夏バテの原因は?飲み物はどんな物を飲めば予防できるの?

夏バテ,原因,飲み物,予防 夏になると不安になるのが夏バテですよね。

夏は暑く、睡眠も十分にとれないことが多いです。

食欲も落ちてきて、夏バテをしてしまうことも
しばしばあります。

そんな夏バテの原因は何なのでしょうか?
夏バテをしてしまったときは
何を飲めばいいのでしょうか?
そもそも夏バテを予防する方法は?

ここではそれらの疑問にお答えします!



スポンサーリンク

夏バテの原因は?

そもそも夏バテの原因はどのようなものなのでしょうか?
夏バテには大きく3つの原因があります。

まず、夏の暑さから汗を大量にかいてしまい、
体内の水分とミネラルが不足してしまうことから夏バテが起こります。

また、食欲が減退し、その結果栄養不足になってしまい、
それが原因で夏バテをしてしまうことも考えられます。

最後に、冷房により外の気温との温度差が激しくなると、
自律神経が乱れやすくなって夏バテを起こしてしまうこともあります。

冷房による室内の気温と外の気温の温度差は5度以内が望ましいとされています。

夏バテになったら飲み物は何を飲めばいい?

では、夏バテになってしまったら何を飲めばいいのでしょうか?

まずおすすめしたいのはスポーツドリンクです。

夏バテ,原因,飲み物,予防 スポーツドリンクは塩分が含まれているため、
水だけを飲むことで体内の塩分濃度が低下してしまうことを避けられます。

疲れを取るクエン酸が含まれているスポーツドリンクもあり、
手にも入りやすいので夏にはおすすめです。

また、意外なところでは甘酒もおすすめです。

夏バテ,原因,飲み物,予防 甘酒は「飲む点滴」ともいわれるほど栄養素が豊富に含まれている飲み物なのです。
お正月に飲むようなイメージがありますが、夏に飲んでも身体を助けてくれる飲み物です。

しかし、アルコールが多少入っているので、お酒が飲めないという人は注意をしてください。
スポーツドリンクも甘酒も、体に良いと言っても飲みすぎは良くないので気をつけましょうね。


スポンサーリンク



夏バテを予防するには?

そもそも夏バテにならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

夏バテを予防するのに最も大事な方法は、「よく食べ、眠り、水分補給」です。

胃が疲れていて食欲があまりわかないとしても、
きちんと栄養バランスの良い食事をとることとても大切です。

また、暑いとどうしても睡眠の質は落ちてしまいがちですが、
質が確保できないときは時間をきちんと確保しましょう。

水分補給はなるべく早めに、なるべくこまめに取ることが重要です。

以上の生活習慣を心がけるだけで夏バテの大部分は防ぐことができますので、
実践してみてください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、夏バテの原因は何か、夏バテをしてしまったときの飲み物は何を飲めばよいのか、
そもそも夏バテをしないための予防法についてお話ししてきました。

夏はとても暑いので、どうしても生活習慣が乱れたり、
よく眠れなかったりで体力が落ちやすくなります。

しかし、それを放置していると確実に夏バテに近づいていってしまいます。



スポンサーリンク

コメントを残す

*