このニキビはホルモンバランスが原因?改善に効果がある治療方法は?

ニキビ,ホルモンバランス,原因,改善,効果,治療法 ホルモンバランスとニキビには、
深い関係があります。

とくに、ニキビの場合、思春期から
20歳ころまでに現れる肌トラブルの一種ですから、
この時期に現れる特有の症状といってよいでしょう。

とはいえ、顔にできるニキビは、見た目も気になりますし、
治療方法を間違えば、跡が残ってしまうこともあります。

まずは、ニキビとホルモンバランスの関係を知り、
ニキビの改善に効果がある治療方法について
知っておきましょう。



スポンサーリンク

ニキビとホルモンバランスの関係

ニキビとホルモンバランスには、深い関係があります。
ニキビトラブルで取り上げられるホルモンバランスというのは、
「女性ホルモン」と「男性ホルモン」のバランスにあります。

この2つのホルモンは、男女関係なくそれぞれ持っているものです。
男性の場合は「男性ホルモン」、女性の場合は「女性ホルモン」の分泌が
もう片方のホルモンと比べて活発に分泌されるだけで、
どちらか片方のホルモンしか分泌しないということはありません。

ただし、男性と女性では、どのホルモンバランスが乱れるかが違ってきます。
男性の場合、正常な状態と比べて過剰に男性ホルモンが分泌されると、
皮脂の分泌も連鎖するため、ニキビができてしまいます。

これに対し女性の場合は、2つの女性ホルモンのバランスが乱れることで、ニキビができます。
ニキビに関係する女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあるのですが、
この2つにはそれぞれ働きが異なります。

エストロゲンは、皮脂分泌を抑える働きがありますが、
プロゲステロンは皮脂分泌を促す働きがあります。
この2つのバランスが乱れる原因はまだ解明されていませんが、
乱れることによってニキビができるといわれています。



スポンサーリンク



ニキビはできた場所によって原因が違っていた!

ニキビといっても、ホルモンバランスの乱れだけが原因でできるわけではありません。
できた場所によって、考えられる原因には次のような違いがあります。

●おでこにできたニキビ
暴飲暴食によって胃腸が弱っていることが原因で起きている可能性があります。
また、前髪を下ろすことによって汚れがおでこに付着し、
炎症を起こすためにニキビができることもあります。

●鼻にできたニキビ
脂っこい食事やジャンクフード、ファーストフードなどをよく食べていると、
毛穴に皮脂汚れがつまり、ニキビができる原因となります。

また、鼻を触る癖がある人も、にきびができやすくなります。
この場合は、手についた汚れが鼻の毛穴について
炎症を起こすことが原因にあると考えられます。

●頬にできたニキビ
頬にできるニキビには、胃腸不良や便秘、肝機能障害、
糖質や脂質の摂り過ぎが原因である可能性があります。

●口の周りやあごにできたニキビ
栄養不足によって胃腸のトラブルを起こしている可能性があります。
また、女性の場合、生理前に男性ホルモンの分泌が増えることによって、
新陳代謝が悪くなりニキビができることもあります。
さらに、寝不足や過度のストレスによってニキビができる場合もあります。

●男性に多いニキビ
男性の場合、頬にできるニキビが圧倒的に多いものです。
この原因は、男性ホルモンが過剰に分泌されたことが原因であると考えられています。
ほかにも、おでこにできるにきびに悩む男性も多いです。
おでこにできるニキビは、シャンプーのすすぎ残しや、
前髪を下ろすことによって前髪についた汚れがおでこに付着し、
炎症を起こしている可能性があります。

ニキビ,ホルモンバランス,原因,改善,効果,治療法

ニキビの改善に効果がある治療法とは?

ニキビができた場所によって、その原因には違いがありますが、
基本的には、ホルモンバランスを乱す生活習慣が原因であるということがいえます。

ですから、お金をかけずに症状を改善するのであれば、
まずは間違った生活習慣を改善するということが最も効果のある治療法といえます。

ホルモンバランスを整え、ニキビのない肌をとりものどしたいのなら、
次のことを試してみてください。

●食生活を見直す
まずは、脂っぽい食べ物やスナック菓子を日常的に食べる習慣はやめましょう。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴には皮脂がたまり、
その上に汚れが付着することで炎症を起こし、ニキビを作ってしまいます。

また、できてしまったニキビを改善したいのであれば、
皮膚の炎症を抑える効果のある「ビタミンB2」「ビタミンB6」を
積極的に摂るようにしましょう。

■ビタミンB2を多く含む食べ物
鶏レバー、うなぎ、わかめ、青海苔など

■ビタミンB6を多く含む食べ物
マグロ、かつお、にんにくなど

●皮膚を清潔に保つ
皮膚に汚れが付着し炎症することによって、ニキビは増えていきます。
ですから、洗顔はもちろんですが、次のようなことも注意すると改善に効果があります。

●前髪を下ろさない
特におでこにできたニキビには、効果があります。

●清潔なタオルを使う
せっかく洗顔で汚れを落としても、
使用済みのタオルで拭いてしまったのでは意味がありません。
きちんと洗濯された清潔なタオルを使って、洗顔後はふき取るようにしましょう。

●寝具を清潔にする
枕やシーツなども、肌に直接触れるものです。
そのため、普段から寝具の汚れにも注意し、こまめに取り替えるなどの対策をしましょう。

●シャンプーやリンスの後はしっかりとすすぎ洗いする
シャンプーやリンスがきちんと洗い落とされていないと、
皮膚にそれらが付着したまま担ってしまいます。
シャンプーやリンスが付着しやすい部分に関しては、
髪の汚れ同様しっかりと泡や液体が洗い落とされるようにしましょう。


まとめ

ニキビとホルモンバランスには、深い関係があるということがわかっています。
特に、思春期から20歳までの期間は、体や心の成長が著しい時期でもあり、
身体的な変化だけでなく、生活や環境の変化によって
精神的に大きなストレスを感じる時期でもあります。

そのため、十分に注意していても、ほかの年代と比べて
肌トラブルを起こしやすい時期でもあります。

このような環境や心の変化が大きい時期の場合、ホルモンバランスが乱れやすい傾向にあります。
ですから、ニキビができたら、体と心から「少し休んで!」というサインが
送られたと思ってください。
まずは原因を見つけて、しっかりとケアすることが大切ですよ。



スポンサーリンク

コメントを残す

*