妊婦さん要注意!大人もかかるりんご病の症状や潜伏期間は!?

りんご病,妊婦,大人,症状,潜伏期間 りんご病というと、
子どもがかかりやすい病気のようですが、
実は大人のりんご病も意外と多いのです。

知っているようであまり知られていない、
大人のりんご病。

その症状や注意点などをまとめてみました。









スポンサーリンク

子供のりんご病と大人のりんご病は症状や潜伏期間に違いがあるの?

昔から「りんご病は子どもの病気」といわれているため、
大人がりんご病にかかるというイメージはあまりありません。

ですが、りんご病の正式名称は「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」。

両頬がりんごのように真っ赤になるため「りんご病」とも呼ばれていますが、
ヒト・パルボウィルスB19の感染が原因とされている、
れっきとしたウイルス感染症なのです。

しかも、他のウイルス感染と違い、りんご病は、大人になってから感染した方が、
症状が重症化しやすい傾向にあります。

大人のりんご病の場合は、両頬の赤みはあまり目立ちませんが、
頬全体がほてった感じになります。

さらに、手や腕、太ももなどに赤い斑点とともに痒みが現れ、
むくみや発熱、倦怠感なども起こります。

潜伏期間は、子どもも大人も同じで、10~20日以内といわれています。

感染力が最も高いのは、「発疹が出た後」ではなく「出る1週間前」ですから、
発疹が出たとしても、その段階なら通常の生活を送ることが出来ます。


りんご病の症状である「かゆみ」ってどんな感じなの?

子供のりんご病の主な症状といえば、「両頬に現れる紅斑症状」と
「風邪によく似た症状」の2つがあります。

紅斑も、頬に現れるのはよく知られていますが、
場合によってはお腹やおしりにも表れることがあります。

風邪に似た症状といっても、咳やくしゃみ、鼻づまりなどが主な症状になります。

発熱があったとしても、高熱にはなりにくく、微熱程度が多いです。

これに対し、大人のりんご病は、両頬の紅斑症状はほとんどありません。
その代り、全身に赤い斑点が現れ、痒みが出てきます。

さらに大人のりんご病の特徴は、関節炎を発症するケースが多くみられます。

この関節炎から指のしびれが起きることもありますし、
全身に浮腫みが現れることもあります。


スポンサーリンク



りんご病の可能性がある症状とかかった時の注意点

ここまで説明してきた通り、りんご病は年齢問わずかかる病気ですが、
子どもと大人では症状に違いがあります。

紅斑症状のように見た目だけで感染が確認できるものもありますが、
大人のりんご病の場合、肌の斑点やかゆみはあっても風邪に似た症状がある為、
血液検査によって診断されることもあります。

ただし、りんご病は、妊娠中の女性は十分注意しなければならない病気です。

妊娠中にりんご病を発症すると、胎児に悪影響が現れる可能性が高まります。

出産しても胎児に重度の貧血症状が出たり、胎児水腫の可能性、
さらには早期流産の危険もあります。

ですから、りんご病の症状が現れたら、妊婦に接触する可能性が高い
保育園などの場所への外出は、出来るだけ避けましょう。

また、潜伏期間が比較的長いのがりんご病の特徴でもありますから、
妊娠が分かったら、感染を防ぐためにマスク着用を心がけるようにしましょう。


まとめ

子供の病気というイメージが強いりんご病ですが、
実は大人のりんご病の方が深刻になりやすいのが特徴です。

しかも、せっかく完治目前というところまで来ても、
症状がぶり返してしまうということもあります。

発症しても2週間程度で完治が見込める病気ですが、
妊婦や胎児には非常に怖い病気でもありますから、
早めに受診をするように心がけましょうね。


スポンサーリンク

コメントを残す

*