眼精疲労の症状をチェックする方法は?解消法はある?

眼精疲労,症状,チェック,解消法 目の疲れを感じると、目以外にも頭痛や吐き気、
肩こりなど様々な症状が現れてきませんか?

これらは、眼精疲労が要因となって
引き起こされる症状であると考えられます。

そこで今回は、眼精疲労の症状を段階別にチェックする方法や、
眼精疲労が気になった時に効果がある
おすすめの解消法について解説していきます。



スポンサーリンク

眼精疲労はほっておくと大変なことになる!

眼精疲労とは、物を見る時に感じる目の疲れや痛みによって
「視界がかすむ」「頭痛」「吐き気」などの症状が起きることを言います。
眼精疲労と間違えやすいのが「眼疲労」なのですが、
眼疲労と眼精疲労を比較すると、「眼精疲労」の方が重篤な状態といわれます。

●眼精疲労は「眼の症状」と「体の症状」に分かれる
眼精疲労が原因で起こるその他の症状には、
大きく分けると「眼の症状」と「体の症状」の2つがあります。

■眼に起こる主な症状
・目のかすみや疲労
・新聞の字がぼやける
・目がかゆい
・目が充血する
・目が重い
・目がしょぼしょぼする
・何もしてなくても涙が出る
・いつもより眩しく感じる

■体に起こる主な症状
・肩こりがひどくなる
・倦怠感
・頭痛やめまい
・吐き気

●眼精疲労の原因
眼精疲労の原因は、一般的に目の疲れやストレス、体の疲労が挙げられますが、
他にも次のようなことが原因で眼精疲労が起きる場合があります。

■眼精疲労以外の目の病気が原因の場合
眼精疲労を起こす目の病気には、次のようなものが考えられます。
・近視、乱視、老眼の矯正不良
・ドライアイ
・斜視・斜位
・白内障や緑内障
・目の手術を受けた時の予後の影響
・眼瞼下垂

■体の病気が原因の場合
眼精疲労は、体の病気が原因で起こることがあります。
体の病気が原因である時、次のような病気が考えられます。
・風邪
・インフルエンザ
・更年期障害
・自律神経失調症
・虫歯
・耳や鼻が関係する病気

■眼精疲労は一つのことが原因では起こりにくい
ここまで紹介してきたように、眼精疲労が起きる原因には、様々なものがあります。
ですが、多くの眼精疲労の患者の場合、いくつかの要因が重なることによって
眼精疲労が起きると考えられます。

●現代人こそ気を付けたいVDT症候群
VDT症候群の「VDT」とは、「Visual Display Terminals」の略です。
これは、パソコンのディスプレイや周辺機器、パソコン環境のことを言います。
ですから、パソコンの画面を見続けることが原因で起きる現代病の一種とも言われています。

■VDT症候群はテレビ画面の見過ぎとは全然違う
目の疲れを起こす行動といえば、「テレビの見過ぎ」も考えられます。
ですが、テレビの見過ぎとパソコン画面の見過ぎでは、
目にかかる筋肉疲労に大きな違いがあります。

特に、パソコンに入力作業を行っている時の目の動きは、非常に負担がかかります。

作業自体は単純に感じるかもしれませんが、
「パソコン画面に映し出された情報を分析する」「必要な情報を選択する」
「選択した情報を文字に変換し入力する」「入力箇所をチェックする」という
作業を同時に行っていることでもあるのです。

これだけの作業を長時間続けていれば、やはり目には相当な負担がかかります。
目の疲労が睡眠をとっても全く取れないという場合は、
VDT症候群を起こして可能性があるいってもよいでしょう。

基本的に目を休めたり、パソコンの作業環境を改善することによって症状は回復しますが、
悪化すると精神病を患ってしまう危険性もあります。

眼精疲労,症状,チェック,解消法

眼精疲労の症状をチェックするポイントや解消法とは?

眼精疲労は、専門医による積極的な治療が必要な場合もありますが、
普段の生活の中に取り入れることで症状の改善に効果がある解消法もあります。
ただし、あくまでも症状をチェックしてから判断するということが必要です。

●眼精疲労の状態をチェックする時のポイント
眼精疲労の状態をチェックする時は、次のことをポイントにしてみましょう。

■眼鏡やコンタクトはあっている?
近視や乱視、老眼などの場合、メガネやコンタクトによって視力を矯正します。
ところが、この矯正があっていない場合、眼精疲労が起きる原因となっている可能性があります。

■パソコンの作業環境は?
パソコンの作業が中心の仕事や、普段の生活でパソコンの画面を見ることが多い場合は、
パソコン周辺の環境が目に悪影響を及ぼしていないか、チェックする必要があります。
チェックする時は、次のようなことに気を付けてみてください。

・画面は、見下ろす位置にあるか?
・適度な明るさの照明があるか?(「眩しすぎる」または「暗すぎる」はNG)
・画面と目は適度な距離を保っているか?(近すぎるのはNG)
・飼料やキーボードの位置も、画面と目の距離と同じ程度であるか?
・姿勢が悪くなる椅子を使用していないか?

■ストレスやからだの疲労は溜まっていない?
眼精疲労は、精神的なストレスや極度の疲労も原因として考えられることがあります。

眼精疲労,症状,チェック,解消法 ■持病はない?
眼精疲労は、体の病気が原因で起きることもあります。
持病がないと思っていても、詳しい検査を受けることにより
病気が発見される場合もあります。
まずは、眼精疲労以外に、身体に不調が現れていないか、
チェックしてみる必要があります。

●眼精疲労に効果のある解消法とは?
眼精疲労に効果がある解消法には、次のようなものがあります。

■目を温める
目の疲労がたまるということは、目の周辺の筋肉が疲労によって
固まっているということでもあります。
ですから、まずは目を温めると症状の改善に効果が見られます。
温かいタオルをまぶたの上に乗せる以外にも、入浴時にシャワーを
数分間まぶたにあてるのも効果があります。
温かい飲み物の湯気を目に当てることも、目の温め効果があります。

■目の周辺筋肉を和らげるセルフトレーニング
①両目を大きく開きます。
②上下左右に、目を大きく動かします。
③次に、右方向に5回、大きく目を動かします。
④同じように、左方向も回します。
⑤最後に目を閉じ、30秒ほど目を休めます。



スポンサーリンク



まとめ

眼精疲労の場合、目を酷使する生活習慣や作業環境が、
症状の発症に深く関係していることが分かっています。

ですが、眼疲労よりも症状としては重症なのが眼精疲労ですから、
放置しておけば、今以上に症状が増える可能性もあります。

まずは、眼精疲労チェックをしてみてください。眼精疲労の場合、
セルフケアによって改善できるものも多いですから、
解消法を参考にしてみてください。

ただし、目以外にも何らかの症状が現れる場合は、
体の病気が原因となっている可能性もありますので、
早めに専門医の診断を受けるようにしてくださいね。




スポンサーリンク

コメントを残す

*