ホルモンバランスが乱れると起きる症状とは?その原因や症状の改善方法は?

ホルモンバランス 乱れ,ホルモンバランス 乱れ 症状,ホルモンバランス 乱れ 原因, 改善 ホルモンバランスは、女性にとって深い関係があります。

生理に関するトラブルだけでなく、身体的・精神的に不快な症状などを引き起こすこともあり、場合によっては、深刻な状態となる可能性もあります。

今回は、ホルモンバランスが乱れることで起きるさまざまな症状とその原因、改善方法について紹介していきます。



スポンサーリンク

ホルモンバランスが乱れることで起きる症状とは?

ホルモンバランスの乱れが原因で起きる症状には、さまざまなものがあります。

●生理の乱れ 女性にとって生理とは、初潮を迎えてから閉経するまでの間、一定の周期で必ずおきる女性特有の症状です。

しかも、生理は、女性ホルモンに深く関係があるため、ホルモンバランスの乱れにも大きく影響を受けるといわれています。

生理には、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つが深く関係しているとされています。

正常であれば、この2つのホルモンのバランスが取れているのですが、何らかの原因によってこのバランスが乱れると、さまざまな生理トラブルを引き起こす可能性があります。

生理トラブルの症状としては、「頻発月経」「過多月経」「ひどい生理痛」のほか、「子宮内膜症」「子宮筋腫」などがあります。

●不正出血 本来、生理とは、不要となった子宮内膜が剥がれ落ちて体の外に排出される際に起こる出血のことをいいます。

ところが、ホルモンバランスがみだれると、生理による出血以外でも出血を引き起こす場合があります。

これを、不正出血といいます。

不正出血が頻繁に起きる場合は、子宮筋腫や子宮がんなど、重大な病気の可能性も考えられます。

またこのような症状を放置しておくと、不妊の原因になる可能性もありますから、早めに婦人科を受診することをおすすめします。

ホルモンバランス 乱れ,ホルモンバランス 乱れ 症状,ホルモンバランス 乱れ 原因, 改善 ●自律神経失調症 女性ホルモンのバランスと自律神経は、深い関わりがあります。

そのため、ホルモンバランスが乱れることによって、自律神経失調症を引き起こしやすくなります。

自律神経失調症の場合、さまざまな症状が現れるというのが特徴です。

動悸・息切れ・急な発汗・めまい・頭痛などの症状のほか、倦怠感や不眠、イライラといった不快な精神的症状が現れるケースもあります。

●更年期障害 更年期障害は、閉経をはさんだ前後5年に起こるさまざまな症状のことをいいます。

日本人の平均閉経年齢が50歳といわれていますので、40~50代女性に多い病気と考えられています。

更年期障害の場合、自覚症状があるものが中心という点が特徴にあります。

代表的な症状としては、ほてりやのぼせ、冷え、頭痛、めまい、耳鳴りのほかにも、強い不安感、イライラ、不眠など精神障害を訴えるものもあります。

これらの症状を放置すると、鬱病のような精神的な病気へ発展してしまう危険もあります。

スポンサーリンク

ホルモンバランスが乱れる原因は?

ホルモンバランスの乱れには、普段の生活習慣に原因があると考えられるものがあります。

●過度の疲労やストレス 体と心の疲労は、ホルモンバランスの乱れにもっとも影響が強いと考えられています。

社会人の場合、仕事が忙しく強い疲労感を感じている時には、自覚症状がなかったとしても精神的に大きなストレスを感じているというケースがよく見られます。

ホルモンバランス 乱れ,ホルモンバランス 乱れ 症状,ホルモンバランス 乱れ 原因, 改善 ●栄養不足 女性の場合、ダイエットが原因でホルモンの分泌に必要となる栄養素が不足してしまうということもよくあります。

特に「○○だけダイエット」や「食べないダイエット」を続けていると、栄養が極端に偏ってしまう危険があります。

●不規則な生活 正しい睡眠習慣が遅れていないことが原因で、ホルモンバランスが乱れるということも考えられます。

夜更かしを続けていたり、睡眠時間や起床時間が毎日違うなどといった不規則な生活を続けていると、正常なホルモンの分泌に悪影響を及ぼす可能性があります。

ホルモンバランスが原因で起きる症状の改善方法とは?

ホルモンバランスの乱れが原因でさまざまな症状が起きているときは、次のような改善方法を試してみると、症状改善に効果が期待できます。

●ストレス解消 まずは、心と体に負担をかけているストレスを解消してみましょう。

適度な運動や休息も、リフレッシュ効果があります。

また、普段の入浴も、ちょっとした工夫でストレス発散に効果が期待できます。

リラックス効果の高い入浴剤を使用してみたり、半身欲で汗をかくというのも、ストレス解消には効果が期待できますよ。

●ホルモンの分泌を促すツボを押してみよう 体には、さまざまな症状に効果があるツボがあります。

■百会 全身の血行促進とストレス解消、自律神経失調症に効果があるツボです。

両耳を結んだ線に従って頭上で交わった場所が、百会です。

両手の中指で、「気持ちよい」と感じるまでゆっくりと圧をかけます。

これを、15~20回繰り返します。

■壇中 ストレス解消や精神の安定、女性ホルモンの活性化に効果があるツボです。

胸と胸の中央にあります。

■安眠 不眠に効果があるツボです。

耳の後ろから下に向かって指を移動させると、骨が出っ張っている部分があります。

この骨から指1本分下にあるのが、安眠です。

●女性ホルモンによい食べ物を積極的に摂る 女性ホルモンによい食べ物といえば、「ビタミン」があります。

なかでも、積極的に摂るようにすると効果が期待できるのは、「ビタミンB1」と「ビタミンB6」です。

■ビタミンB1を多く含む食べ物 緑黄色野菜に多く含まれているのが、ビタミンB1です。

ほうれん草やピーマン、かぼちゃなどがあります。

ほかにも、豚肉や牛乳、きのこにもビタミンB1は多くづくまれ手います。

■ビタミンB6を多く含む食べ物 ビタミンB6は、マグロやさんま、レバーなどに多く含まれています。

ほかにも、サツマイモやバナナなどもおすすめです。

まとめ

ホルモンバランスの乱れが原因で起きる症状には、個人差もかなり関係してきますので、今回紹介した症状以外でも起きる可能性はあります。

また、症状によっては、ホルモンバランス以外が原因で起きている場合もありますので、気になる症状が現れたときには、放置せずに専門機関を受診するということが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

*