと、声のトーンや話す姿勢
等が印象に残ります。

これら全部が相手に魅力的に写ったとしても、
ただ一つ、口臭がひどいだけで、
印象が最悪になるケースも少なくないと思います。

恋愛においては、一発でアウトでしょう。
口臭が一番ひどいのは朝だと言われているので、
一番強い朝の口臭の原因、対策、
予防を勉強し、知識を深めていきましょう。




どうして朝の寝起きは口臭がひどいの?

最近は、生活が多様化してきているので、朝に起きない人もいると思います。
ここで言う朝というのは、起床後という意味です。

みなさんが、起床後以外で人の息が臭いと感じるときは、
おおよそ、学生や会社員は昼休み前だったり、調べてみると分かりますが運動後も、
意外と口臭が酷いと言われています。

これらの共通点は何でしょうか。
それは、口の内が渇いていることです。

唾液は、分泌されたては弱アルカリ性で、臭いはないのですが、
分泌されてからしばらく経過し、渇くと、弱酸性となり、臭いを発します。

起床後については、唾液が分泌される晩御飯からかなり時間が経っていますので、
悪い口内環境で口臭がするということです。

よく、口呼吸する人は息が臭くなると言われるのも口の渇きがあるからで、
口呼吸して、朝起きると大変なことになりますので注意しましょう。


朝起きたあと口が臭い!でも人に会うし何とかしたい!

いつもは何気なく起きて、ご飯食べて会社へ行く。
でもなんだか今日は口臭が気になる。昨日の飲み会のせいか?

そんな、朝の口臭をどうにかしたいときは、ご飯を食べることと、
歯を磨くというシンプルなことで解決できます。

先ほど挙げたとおり、口臭の原因は分泌からしばらく経って
渇いた唾液だということはお分かり頂けたと思います。

ご飯を食べると、弱アルカリ性の臭いのない唾液が分泌され、
口の臭いをなくしてくれます。
食後は、しっかりと歯磨きすることで、臭いの素になる食べかすを排除できるので、
口内環境は良くなり、臭いの改善に期待ができます。


スポンサーリンク


できるならば何が何でも口臭を予防したい!

最近、朝の口臭が気になってきた。
でも、今度デートがあるので、口臭が気になって夜も眠れない。
朝の口臭の原因と、朝出来る対策は紹介しました。
では、日常的な予防法について紹介します。

口臭の予防は基本的な生活を見直すことでできます。
口の渇きを誘発するアルコールを摂らないことや、
焼肉やラーメンに入れる人も多い、
にんにくもにおいがきついので控えます。

ご飯を食べた後は歯磨きをして、食べかすを排除し、
臭いの素になる歯周病や悪質なガスの対策をします。
それから、口の渇きの対策として、水分を日常的に取りましょう。


まとめ

こまめに歯磨きをして、こちの中が乾燥しないように水分を取り、
しっかり睡眠をとって健康的な生活をしていれば
口臭の改善にも期待ができますね。

朝は口臭が一番ひどいと言われているので、朝の口臭の原因と、
朝できる対策、日常的な対策をご紹介しました。

口臭が気になると、会話も楽しめなくなってしまうので
日頃からケアを心掛けましょうね。



スポンサーリンク

コメントを残す

*